スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@母 2009.01.31 (土)
昨夜は、最後に書いた「意味不明のしゃべりが始まったぜぃ!」のあと、
自然としゃべりはフェードアウトして寝てくれたので助かったけど、
2時頃かなぁ、起きてベッドに座ってたので、
いつもの如く「トイレ行くの?」って聴いたら、無言でトイレの方に歩いて行った。
見てたら、中には入らないで、外でじーっと立ってる。
そのうち嗚咽が・・・・・。

私が傍まで行って、「何で泣いてんの~?」と背中をさすりながら、
こっちの部屋まで誘導したんだけど、無言で泣きながら、
尚且つ、私の言うことには無視。
「お布団に入ろう」って言ったら、「放っといて」って言って、
テーブルの方に行き、椅子に座って、ずっと嗚咽してる。

父は昨夜は下の部屋で寝てたので、起こして文句言われないかと、
内心ビクビクしてたけど、泣きverの母は、怒りverの時と違って、
父の布団を引っ張ったり、イヤな事を言い続けたりってのがなく、
ただ、じっと座ったまま悲しみに耽ってたので、その点はよかった。

母のベッドに座って、「こっちおいで~。ここで一緒に寝よう」とか言って、
一生懸命に機嫌取りに勤めたけど、全く知らん顔される。
こっちは、ちょっと前にウトウトし始めた寝入りばなを起こされたため、
座ったままでも寝れてしまいそうな状態。
その間に、父がトイレに起きたけども、声をかけないように頼んで、
そのまま寝て貰って、私もあまりの眠たさにおコタに横になった。
なったけど、母を置いて眠れるわけはなく、
ただ横になって、母が自分から布団に戻るのを待ってた。
30分くらいして、布団に戻って来た母は、そのままおとなしく横になった。
それを見て、私もやっと寝た。

朝までの間に、母は2、3度起きたけど、そのつど声かけをして、
トイレのみ付き添った。
6時台に完全に起きてしまったけど、こっちは眠たいので、
「眠たいねん~」とか「もうちょっとしたらコーヒー淹れるからねー」とか
半分寝てる状態で母と会話する。
機嫌のよくなってる母は、「眠たいねんやったら、寝とり」などとありがたい言葉を(笑)
でも、「寝とり」なんて言うわりには、ずっとしゃべりかけてくるので、
結局は、目覚ましが鳴る前に起きるハメになり、台所へ行く。

機嫌のいいまま、朝ご飯を食べて、今日もスムーズに出かけて行った。
お迎えの車にもサッサと乗って、にこやかに行ったけど、
連絡帳によると、車の中で急に泣き出したんだそうな。。。
ホントに一寸先は闇、一寸先は不穏・・・だわね。

戻って来た時は普通だったんだけど、寝ている父を気にしてる様子。
そのうちに、私が台所に立ったので、母もテーブルの方に座る。
上にあった菓子パンとかおかきなどをつまんでたけど、
ちょっと怪しくなってきたかも・・・?と思い、台所から常に声かけをしてたら、
そこに、次兄がやって来た。
おおお、グッドタイミング~~!
表情もパッと明るくなって、にこやかに意味不明しゃべり!
お土産の赤福餅を喜んで食べた。
例の事件以来食べてなかったけど、赤福はやっぱり旨い。

次兄が帰った後、「今の誰やったか知ってるよね?」って訊くと、
笑顔のままで、「??????」
「○君やん~~!」って言っても、ヘラヘラ~と笑いつつ「???」
おいおい、知らん人と和やかにしゃべってたのか~(笑)
次兄が来てくれたお陰で、夜ご飯もつつがなく終わってよかったわ。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
スポンサーサイト
@自分 2009.01.31 (土)
ここ2、3日、何かしんどい、何かだるい。
やっぱり風邪ひいた模様。
前回ひいた時も、軽くて済んだから、今度もそうあって欲しい。

パブロン飲んで、早く治って♪

って事で、昨日はパブロン飲んで寝たお陰か、
今日は喉の痛みはなくなったけど、時折、鼻が詰まる~。。
年寄りに移したらヤバいから、早く治さないとなー。

「고양이를 좋아해요」
の方には、時々登場するYouTube。
こっちでも貼ってみた♪
私の癒しアイテムの、1TYMのDANNY君。
アメリカ生まれなので、DANNYって名前だけど、韓国名は임태빈(Im TaeBin)
へへへ、ここのハンドルネームは、彼の名前そのものなのさ~。
たりらりらぁ~~~ん ← かなり、イタい
えぇ、えぇ、息子みたいな若造にイカレてますが、何か?(笑)



@母 2009.01.30 (金)
昨日は在宅日だったけど、終日、まぁまぁご機嫌を保ってくれた。
たまに“来そう・・・”な雰囲気になる事はあったけど、なんとかね(笑)
結構、朝昼晩と、あれやこれや食べてたし。
夜ご飯も、最初のうちは、自分で食べてたもんね。
私がご飯に加わってからは、機嫌よく意味不明なしゃべりを展開し、
お口がお留守になるので、結局、ツバメのお母さんする事になったけども。

布団に横になってからも、なかなか寝付けずに時折座ったりするので、
適当に話し相手をしてるうちに、眠ってくれたため、
GYAOで「魔王」を1話だけ観て寝た。

2時頃だったか、母が起きた気配で私も目が覚めたので、
「トイレ行くの?」と訊くと、無視されたので、「あ、ヤバそう・・・・・(汗)」
トイレから戻って来た母は、思ったとおり、いきなりの怒りver不穏!
おーまいがっ!
いろんな物が気に入らなく、触りまくっては文句言いつつ行ったり来たりし、
かれこれ1時間近くして、やっと布団に戻った。
明け方にもう一度トイレに起きた時には、付き添ったけど、天使に戻ってた。

今日も、寝起き良好、朝食もちゃんと食べてくれ、着替えもスムーズ。
機嫌よく出かけて、そして機嫌よく戻って来た。
夜ご飯の支度中に、父がまたいらん事を言い始めるので、注意した。
放っておいたら、またお互いにヒートアップして行くに違いないもんね。
おかげで大事に至らず、ご飯もちゃんと食べることが出来た。

8時過ぎてから、布団に横になったけど、眠れないのか、
時折、座ったりして、昨日と同じように声かけをしてるところ。
まだ、寝息が聴こえて来ないなぁ。
・・・・・って書いた途端に、何かまた意味不明なしゃべりが始まったぜぃ!

어머님~ 안녕히 주무십시오~~~!

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.01.28 (水)
今朝の母はご機嫌モードで、スムーズに準備してデイケアに出かけてくれた。
私は起き抜けからノドが痛くて、「また風邪ひいちゃったか?」
ゴミ出しと洗濯だけして、おコタでネットし、
しばらくしたら、そのまま後ろにポテンと倒れ寝ちゃった模様。

いつものように、ウダウダ~、ダラダラ~な時間を過ごし、
夕方、お迎えに出るまでに、トイレに行っとこう・・・とトイレに入ってたら、
その間に、母が戻って来てしまった。
今日送ってきてくれた介護士さんは、そのまま母の手を引いて歩いて連れてくる。
別の年配の人と、若いお兄ちゃんは、私のお迎えより早く着くと、
先に家まで車椅子を取りに来て、それから母を連れて来てくれるのに。
その介護士さん曰く、「センターじゃもっと歩き回ってるから、これくらいは平気」
って事らしいけど。

そうして戻って来た母は、戻って来た時点で既に怪しい雰囲気。
ベッドに腰掛けさせて、「ミカン食べる?」って訊いても、「いらん」と。
機嫌取りに話しかけても、目が笑ってない。
あー、ヤバいなぁ・・・と戦々恐々してたけど、
そのうち、横になったので、私は台所へ晩ご飯の支度に。

しかし、支度に取り掛かった途端に、起き出して来た母。
テーブルについて、何やらテレビに向かって怒り出す。
父が何か言うと、例の如くやいのやいのと言い合いになる。
だから、父はテレビを消して不貞寝してしまった。

テレビも消えたので、母は台所の私に向かって何か言うんだけど、
いかんせん意味不明なため、「今、粕汁作ってるからね」
「すぐ出来るからね」などと、勝手な返事を返して、
急いで材料を切って、鍋に放り込む。
放り込んだら、しばらく鍋は放っとけるので、母の傍に座って話し相手をする。
テーブルと言っても、私は母に食べさせないといけないため、
いつも、母の足元にかしずくようにして座り、自分もご飯を食べてるのよ。
そうやって、私が傍で相手をしてたら、ちょっと落ち着いて、
ご飯時には、すっかり機嫌もよくなって、
ヘキサゴン観て(前にも同じこと書いてたなぁ?^^;)笑いながら、
平和なうちに食べ終える事ができたけど、その後が・・・・・・。

横になっても、数分後には起き出し、徘徊し始める。
だんだん普通の不穏から、怒りverに移行して行って、
ブツクサ文句言いながら歩き回る。
父はご飯終わったら、すぐに2階へ寝に上がったので、
テレビも電気も消して、私はおコタでPCしてたんだけど、
一人で文句を言って、勝手に怒りを深くして行く母は、
私が何を言おうと、全てが怒りに変わる模様。

mixiでメッセージを書いてた時には、不穏がピークに達しちゃって、
慌ててメッセージは下書きに入れて、PCの電源も落とし、
真っ暗にして、私も寝た振りをした。
相手がいなくなったらおとなしくなるかと期待してたけど、
それからたっぷり3時間近く、不穏徘徊は続いた。
以前の日記にも書いたけど、その間も数度の、私との布団攻防あり(笑)
布団をグチャグチャにしながら、
「ここアンタの口やろ?ここからお湯沸かして、寝たらええねん」
こんな事を言われても、返事のしようもないわいなー。

0時を過ぎて、やっと自分から横になったのでホッとした。
目を閉じてたら、カサカサと音がするので、「また?」と母を見ると、
盛り上がった布団は動いてる気配がない。
でも音がするので、ガバッと起きると、母のベッドの下から、
脱兎の如く逃げ出して行ったのは、兎・・・ではなく、イタチ。
あー、ごめん、今夜はウインナー入れるの忘れてたわ!

冷蔵庫からウインナーを持ってきて、お皿に入れてると、
父がトイレに起きて来た。
父はドカドカと足を鳴らして歩くから、そのせいか、せっかく寝かけてた母が、
また起き出してしまい、やっと収束したのに・・・・・と憂鬱になったけど、
ちょこっとうろついただけで、また布団に戻ってくれた。

怒りverではあったけど、まぁまぁプチ悪魔ぐらいで済んでよかったよ。


   ※昨夜の日付で書いてるけど、実際は1/29に書いてます(笑)

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.01.27 (火)
今朝は6時前から起き出して、「早ぅ行かなアカン!」と言って、
ソワソワ・ザワザワし始めるので、「まだ時間あるから大丈夫」となだめて、
7時までは、どうにかこうにかお布団にとどまらせた。

台所でお湯を沸かしてると、起き出して来た母。
丁度、父も起きて、訳のわからない事をしゃべってる母の相手をする。
母が不穏気味なので、しゃべらんでいいのに~~と思いつつ見守ってた。
お湯を入れたマグカップを持って、テーブルの方に戻り、コーヒーを入れたり、
昨日のコロッケのリサイクルで、コロッケチーズトーストを作ってる間に、
父と母がお互いにヒートアップした結果、母の不穏が酷くなってしまった。

何か、ご飯前にケンカになっては、ご飯食べないって事が多い。
母がワケワカメな事を言ってる時は、軽く受け流すか、
全く無視して、知らん顔決め込むかしてればいいものを、
父は、常識(的な考えと、しゃべり)を強要するもんだから、
話が噛みあわなくて(当然なのに)、イライラして声を荒げるもんで、
母もキィ~ってなって、ただの不穏が悪魔verに変身しちゃうわけよ。
毎度そうなんだから、いい加減学習してくれよ、オトン・・・。

「パン食べて薬飲まんと、学校行かれへんで」と、機嫌取るも、
「そんなもん食べてられへん」って、椅子にすら座らない母。
やいやい言っても無理なのはわかってるので、
私は、おコタの方に来て、父と母の薬の準備してたら、
母も、布団の方に来たので、
「先に服、着替えとこか?お迎え来たらすぐ行けるしね」と言って、
思いっきり猫なで声で機嫌取って、何とかオムツ交換も含め、
着替えさせる事に成功。
着替えてる間に、ちょっと落ち着いたっぽいのを見計らって、
「この小さいパンひとつだけでも食べようか」と、ミニあんパンを渡して、
渋るところを、これまた猫なで声であーだこーだ言って、食べて貰った。
私の分のコーヒーを渡したら、それもおいしいと言って飲んでくれた。
どうやら不穏は一件落着した模様で、ホッとした。
その後は、機嫌よく、デイケアに出かけてくれた。

夕方のお迎えは、5時前に外に出たんだけど、戻って来たのは5時40分頃。
携帯を持って出なかったので、5時半頃に1度取りに戻ったら、
センターから不在着信が入ってたので、かけてみると、
「5時半に出たので、いつもより遅くなります」って。
不在着信にしても、着信時間を見たら5時23分。
私はいつも、5時を目安に表まで出てるんだってばー。
しかし、センターに通い始めた年は、そういえば4時半になったら出てたなぁ、私。
あの頃は、4時40分頃から5時までの間に戻って来てたんだよね。
だんだん遅くなってきて、今じゃ5時くらいが通常になってるけど。
この寒い時季に、外で30分も40分も待たされたら、結構つらいっす。
あー、こんな時は、家が道路に面してたらラクなのになーって思う。

お迎えが遅かったのと、丁度玄関にいた時にNTTのセールスが来ちゃったのとで、
余計に時間食っちゃったもんで、夜ご飯は、父に「何か惣菜買ってきて」と。
父が買い物に出てる間に、私は自分用の豆腐チゲを作ってたら、
その間も、母はパンを食べたり、ミカンを食べたりしてる。
正確な腹時計をしてる猫も、テーブルの上に乗って「刺身の時間~!刺身くれ~!」ってうるさい。
出来上がった豆腐チゲをテーブルに持って行ったら、
早速母がチゲに箸をつけるので、「アカンよ~、それ辛いから~~!」
「辛い!」と言いながらもつつくので、お茶碗にご飯を入れてあげた。
豆腐だけならそんなに辛くないので、お茶碗に入れてあげたら食べてたよ。

「お父ちゃんも、もう帰ってくるから、もうちょっと待ってたら?」と言うのに、
「そやな」と言いながらも、チゲの豆腐とただの白いご飯を、機嫌よく食べてる母。
「粗末な食事やなー」って笑うと、母も一緒になって笑う。
煮物とか、ちゃんと手をかけて作った時でも食べなかったりするのに、
なーんにもなくても、機嫌よく食べるんだから、複雑な心境。
でもまぁ、本人さえおいしく食べてくれるんだったら、
例え白いご飯だけでも、まぁいいか・・・なんてね♪(いや、アカンと思う! ← 天の声)
@母 2009.01.26 (月)
今週はどんな1週間になるやら?

昨夜は・・・って言うか、夜中?夜通し?
ほぼ毎時間起こされましたです( ┰_┰) シクシク
幸い、そのつど、怒りverではなかったからよかったものの、
トイレに付いて行って、トイレの中まで入っても、
そのまま何もしないで出て来たり。
「オシッコしたくてトイレに来たんちゃうん?しとかな、また行きたなるで~」
そう言って、ズボンを下ろそうとしても、頑なに拒否されるし。
で、トイレから出て布団に戻っても、やっぱり尿意は感じるから、
結局、もう1度起きてトイレに行ったり。

付き添いしなくても、一人でちゃんと済ませて戻ってくる事もあるから、
あまりに眠たいと、起きてトイレに行ったのは判ってても、
そのまま寝てる事も多々あるんだけど、母がすぐに戻ってくると、
結局、起きて行って、用を足すように促さないといけないのよね。

明け方頃になると、プチ徘徊して、台所やお風呂場の方から、
「あのー、すみません。○○(ウチの苗字ね)ですけど・・・どなたかいませんか?」
なんて声が聞こえてきたり。
後は例の如く、学校へ行くだの、会社に行くだの、病院に行くだの。
でも、怒りverでないから、私の言う事にも耳を傾けてくれて、
何とか寝かしつける事ができたけども。
と言っても、毎時起こされてたんだから、無事に寝かせつけたって事にはならないか。

今朝も、デイケアには機嫌よく行ってくれた。
戻って来た時点で、既に怪しい雰囲気で、食事の支度の間も、
爆発するんじゃないかと、かなりハラハラドキドキだったけど、
食事自体は、無事に食べさせる事ができたのでよかった。
そりゃ、必死のパッチで機嫌取った成果でもあるけども。

ご飯終わってからも、ちょっとウロウロして、
その後、横になってからも、母の方を見ると、パッチリ目は開いてて、
何となく、睨んでる風な・・・ヤバイ!
父が大仰な咳をするだけで、「何?」って身体を起こすので、
「お父ちゃんが咳しただけやから~」って、明るい口調で告げて、
安心させるように勤める。
そんなこんなで、10時過ぎて、やっと寝た模様。
いや、わかんないけど、静かにしてるから、たぶん、寝てると思う(^-^;)

今夜は、毎時間起きは、なしにしてね、オカン。
@母 2009.01.25 (日)
今日はデイケア休みなので、心配してたんだけど、
もう夜の9時。
今のところ、平穏無事に一日が終わろうとしている。
あくまでも、いまのところ(笑)

このところ、休みの日は、機嫌悪くなる事が多かったのに、
今日は、ホントに穏やかだったなぁ。
母のいる日は、時間の流れが緩やかで、一日が長く感じるんだけど、
今日はあっという間に過ぎた気がする。
ゲンキンなもんだなー、人間って(笑)

晩ご飯の支度をしてる時に、テレビ観ながら大声出して、
ちょっと不穏になりかけたけども、ご飯を食べる時には、
機嫌も元に戻ってたのでよかったわ。

明日も、気持ちよく起きて、気持ちよくお出かけしてくださいよ、オカン。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.01.24 (土)
今朝は、6時前から、ずっと何やら物語を語ってた母。
ホントにわけわからない、返事のしようがない話を延々されて、
疑問符を投げかけられても、困るよ、オカン。
オマケに、眠いし。

怒りverではなかったものの、不穏は続き、
朝ご飯は、ひとくちも食べてくれない。
半分にちぎった菓子パンを、また袋に入れなおし、
連絡帳の袋の中に朝の薬と共に入れて、
お願いしますって、センターに丸投げした(笑)

いつ怒りverに移行するかわからんので、必死で機嫌取りつつ、
何とか着替えはして貰えたし、「もうじきお迎え来るからね」って言うと、
「もう行くの?」と、前向きな返事が返ってきたのでホッとする。
時間が来たら、すんなりと出かけてくれた。

今日は昨日の予報通り、ぐっと気温が下がって寒かったので、
母を送って戻ってきたら、即座におコタへ直行。
母が食べないので、自分も朝ご飯まだだった事を思い出し、
キムチとご飯をおコタに持って来て、ネットをしながら食べた。
母が出かけた後エアコンは切ってたので、急に寒気が我慢できなくなり、
そのままおコタ(と言っても、点いてるのはホットカーペット)に寝そべったら、
いつの間にか寝ちゃってた。
次に起きた時には、もうお昼だった( ;´・ω・`)
こう寒いと、何もする気がなくなる(寒くなくてもしないじゃないか! ← 天の声)

お昼ご飯食べて、母のいない間にお風呂入って、
髪の毛乾かして、またネットして・・・・・・・・・たら、もう夕方。
お迎えに出たら、今日は3分ほど待っただけで車が到着。
一番小さい軽四だったので、スムーズに降りたはいいけど、
車椅子に座らせて、介護士さんや同乗のおばあちゃんに、
「またねー」って言われた途端に、ウルウルしちゃって。

家に戻って来ても、ちょっと怪しい雰囲気だったので、
お布団に寝かせて、話をしながら、私もおコタに横になって様子見。
30分ほどしたら寝息が聞こえてきたので、私は台所に。
ご飯の支度をしてる間に、母は起き出して来たけど、
そのままテーブルのところに座って、テレビを観ていた。
ニュース番組の特集モノで、楽しい話題じゃないため、
何か、またちょっと怪しい雰囲気。
ブツブツ何か言ってる。

食べる時になっても、器を遠ざける始末。
私が先に食べつつ、おいしい~、おいしいわ~と言いながら、
スプーンで口元に持って行くと食べてくれた。
3度ほど拒否されたけど、めげずにフェイントかけて、
また口元に運んで、何とか2/3ほどは食べさせられたのでよしとする。

8時過ぎて、お布団に横になった母。
でも、まだ眠ってはない様子。
猫が布団に潜って行ったけど、すぐに母が布団をめくったため、
猫はすぐに退散。
めくれた布団を直してあげようとしたら、布団を硬く握ったまま、
「何やのん?」と睨まれる。
ヤバい・・・と感じたので、そのまま何もせずに私も退散。
隣で様子を伺いながらPCで遊ぶ。

しばらくしたら寝息が聞こえてきたので、ホッとした。
ついさっき、「寒いな」って言うので、毛布をもう1枚かけてあげた。
着ている布団をめくって、中に毛布を被せたんだけど、
さっきのような事はなく、「おおきに」と言う返事が返ってきた。
それで、やっぱりホッとする。

こうやって書いてて、自分で気がつくけど、「ホッとする」ことが多いのね、私。
それだけ、不穏に対して緊張してるって事か(笑)
とりあえず、今日は土曜日、1週間の終わり。
怒りver不穏のオンパレードだった先週1週間を思えば、
今週は気を楽に過ごせた1週間だった。
明日は、デイケアお休み。
さて、どこへも行かない明日は、どうなる事やら。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@父 2009.01.24 (土)
寝たきりって言っても、ホントの寝たきりじゃなくて、
ウチの家、寒いもんだから、ずっと布団から出ないって意味ね。

去年から、父は急速に老け込んだなぁ。
って言うか、86歳だから、そりゃヨボヨボの爺さんでもおかしくないけど。
よそのおじいさんが亡くなって、享年86歳だって聞いたら、
きっと、「大往生やね」とか「天寿やね」とか言いそうな気がするし(Α;´・ω・)

やっぱり、去年の6月、母が軽い脳梗塞で倒れて入院してから、
一気にガタが来たのは確か。
でも、母が無事に退院でき、認知の程度も殆ど変わりなかったので、
徐々に元気は取り戻して、近所の川に釣りに出かけたりしてたのに、
寒くなったからってのもあるだろうけど、釣りどころか、
毎日、午前午後と、ご近所を自転車徘徊してたのも行かなくなったし。

朝は新聞が来たらすぐに取りに行って、こっちが寝てようが、
お構いなしに電気を点けて読んでたのに、
ここ2ヶ月くらいだろうか、取りにも行かなければ、
私が取り込んでも、そのまま読まずに置かれたままって事も多い。
夕刊も取り込むの忘れて、翌日の朝刊と一緒に・・・って事もしばしば。
そんな事、ホントに有り得なかったのに。
私もテレビ欄すら読まない時もあるから、そんな時は、下手したら、
取り入れたままの姿で、そのまま新聞収納袋行き・・・って事も。
勿体無いでそ~( ┰_┰)

父も、寄る年波のボケ以外に、認知の気も多少出て来てるのかも・・・。
今のところ、スーパーには行ってるけども、
それでも、昨日の買い物リストを見て同じ物買って来たりする事もある。
それを言うと、腹が立つのか「日にちも書いとけ」って。
しかし、日付を書いたって、その日付の認識が甘くなってるのに。
「今日、○日やんな?」「今日は、○曜日やんな?」って、
不正解な事をよく私に確かめるんだから。
やっぱり、父も今のうちから、介護申請しといた方がいいのかも。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

@母 2009.01.23 (金)
今日は理想的な一日だったなぁ。
起き抜けの機嫌もよかったし、朝もちゃんと食べてくれたし。
薬もすんなりと飲んでくれたし、着替えもサッと出来たし。
朝のこの一連の作業が、こうスムーズに進むと、
ものすごーく気分がいい(笑)

戻って来てからも、機嫌は持続。
センターの連絡帳を見ても、向こうでも終日よかった模様。
「お風呂もスムーズに入って頂けました」って書いてあった。
朝食に作った、マヨネーズで和えたゆで卵を挟んだバターロールが、
ひとつ残ってたので、「食べる?」って訊くと「うん、食べる」って、
ペロッと食べてしまって、私の食べてたポテチまで食べてた(笑)

その後、私が台所に立ってからも、落ち着いていて、
ちょこちょこ母の方を振り向きながら、食事の支度をしてたら、
また、別のパンを食べてるではないか!
「あららー、またパン食べてるの? 今日は食欲すごいねー」って言うと笑ってた。

きっと、お腹も朽ちてるだろうな・・・と思ったら、
やっぱり、晩ご飯はあんまり食べられなかったわ。
でも、ご飯は少しだったけど、おかずは積極的に食べてたのでOKって事で。
今夜は、7時前に食事も終わってしまったんだけど、
食べ終わった母は、「そっち(ベッドの方)行っていい?」と訊いて、
そそくさと布団に直行、すぐに横になった。

熟睡はしてなくて、何度も何か話しかけてくるけど、
布団からは出る事なく、今もずっと寝てます。
こんな、ごくごく普通の事が、どんなに心が休まるか。
うーん、素晴らしいっ!(笑)

今夜はこれから気温が下がって、明日はこの冬一番の寒さになるらしいので、
夜中に何度かトイレに起きても、すんなり布団に戻ってくれますように。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.01.22 (木)
今日は、デイケアはお休み。
昨日の日記に、一度は台風吹き荒れるかも・・・って書いたけど、
今のところ、台風はまだ上陸してない。
でも、朝から、ずーーっと降り止まない雨で、川も増水気味って感じ。

明け方4時過ぎに、学校に行くんだと言って、
玄関に出る戸をガタガタやってたけど、「学校はお休み」だの、
「朝にならないと、学校の門が開かない」だの言って誤魔化して、
何とか、またお布団に寝かせる事に成功して、ホッとした。

その後も何度か起きようとするのを、「もうちょっと寝よう」と阻止し(笑)
何とか8時頃までウダウダしてたけど、
その後、完全に起きた母は、すっかり不穏スイッチ入ってた。
ふぇ~~~~ん( ┰_┰) シクシク

朝も昼も殆ど食べてくれないし、座ってもすぐ立って、うろつきまくるし、
相変わらず、いろんな物をあちこち移動させまくるし。
幸いなのは、同じような事をしてても、悪魔ver不穏じゃなかったって事。
まぁ、悪魔に変身しそうになるのを、懸命に食い止めてたってのもあるけど。
とにかく、悪魔verじゃなければ、悪態の受難からは逃れられるので、
精神的に、全然違うもんね。

結局、夜ご飯も、あんまり食べてはくれなかったけど、仕方ない。
無理に口に押し込むわけにいかないし、あまりしつこくしたら、
それこそ悪魔に変身しかねないからね。
今、やっと布団に入ってくれたけど、まだ眠ってはいない模様。
静かにしとこう・・・。

寝てくれたら、GYAOで「魔王」観たいんだけどなー。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.01.21 (水)
今朝は、
寝起きスムーズ、朝ご飯もスムーズ、着替えもスムーズ。
お出かけもスムーズで、平和そのもの。

戻って来てからも、機嫌よく、
センターからの連絡帳を見ても、終日穏やかだった模様。
私がご飯の支度をしてる間も、平和。
菓子パンの袋をガサガサしてるので「食べたいの?」と訊くと、
「うん」って。
ご飯前だけど、機嫌損ねたくないから、開けてあげた。
小さいのが3つ入ってるものなので、1つだけなら、まぁいいかと。
それに、もし、この後ご飯を食べなかったりしたら・・・って事を考えると、
パンでも食べておいた方がいいかとも。

でも、そんな晩ご飯の心配も、今日は杞憂に終わった。
口に運ぶと、エサ待ちのツバメの子みたいに、パカッと口を開けてくれる。
スムーズに食べてくれる母の愛おしい事ったら~~( ┰_┰) ウルウル
食事時は、毎度こうあって欲しいっすよ、オカン。

父が今夜は、さっさと2階へ寝に行ってしまったので、
母にも、「ほんじゃ、あっち(ベッドの方)行って横になるか?」と声をかけると、
「うん、もう寝るわ」と、素直なお返事。
今夜も7時台というのに、早くもお布団に横になった。
その隣で小さいモニターでテレビを観つつ、PCもしてる私。
母が何か言うたびに、例の如く、ウンとかスンとか返事をしつつね(笑)
トイレに起きて付き添いしたけど、今のところ穏やかさは持続してる♪
朝までには、まだ何回かはトイレにも起きるだろうけど、
どうか、悪魔verスイッチ入りませんように!

明日は、デイケアはお休みの在宅日。
一日が長いぞー。
1度は台風吹き荒れるかもしれんが、まぁ覚悟しとこう。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.01.20 (火)
今朝は、バターロールをひとつと、コーヒーを少し。
昨日なんかは、コーヒーをさっさと飲んじゃって、私の分を分けてあげたのに、
この差はいったい何なの?って感じ。
同じようにフレーバースジャータを入れて甘々にしてあるのに(笑)

「何か行きたくないなぁ」とこぼしてたけど、それってホントに行きたくないのか、
気持ちだの心だの関係なく口走るだけの言葉なのか、
その判断は、私にはむずかしい・・・。
まぁ、ちゃんと着替えにも応じてくれて、すんなり出かけたのだから、
行きたくないって言葉に真意はなかった模様。

夕方、いつものように表の通りまで車椅子でお迎えに出ると、
10分ほど待って送迎の車が到着。
ドアの前まで行っても、今日はまだドアが閉まってる。
「?」と思ってると、ドアが開いたので覗き込むと、
母が、泣いてる。

あらら、久しぶりに泣きの不穏ですかい。
介護士のお姉ちゃんに訊いたら、「何か、急に」って。
なぁに? 帰るのがイヤだったとか?
もっとドライブしてたかったとか?

家に入ってからも、ちょっと不穏になりそうな雰囲気が・・・。
機嫌を取りつつ、その後食事の支度をし、食べ始めて、
何口目かにスプーンを口元に運んだら撥ねのけられてしまった。
ちょっと機嫌が悪くなり、ヤバいかも?と思ったので、
1度リセットさせるべく、ひと寝入りして貰おうと、なだめてお布団へ。

横になってくれたのでホッとしてたら、5分ほどで起きてトイレに。
トイレから出たら、何となく目つきが怪しい。
何か文句を言いながら、例の如く、電気ストーブを引っ張って移動させようとする。
傍で父が寝ながらテレビ観てるんだけど、
母がストーブを触りだすと、またぞろ何か言おうとするので、制止して、
コンセントからプラグを抜き、母のしたいようにさせたら、
自分のベッドの上にストーブを乗せて、何やらブツブツ言ってる。

私が傍に行くと、「これ、何とかして」と言うので、
「ほな、私がなおしとくわ」 ※なおす=片付ける・仕舞うの意
そう言って、ストーブを押入れに片付けた。
無理に取り上げたんじゃないので、母も怒らなかったわ。
その後も、あれやこれや手に取っては、あっちこっちに移動させてたけど、
優しい声で、優しい態度で、機嫌を取っていたら、またベッドに横になった。

で、これを書いてる今のところ、おとなしく横になっている。
たまに何か言うので、適当に返事してやりすごしてるけど、
そのうち起き出すかも。
私もPCやめて、電気消した方がいいかなぁ・・・。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

@母 2009.01.19 (月)
今朝は、何とかパンも食べ、コーヒーも飲み、
デイケアに出かけてくれました。
無事に送り出すと、ホッとする。
とりあえず、戻ってくるまでの時間は、何も気を使う事なく、
やりたい事に熱中できる。

今日は、急に思い立って、このブログを作った。
今までmixiで、母の事はちょくちょく書いてたけども、
何となく、mixiでは、マイミクさんと楽しい話をしたい。
暗くなるのはイヤだなって思いが、どこかにあってね。
でも、ついつい、母の介護にまつわる愚痴が多くなってしまいがちで・・・。
先週1週間、母の不穏が激しくてホントに大変だったから、
精神的に_| ̄|○ と来ちゃって、
何か、踏ん切りをつけたくなったと言うか、
まぁ、心境の変化(無理やり)って事で(笑)

ブログ作って、先週のしんどかった思いを遡って日記に書き、
あれやこれややってたら、センターから電話。
一瞬、何かあったのか?とドキッとしたけど、出てみると、
「今、センターを出たので、いつもよりちょっと早めの帰宅になります」って。
時計を見たら、4時40分くらいだった。
いつのまに~~~~~!
ブログ作りに熱中してたら、時間を完全に忘れてた。

電話でも、今日はご機嫌さんでしたよって事だったけど、
送って来た介護士さんの話でも、一日機嫌よく楽しそうでしたよって。
家に着いてからも、私が台所に行っても機嫌はいいままで、
ちょっと早めのご飯も、機嫌よく食べてくれ、食べ終わったら、
昨日とは打って変わって、すぐにお布団に横になり、今はイビキかいて寝てる。

まだ7時台だから、その内また起きるだろうけど、
その時も悪い方へリセットされないで、機嫌を保って欲しいなぁー。
夜中にも何度かトイレに起きるけど、その時も、用を足したらすんなりと寝て欲しい。
頼むで~、オカン。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.01.18 (日)
今日は母の在宅日。
在宅日は、ハッキリ言って心の休まる時がない。
四六時中、母の機嫌を取らなきゃいけない。
父にしたら、別に私がそんなに気を使ってるとは思わないかもしれないけど、
どれだけ母の、父の、顔色を伺ってるかは判るまい。
特に、父が母に何か言うたびに、内心ハラハラしていることなど。

母は、認知症だから、いつだってマトモな会話など成り立たない。

私「食べる?」
母「もういらん」

私「おいしいやろ?」
母「うん、おいしい」

こんな、簡単な会話以外は、たいていトンチンカンな返事が戻ってくるし、
意味不明の問いかけをされたりして、返事のしようがない状態。
だから、問いかけには「うん」とか「すん」とか「大丈夫やで」とか、
当たり障りのない相槌程度の返事を返しとけば、それで済む事が多い。

不穏ではなく、まぁまぁ普通の状態なのに、父がいらん事を言って、
どんどん不穏になっていく様を、何度目にしてる事か。
怒らせてしまった後は、自分はさっさと不貞寝したり、出て行ったりしてしまうけど、
その後のフォローは、いつも私がしなきゃならないのに。

今日も昼ご飯の後、些細なことからスイッチオン。
父はそのまま2階へ上がって寝てしまった。
母は例の如く、布団をぐちゃぐちゃにしたり、悪態吐きまくる。
私もプチッと切れて、そのぐちゃぐちゃにした布団を放り投げてしまった。
それを見て余計にヒートアップする母。
悪循環とは判っていても、こっちも人間だから、イライラが募る。
3時間ほどで収束して、横になったあと、少し機嫌は戻り、
夜ご飯はどうにか食べてくれたけど、食べ終わったら、だんだんまた怪しくなる。

父が寝てしまったし、母がテレビに怒るので、テレビも消し、電気も消した。
母は放っておかないと仕方なく、私はコタツから、母を見守りしつつ、
20Wの電球を点けて本を読んでた。

相変わらず、私との布団の攻防あり、それに飽き足らず、寝てる父の布団をはぐので、
それに父が怒り出し、それに対して母がまたヒートアップする。
どんどん不穏が激しくなるから、電球も消し、ナツメ球だけにして、
私もコタツで横になって知らん顔をする。
何度目かの布団はぎで、父がキレて、2階へ上がってしまったけど、
その後も母のあれやこれやは、遅くまで続いた。

最近、怒りverの不穏が多くなってる。
逆に、泣きverの不穏はなくなってきてるみたい。
同じ不穏でも、泣きverの方がよっぽどマシなのにな。

普通時の母と、怒りver時の母は、ホントに二重人格って感じ。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.01.16 (金)
昨日、今日と機嫌よくデイケアに行った母。
今日はデイから戻って来て、私が傍にいて話し相手をしてた時はよかったけど、
その後、晩ご飯の支度に台所へ行ったあたりから、ちょっと不穏に。
で、わけわからんことを言い出すのに、父がまた文句を言うもんだから、
例の如く火に油を注ぐ結果となり、さぁ、晩ご飯食べよう・・・って時には、
完全に怒りverが出来上がっちゃってて、食べるどころじゃない。
父も機嫌悪くなって、ご飯食べずに2階へ上がって行った。

私は、ご飯をちょこちょこつまみながら、母の様子見をしてたけど、
怒りver不穏は、かなり激しくなる一方。
こういう時は何を言っても無理なので、見守りはしつつ、放置しとくに限る。
危なっかしい事をしそうになると、勿論飛んで行くけど。

母はベッドに寝かせてるけど、掛け布団は勿論、電気毛布やらシーツもはがして、
くちゃくちゃにしてしまう。
いつ、収束してベッドに横になるわからんので、すぐに整えるんだけど、
ウロウロして、またベッドの前を通ると、また同じ事を繰り返すわけよ。
そんなことを5~6回も繰り返したら、さすがの私もキィ~ッってなってくる。

「またお祖母ちゃんが不穏で大変や~」と姪に泣き言メールを送ったら、
「どんな様子なのか?」と言う返信。
これこれ、こんなんで・・・とまた送ると、いつもは長くても5行くらいの姪が、
作文かってほどの長い返事を送って来た。
身内の愛情の感じられる温かい返事で、心が癒された。

また返信を送ると、またまた長文メールが戻って来て、
その内容や文章から、この子も大人になったなぁと痛感した。
学生時代は、なんていう自己チューなやつ!と腹立たしく思った事も、多々あったのに。
そりゃもう27歳なんだから、立派な大人だわな。

姪からのメールが届いた頃に、丁度、母も自分から布団に戻り、今日の不穏は収束した模様。
まだ、寝ながら何かブツブツは言ってるけど。
このまま、朝まで寝てくれる事を切に願う。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.01.14 (水)
昨日の日記に、毎日こうあって欲しいもんだと書いたけど、
今朝は、起きた瞬間からスイッチ入ってて機嫌悪い悪い!
今日もデイケアの日だけど、
このままじゃ、お迎えの時間に出るのは無理なので、
センターにはメールで様子見する旨を伝え、お迎えを遅らせて貰うことに。

しかし、2度寝もしてくれないのでは、気分のリセットも図れない( ┰_┰) シクシク
結局、今日は休んで、本来在宅日である明日と振り替えて貰った。

下手に睡眠足りてるもんだから、元気あるため、じっとしてなくてね。
座ったと思っても1分もすればまた歩いて行っちゃう。
狭い家だから、台所から、トイレまで歩いても高が知れてるけど、
そのつど、あっちの物をこっちに持って来ーの、
こっちの物をあっちに持って行きーのするので、かなわん。
テーブルの上とか、片付けておかないと、あれこれいじっちゃうしね。

「こんなことしたらアカンやん~」って注意しようものなら睨まれて悪態吐かれるし。
大声はたまにしか上げないんだけど、
四六時中、低い声で、念仏の如くずーっとしゃべられるのも、結構つらい。
何か、ユーウツな気分になってくる。
いっそ念仏だのお経だのを聞いてる方がリズムあっていいかも。

朝も食べない、昼もおにぎり一口やっと食べさせたくらいだったので、
このままじゃ、夕ご飯も食べそうにないぞ・・と思って、
姪に、会社帰りによって貰った。
誰かが来ると、多少機嫌直って、食べてくれるかなと思ってね。
それは正解で、何とかご飯は食べさせることが出来たのでホッとした。
テレビでヘキサゴンを観ながら、最初は笑ってたのが、大声を上げて文句を言い始めたので、
そんなお祖母ちゃんを見た姪は、ちょっとビックリした様子。

姪が帰ったあと、またちょっと不穏再開したけど、ほどほどで治まり寝てくれた。
怒りverの不穏も、だんだん、一時的なものから、長時間持続するようになってきたのかなぁ。
しんどいなぁ。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.01.13 (火)
昨日は、早朝5時半にムクッと起き出したオカン。
起きた時には既に怒ver不穏スイッチオンな状態で、
たっぷり1時間半の間、悪態吐きーの、物投げーのしながら徘徊。
7時になって、やっと自分から布団に潜り込んで終了。
なんか、ロボット掃除機がバッテリー切れで、自ら充電器に戻るのに似てる?

センターに電話して、お迎えの時間を1時間ずらして貰い、8時半くらいまで寝かせてから、
ジャスト9時半のお迎えでセンターに。

5時過ぎ、帰りを迎えに出たら、介護士さんが、今日は一日機嫌悪かったと。
家に戻ってから、連絡帳を見たら、一日中、怒りverが激しく、
じっと座ってなく、お昼ご飯も口に入れてもすぐに吐き出し、大声を上げたり、物を投げたり、
お風呂も再三入れようとしたけど拒絶して、どうやら散々だった様子。

戻ってからは、私が傍にいて話し相手になってた時はおとなしかったのに、
夜ご飯の支度をしかけたら、またぞろ不穏な雰囲気に。
台所から声をかけつつ、その場を乗り切り、
東京フレンドパークを観つつ、腫れ物に触るかの如く機嫌を取りながら、
何とかご飯も食べさせ、食べ終わってから、私が傍を離れてPCを覗いてたら、
それまでフレンドパークを笑いながら観てたのに、いきなりテレビに怒り出す。
テレビに怒っても仕方ない事をオトンが諭すが、それがまた気に入らないから、
余計に大声出して怒る、それに対してまたオトンも怒る・・・という悪循環。

怒ったオトンがテレビも電気も消したので、
また、オカンの機嫌を取りつつ、布団に連れて行って、何とか寝かせた。
なかなか寝ないけども、私が傍にいて返事もするので、だんだん落ち着いてきて、
そのうちに寝てくれた。
夜中も何度か起きるたびに、戦々恐々だったけど、不穏になりかけても、
何とか私の言う事を聞いて布団に戻って寝てくれたのでよかった。

今朝は、昨日とは打って変わって、おとなしく優しいおばあちゃん風味なオカン。
スムーズに朝の一連のあれやこれやも進み、すんなりとセンターに通い、
同じように、5時に迎えに行くと、車から降りたくなさ気なほど上機嫌。
介護士さんに今日の様子を訊いたら、終日機嫌よかったと。
昨日がすごかったので、まるで別人みたいだったそうな(笑)
ちゃんとお風呂も入ってくれたそうで、よかったよかった。
毎日、こうであって欲しいもんです。
マジで、心底、ホントに、そうお願いしたいもんです。


ところで、話はガラッと変わって、韓ドラの話。
今日、「マイガール」というドラマの第1回目を観た。
主演のイ・ドンウクもイ・ダヘも好きじゃないけど、まぁ、観てみるかって。
ドラマ冒頭から出てくる男の子が、ちょっといい感じ~♪と思って、
その子の出てる場面は、その子ばかりに目がいって(笑)
ブログにドラマ鑑賞の事を書いてるんだけど、ブログ友さんがコメントで、
そのドラマはリタイヤしたけど、チョ・ゲヒョンって子が出てて、可愛いですよって。
そーなのよ、まさにブログ友さんのいう可愛い子が、私も気に入った子だったのよ。
ブログ友さんが名前教えてくれたので、早速検索して、画像とか見てみた。

http://www.enbiz.net/b/files/inno_8/profile2.jpg (直リンしちゃーいかんかなー^^;)

うん、イケメンだ(笑)
これからは、この子を楽しみに、このドラマを観る事にしよう。
あ、イ・ジュンギも出てるので、イ・ジュンギのドラマも初めてだから、
こっちも楽しみに観るべ。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@父 2009.01.11 (日)
一昨日の朝の出来事。

オカンに朝食を食べさせながら、(肩が)痛い痛いって嘆いてると、
オカンが、「どないしたん?」と言う。
「あちこち痛いねん」と簡単な説明をすると、
「大丈夫か?大変やな」と、珍しくマトモな返事(笑)

そこへ、オトン。

父:「お父ちゃんかて、痛いんやで。痛い痛い言わんだけや」

私:「それは勝手やん。私は痛い痛い言わんと我慢出来へんねん!ムカッ…((o(-゛-;)」

父:「痛い痛い言うて、治るんやったらええで」

私:「<`ヘ´>ムカムカーッ ほな、もう言わへんわ!」

父:「(フフンと鼻で笑いつつ)たまに言うんならいいけど、お前のは癖になってるだけや」

私:「ヾ(*`Д´*)ノ"彡  せやから、もう言わへん言うてるやんかっ!」

それ以後、業務連絡以外に、口をきいてまへん。
オトンの前では、つい口をついて出そうになる痛いって言葉も飲み込みます。
オトンの痛みがどのくらいのもんか、私にはわからんが、
私の痛みがどのくらいのもんかも、アンタには判らんぢゃないか。
アンタが、年末に腰を痛めて、いかにも痛そうだった時は、
湿布を貼ってやったり、布団を被せてやったりしたが、
私が痛くても、誰も代わりに何かしてはくれないんだぞ。
食事の支度や、オカンのお世話が出来るくらいだから、痛いと言ったところで、
そんなに言うほどたいした事ないんだと思われてるのかもしれんが、
寝返りも打てなくて、痛さで目が覚めて、痛み止め飲んでも効かなくて、
ヒーヒーいってた時もあるんだからなー!

もう、いっさい口もききたくない!顔も見たくない!
なんて、不足心まんちくりんで、悶々として過ごした翌日の、昨日の朝。
起きた時から、腰が痛い!
元々、腰痛持ちで慢性的にどんよりとした痛みはあるけど、それって右側なのね。
それが、今回は左側。
洗濯物を干しに2階へ上がるのも、一段ずつでないと痛い。
痛いけど、オトンがそこにいるから、顔だけしかめて言葉は飲み込む。
どうしても口に出して言いたくなったら、「아-,아프다!아퍼!」と韓国語で言う(笑)

昨日の夜中・・・いや、もう早朝だったかしら?
物音に目が覚めたら、オカンが宅配の空箱を持ってどこに置こうか思案してるので、
「こっちに頂戴」って、寝転んだまま、手を伸ばして受け取ろうとしたら、
肩に激痛が走った。
思わず「痛~~っっっ!」って声が出て、飛び起きたさ。
ただでさえ、ずっと痛かった場所なのに、筋違いしちゃったような?
横着せずに、起き上がって受け取るか、
そのまま無視しとけばよかったと、激しく後悔するも、時すでに遅し( ┰_┰)

2ヶ月継続してる痛みも、完治はしないものの、
このところは、痛みながらも横向きに寝れたり出来るようになってきて、
快方に向かってるのかしら・・・と、期待に胸を膨らませてたんだけど、
一気に崖から突き落とされた気分だ。。。
うーーーーー。

親に対して、不遜な感情持つから、こんな目に遭うということか。
ちっ!
だからって、オトンへの感情は、絶対に好転するものではない。
オカンに対しては親孝行娘でも、オトンに対してはそうじゃない。
罰なんて、くそ食らえだ。
次々に痛みを与えられても、我慢してやるーーー! ヽ(`Д´)ノウワァァン!!

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。