スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@母 2013.02.04 (月)
母が亡くなって、今日で丁度1ヶ月経ちました。
ホントに速いもんです。
あっという間です。
あの夜の出来事は、ほんの昨日の事のようなのに。

1月2日の「昏睡?爆睡?」の翌日3日、
前日と寝たきりの状態は変わらなかったけど、熱は下がってたので、
デイに、例の如くの強制連行で行って貰いました。
デイの方が、まだ少しでも食べてくれるかもと思ったし、
連日便も出てた事もあって、キレイに洗浄してあげたくて。

戻って来た時も、朝と変りなく、そのままベッドに。
連絡帳を見ると、食事は主食副食共に0%でした。
それでも持参したウィダーだけは全量摂取出来たと書いてありました。

夜も、声掛けに「うー」程度の反応はありましたが、食事は無理そうなので、
プリンとスムージーを、寝たまま少し食べました。
時間を置いて、ポカリを吸い飲みで飲ませてみたら、
入れた分だけ飲んでくれたので、ウィダーもいけるかなと手にしたら、
喉がゴロゴロし始めて、ほんの少し嘔吐しました。
誤嚥したら怖いので、ウィダーはやめときました。
その後も、時折、言葉にならない独語と言うか、うわ言はありましたが、
ほぼ、入眠状態と言う感じでした。

前日の熱があった時も心配でしたが、それ以上にこの夜は不安を感じてました。
やっぱり、虫の知らせというのか、何かしら予感があったのかも。
10時頃に、姉に今日は寝るのが怖い云々とメールをして、
1時頃までは、PCしながら見守りしてました。
PCを落としてからも、母の方を向いて横になり、ずっと見てたんですが、
そのうちに、つい、ウトウトしてしまって。

「うー」とも「ふぅー」ともつかない、母の息遣い?に目が覚め、
母を見ると、かけてある布団が激しく上下してました。
すごく呼吸が速いのです。
慌ててiPodで検索して、仰向けの場合は、横に向けて…と書いてあったので、
背中に枕を挟んで、少し横向きの体勢を保てるようにして様子を見てると、
そのうちだんだん呼吸が緩やかになって来ました。
唸ってた声も、スーッと静かな寝息に変わったので、安堵して、
真夜中ですが、兄にも、こんな状態で不安でいるとメールを送信。

送信して携帯を閉じた瞬間くらいのタイミングで、
ふと、もしかして布団が上下してないんじゃ?と思い、
ビックリして母を揺さぶったり、喉に指を当てて脈があるか調べたり。
パニクって、兄と119に電話しました。

119の電話では、到着するまで心臓マッサージ続けるように言われ、
ドラマでは度々目にしていたけど、あれを自分がすることになるなど夢にも思いませんでした。
兄と救急車が同時に到着し、既に心肺停止していると。
そのまま、兄が付き添って救急センターに向かいました。

病院での処置で、一旦は心拍は戻ったそうですが、6時45分臨終となりました。

一度病院で心拍戻ったけれど、自宅での死亡と言う扱いになるらしく、
検死に回され、自宅にも、警察の人が3人も来て、聞き取りがありました。
そんなことまで訊くの?ってな質問もありましたが、
特に不審な点はないと判断(当たり前や~!)されて、聞き取りは終了。

私が神経症のため外出できないため、母が、この先施設に入ることになったり、
入院することになったら、私は会いにも行けなく、何もしてあげられないので、
どんなに介護が大変になっても、最後まで自宅でお世話したいとずっと願っていました。
意思の疎通も出来ない母でしたが、そういうものを越えたところで、
ちゃんと私の気持ちを解ってくれてたんだと思います。
それで、私一人ではあったけど、最期を看取らせてくれたんだと。

前日にやっぱり病院へ連れて行ってればとか、
この日、無理やりデイに行かせなければとか、
呼吸が速いことに気がついた時点で、すぐに救急車呼んでればとか、
あれこれと、「たられば」を思わないことはないですが、
敢えて、これで、よかったんだと思うことにしました。

息を引き取る寸前まで、「お母ちゃん!」って呼ぶ、私の声が聴こえてたならいいなぁ。



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
@母 2013.01.06 (日)
1月4日 午前6時45分

我が愛しのオカンが、永い眠りにつきました。

また改めて詳細報告するつもりでいますが、

こんなブログへ、いつも訪れてくださる方々に、

とりあえずは、逝去のご報告まで。

ありがとうございました。
@母 2013.01.02 (水)
昨日、デイから戻って来てからは、いつものようにベッドに横になったオカン。
熟睡してしまったので、そのままそっとしておきました。
独語が出始めたので、雑炊を食べさせようとしたけど、体を起こせないので、
諦めて、夜だけど、ミニッツメイドの「朝バナナ」をチビチビと食べさせました。
オカンがずっとこういう状態なもんだから、正月な食材は全く買ってません~。
私も大晦日から鼻水出て、背中もゾクゾクして、完璧に風邪モードなため、
あんまり食欲もなく、年越しそばはどん兵衛だったし、
元日の夜は、素うどんならぬ、素雑煮(?)で終わり。

今朝のオカンは、起こそうしても反応なしです。
顔を触ってもうんともすんとも言わないし、手を持ち上げてもだら~ん。
顔も手も熱かったので熱を測ってみたら39℃あってビックリ。
電気布団で寝てるせいかもと思い、測り直したら、38.8℃だったんで、
病院に連れて行ってもらおうと、次兄に電話して来て貰いました。

でも、オカンを見た次兄は、顔色も悪くないし、
今はただ爆睡してる状態だから、このままそっと寝かせておけと。
なので、病院はパスして、そのまま様子見することにしました。
独語やら雄叫びやらが始まったのを機に、吸い飲みでポカリを飲ませてみたり、
前日残りの「朝バナナ」を食べさせてみたりしましたが、
ほんのちょこーっとで、とても満足な量とは程遠いため困り果てます。

以前、通院時に水分不足で脱水気味だから朦朧としてるということで、
点滴をしてきたことがあったので、
こんな状態だと、頻繁に点滴受けた方がいいのかなと思ったり。
これまで家では食べてくれなくても、デイの昼食は100%食べてる事が多かったので、
私としても、デイの昼食が頼みの綱だったんだけど、
それも、クリスマス辺りからは摂取率がガタ落ちしてる状況なんです。

今日は終日、ほぼ覚醒せずの寝たきり状態なので、
夜ご飯は、またまたプリン(汗)
その後は、水分補給も兼ねて果物のスムージー。
どっちも甘くておいしいからか、何とか食べてくれました。
でも、食物は勿論のこと、水分も絶対的に不足してるから、
やっぱり点滴がベストかなぁ。

この10日ほどで、一層、状態が↓↓↓になってしまったオカン。
このままだと、寝たきりは確実ね。
いや、もしかしたら入院なんてこともあるかもしれないし、
それ以上に、お別れ自体も近づいてるのかもしれない・・・。

「安心介護」ってサイトを見つけ、早速登録したんだけど、
2つ3つ、利用者の方の日記を読んで、朝から泣いてしまいました。



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村
@母 2013.01.01 (火)
ウサ餅




何年も使いまわしのウサギ餅(笑)



あけましておめでとうございます。




年内に更新するつもりが、下書きに入れたまま挫折してました
年の始には、毎日のように更新しようと決意を新たにするんですが、
結局は、月イチみたいな有様に終わるのが常(笑)
今年も、きっとそうなる予定です、いや決定です。
そんなこんなで、
今年もよろしくお願いします。



元日ですが、今年もオカンはデイに行きました。
今朝は朝食も無事に食べてくれ、パッド交換も出来ました。
あ、年末29日から、テープ式のオムツになったんです。
デイの職員さんと電話で話してた時に、デイにあるテープ式のを試してみますか?と訊かれ、
そのようにお願いして、拝借し、寝たきり状態での交換にトライしてみることに。
慣れないので、パッド交換だけでも大変だけど、
それでもパンツ型で交換することを思えば、オカンに動いて貰う必要がないため楽ちんかも!
パッドもこれまでオシッコ4回分の夜用パッドから、6回分に変更。
2回分増えたら、さすがにパッドとはいえ、でかっ!
でも、お陰様で、今のところズボンまで濡れることなく済んでます(*^-^)


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村
@母 2012.12.02 (日)
在宅日の今朝も、オカンは起きる気配なかったので、
私も9時過ぎまで布団でぬくぬくしてました( ̄▽ ̄)うへへへぇ~

グッスリ寝てるオカンは放っといて、私だけ先にパン食べながらPCして過ごし、
お昼前、オカンの寝言の声がハッキリしてきたので、
「ご飯食べよか?」って声かけしたら、
「ご飯食べんのん?」と、珍しく辻褄の合う返事が戻って来た(笑)

ガバッと布団をはいで、手を引っ張って座らせ、
ポータブルに移動させようとしたら、足に力が入ってなくて、
歩くというより、靴下で滑ってる感じ。
トイレに座らせる時は、オカンを支えつつ片手でズボンを下ろすのは大変なので、
PC机に手をついて貰って、机で体を支えるようにしてから介助するようにしてますが、
今日は脱力気味なもんで、「ここ持って!」って言っても、
机に手をついてくれなく、足自体も斜めになっちゃってて、
私が手を引っ張ってるからかろうじて立ってる状態。

すごく狭いところで立ってるにもかかわらず、トイレにもベッドにも、
あとちょっと足りない距離で、結局、ズズズッと床に滑り落ちてしまいました。
それからが大変!
足に力入ってないから立てなくて、引っ張ってもただ滑るだけで。
何度もやってるうちに不穏勃発してしまい、抵抗されるわで、
途方に暮れて、隣のおっちゃん呼んでこようかと思ったりも。

でも、世の中には一人で介護してはる人がたくさんいてるんやから、
自力で何とかせんと!と思い直し、靴を履かせて足が滑らないようにし、
やんややんやと大騒ぎしながら、何とか立たせることが出来て、
これまたどうにかこうにか、トイレに座らせることも出来て、、
すったもんだで、肌着からの総着替えにも成功しました。

丁度、トイレに座らせた直後に、次兄から電話があって、
電話に出た私は、まるで100m走でもして来たかのようにハァハァ言って、
すぐには言葉も出て来なかったわ(;´Д`)
ホントに介護って重労働だわー。

着替えもして気持ちよくなったオカンは、不穏も落ち着いて、
昨日の残りのスープをリメイクしたチーズリゾットをしっかり食べてくれました。
食後もしばらくは座ったまましゃべってたけど、「寒いわ」と言うので、
横にならせたら、「えっ?」ってくらいの速さで寝入ってしまいました(笑)

6時くらいから独語がまたハッキリしてきたので、お昼同様、布団はいだら、
すんなりと起きてくれたので、今夜はちゃんと夜ご飯も食べられました。
勿論、薬も飲めたし、パッド交換も無事にさせて貰えたし、
明日の朝は、シーツの海は回避できるかな~。



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。