スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@母 2009.02.28 (土)
昨日は、結局、日記更新のあと寝る事もなく、
ネットでドラマ観てました(笑)

デイケアから戻った母は、戻った時は普通だったのに、
またぞろ、食事時になって、不穏気味でした。
先日と同様、表情なく、言葉もなく、ご飯食べなく。
でも、私と父が食べてる最中に、ちょっとだけ自分で食べ始めたけど、
やっぱり、ご飯はふた口くらいで終わってた。

その後、私が腰が痛くておコタに寝そべってると、
父がまた、カーボンヒーターを触る母になにやら言い始め、
エスカレートして怒鳴ったので、私はヒーターを2階へ持って上がった。
これでもう電気ストーブ戦争はなくなる。
父は、何でか知らないけど、母がこれを触るのが気に障るらしい。
石油ストーブなら危険だけど、別に触るくらいいいじゃんと思うのに。
父は、私が思う些細な事・しょーもない事に文句を言う事が多い。
アンタは小姑か!って感じ。
危険な事以外は、したいようにさせといた方が得策なのにさー。

話が逸れたけど、ストーブを2階へ持って行ってその足で、
母を促して、ベッドまで誘導し寝かせた。
母もきっと眠いはずやし?と思ってるのは私だけなのか、
何度もベッドに座っては、「まだ?」とか訊いて来る。
「うん、まだ」(←何がまだなのか判らんけど、とりあえず言っとく)
すると、「ほな、もうちょっとここにいてるわ」って、また横になってくれる。
時折、横になったまま布団をめくって、「ここに入れへんか?」なんて事も言ってた。
不穏が激しい時に、落ち着かせようと添い寝することもあるのでね。
そういう事を何度か繰り返してたけど、対処も面倒臭いし、私も眠たいしで、
「ほな、私ももう寝るわな、これ(PC)も消すわな」って、電源切って横になった。
横になったからって、すぐに寝れないので、片耳にイヤーフォンをして、
音楽を1時間くらい聞いてたかな。
あ、何で片耳なのかと言うと、両方はめちゃうと、
母が何か言ったりゴソゴソしても気がつかない場合があるからね(笑)

いつの間にか寝てしまってて、物音に目が覚めて時計を見たら、まだ0時前だった。
めっちゃ寝た気がしたけど、爆睡してたんだろうか?(・∀・)
次に母の起きた音で目が覚めたのは3時。
コタツに寝そべったまま、後姿を見てたら、ちゃんとトイレに入ったので、
まぁ、いいか、眠たいし・・・と、そのまま寝てようかと思ったものの、
5分くらい経って、やっぱり気になるので覗きに行った。
母が、ズボンだけ下ろした状態で立ってたので、終わったところと思って、
「パッド替えとこうかな?」と、紙パンツを下ろして、パッドを取ったら、
パッドはキャパを超えてて、尿が滴ってる!
パンツの方も触ってみたら、こっちも濡れてたので、全部脱がして、
濡れた太ももとかをお尻ナップで拭いて、新しい紙パンツを穿かせようとしたら、
オシッコがジャーーー_| ̄|○

いやーん、まだしてへんかったんかいな~~~!
慌ててお風呂の湯を点けて、母には「動かんと!そこにおって!」と。
でも、「寒い」と言って、トイレから出てくる母。
そのまま部屋の方へ行こうとするので、「アカン~~~!ボトボトなんやてばぁ~!」
温いタオルで拭いて、パンツ穿かせてズボン穿かせて、ベッドに寝かせて、
それからトイレ掃除。
終わって戻って来たら、母は、既にイビキかいて寝てたわいな。

すっかり目が覚めてしまったので、また音楽を聴いたりして、
4時頃、3度目の就寝。
前日の寝不足で、やっぱり母も眠たかったんだろうね。
だから、トイレに起きれなくて、許容量超えちゃったわけだ。
私も、母が起きなければ寝てるし、寝てるのを起こしてまでトイレ誘導はしないし。
やっぱり、ズボラしないで、母のトイレにはちゃんと付き添わなきゃな。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
スポンサーサイト
@母 2009.02.27 (金)
結局、昨夜の母は、「眠れない日」だったらしい。
横になっても、5~10分もすれば、またぞろ起き出す。
怒りverではない、ただの不穏状態だからまだいいけど、
ウロウロしながら、「寒いなぁ」だの「足が痛い」だの、ブツブツ言ってる。

「寒いから、お布団入らんと」
「足痛いなら、お布団入って休めんと」

そう声をかけるものの、全くトンチンカンな返事しか戻ってこない。
しかし、寒さにはちゃんと反応してて、
いつの間にか、ちゃんと上着を羽織ってる(・∀・)
いつの間にか、ひざ掛けもその上から羽織ってる(・∀・)
怒りverの時は、その辺の感覚も麻痺するのか、平気で薄着のままでいるもんね。

ようやくベッドに戻ってくれたのは、4時前。
その後は爆睡モードではないものの、何とか寝てくれた。
私もやっと寝れた。

今朝は、普通のトーストを半分、昨日のカレーをのせて焼いたトーストを半分たいらげて、
上機嫌でデイケアに出掛けてくれた。
戻って来た時も、上機嫌が持続してますように!

とりあえず、日記更新しといて、今から、ちょこっと寝ようかな~~~♪



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.02.26 (木)
昨日は、デイケアから戻ってきた時は機嫌もよかったのに、
「さぁ、ご飯食べよか」って、私が台所からテーブルに戻って来た時には、
母に表情がなくなってて、言葉もなくなってた。
あ、ヤバそう・・・と思ったら、案の定、不穏が始まってた。
声をかけても無言、ご飯は食べない。
スプーンで口元に持って行っても、口を真一文字につむったまま。
しつこくして怒りverになったらイヤなので、
何も言わずに、私と父はご飯を食べ始めた。

私が食べ終わった頃、母がお箸を持って、ちょっとおかずをつついたので、
おかずをご飯の上に乗せてあげたりして様子を見たけど、
結局、ご飯もふた口くらいしか食べなかった。
前日の夕食時が、すごいハイテンションで、何がそんなにおもしろいか「???」なくらいに、
笑いまくって、ご飯もよく食べてくれて、幸福感いっぱいの食事時を過ごしたので、
この落差はいったい何?って、こっちの精神は振り回されっ放し。

今日は在宅日。
前日の不穏を引きずってなけりゃいいけど・・・と心配したけど、
起き抜けから、すこぶる機嫌良好でホッとした。
お昼に作ったわかめうどんも、なかなか食べてくれなかったけど、
機嫌が悪くて食べないんじゃなかったので、自分が食べ終わった後、
「実力行使で食べさせに来たよ!」と言って、ひと口で食べられるように、
うどんをコンパクトにお箸でつかんでは、口に放り込む。

母は、口に入れるタイミングで、いちいち「おおきに」だの「ありがとう」だの言うので、
せっかく入れたものが飛び出すことが多々ある。
うどんもそうで、こっちがコンパクトにしてるのにしゃべるから、ポロッと飛び出すのね。
ご飯と違ってうどんだから、幸い下には落ちなく、口からぶら下がった状態になるんだけど、
今日は、それすらも楽しいらしく、わざと大げさにチュパッと吸い上げたりして(笑)
あと少しってところで、もういらないって言われてやめたものの、
その後、テレビ観ながら&遊びながら?いつの間にか食べたらしく、お椀が空になってた。

洗濯物を干しに2階へ行ったり、ウサギの敷物を風呂場に洗いに行ったりで、
私の姿がしばらく見えなくても、今日は不機嫌にならなかった。
夜ご飯は母の好きなカレーを作ったら、自分ではなかなか食べてくれないので、
またぞろ介助して食べさせたら、完食してくれた。
”あー、今日は平和でいいな~”

しかし、平和はそこまでだった。
ベッドに横になったので、”しめしめ!”と思って、GYAOでドラマを観始めた私。
ドラマが始まった途端に、母は起きて(って言うか、そもそも寝転んでただけだったみたい)
何だかんだしゃべりかけてくる。
サスペンスドラマで、もう残すところ後3回ほどで終わりってところまで来てるから、
ワクワクしてるのに、オマケに字幕だから、画面に集中して観たい!
なのに母はしきりに話しかけてくるから、途中で止めて、相手をして、
また寝かしつけて、ドラマ再生して・・・・・・、でも、またすぐ起き出して・・・の繰り返し。
話しかけるに飽き足らず、結局部屋をうろつき始めた母。
父が「うろちょろしな(うろちょろするな)」などと言ってる。
怒りverに変わったら困るから、これは何としても母を寝かさないと・・・。

父がホットカーペに寝転んで毛布かぶったままテレビ観てるので、
ちゃんと布団を敷いて、電気も消したらおとなしくなるかも・・と思い、
父に、布団敷く旨を言うと、「下が温いからこのままでいい」と言う。
「ホットカーペは朝から点けっぱなしやから、夜は電気毛布とチェンジしないと」って言うと、
ものすごーーーーく、鬱陶しそうな顔をする。
「ほな、好きにしたら」と、これまためっちゃ鬱陶しい言い方で言うので、
ムカーーーっとしながらも、冷静に、”そんなら、もういい”と放棄すべきか、
我慢して布団敷くべきか・・なんて考えてる自分。
やっぱり、気が長いのかなぁ?

結局は、布団を敷いたけど、私は間違ってないと思う気持ちがあるから、
腹立って、つい、布団を敷く所作にも気持ちが投影する(@乱暴)。
「別に好きにしてるわけやない」って、独り言のような呟きが、父に聞こえたかどうか。
私の好き勝手じゃなく、父のために良かれと思ってする事に対しても、
こんな風に鬱陶しがられる事が多いので、やりきれない気持ちになる。
ムカついて、ムカつきすぎて涙が出る事もあって、そのつど、

”もう絶対に何もするもんか!”
”口もきくもんか!”
”オトンはオトンの好きにしたらええねん!”
”風邪ひこうが、どうなろうが私は知らん!”

そう思うんだけど、結局、また同じ事を繰り返し、同じような目に遭う。
私って根が優しいから、どうしても冷酷にはなれないのよ・・・・・
・・・・・・・って、誰も言ってくれないから自分で言っとく(笑)


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@自分 2009.02.25 (水)
ionさんのコメントに、最近聴いてる曲は?と書いてあったので、
コメントでお返ししようと思ったけど、どうせならYouTube貼っちゃおう!って事で、
日記に書く事にします(笑)

小学生時代は、歌謡曲にどっぷりでした。
初めて自分で買ったレコードは郷ひろみでした(笑)

中学時代も、引き続き歌謡曲と、学校で英語を習うようになったのと、
兄姉の影響で、洋楽にも目覚めて、深夜ラジオでよく聴いてたなぁ。
最初に歌えるようになった(と言っても、明星とかの歌本に載ってるルビで憶えた)のが、
カーペンターズの「Yesterday Once More」
その後、Bay City Rollersが現れて、ハマりましたね、タータン旋風に。

高校時代は、世良公則とTWISTにハマり、Southern All Starsにハマり、
世良さんの影響でRod Stewartにハマり・・・。

社会人になって、友達の影響でRainbow、Whitesnake、Deep purpleなどの、
ハードロック系にハマり、その熱が冷めた頃、突然、チャゲアスにハマり、
その後は、特に新しいアーティストだのグループにハマることはなく、
昔のポップスやロックのオムニバスアルバムなどを聴いてました。
あ、サザンだけは、ずーっと飽きる事なく聴き続けてましたね。

2005年、SE7ENと言う歌手の、シングルCDに入ってた韓国語の曲を聴いて、
ノックアウト食らいました(日本語曲は琴線に触れなかったのに)
↓この曲です@韓国の音楽番組のライブ


ちなみに、これが日本デビュー曲


私は好きになると、結構一途なタイプのようで、1年半ほどはSE7ENオンリーでした(*^-^)
ネッ友から、これも聴いてみてって教えて貰ったのが、
SE7ENの事務所先輩である、1TYMと言うHipHopグループでした。
聴いたら、これまた一発で落ちました。
オマケに、SE7ENよりも好きになっちゃって(笑)

↓これ。(HipHopだのラップだのなんて、好きじゃなかったのに)


もいっちょ、1TYM これもかなり好きな曲


そして、最近のツボは、BigBang。 SE7EN・1TYMの後輩です。
1TYMが2005年から活動停止してるし、SE7ENもアメリカでビューするったら言って、
行っちゃったままなので、仕方なく、BigBangも聴いてみるか・・・って聴いてみたら、
思ってた以上に、よかったのですよ、この子達。
才能あるし、歌は上手いし、性格も良さ気で可愛いし(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

↓彼らも日本でデビューしています。


↓毎日1度は聴いてる「붉은 노을(赤い夕焼け)」と言う曲。
何か可愛いし、楽しいので、癒されますね。


↓YGFamilyの舞台(2007年末の特番@韓国)


私はどうやら、彼らの所属事務所YG ENTERTAINMENT(YGFamily)の曲が好きみたいです。
@母 2009.02.21 (土)
今日は、夜中の3時くらいから後、毎時起こされてたので、
朝、携帯のアラームを止めた後も、あと5分・・・ってウトウトしてたら、
20分も寝過ごしてしまった!

慌てて朝食の準備をしてると、丁度トイレに起きた母。
機嫌は特に悪くもなく、「寝過ごしたから早く食べやなアカンねん」と言って、
コーヒーとパンを出して、一緒に食べた。
でも、あんまり食べたくないのか、私と半分こしたトーストも途中で置いてしまう。
しからば・・と、小さいクリームパンを渡して、
「これ、お母ちゃんの好きなヤツやで。甘いヤツ」と言って勧め、
何度も励ましつつ(?)、何とか一つ食べて貰えた。

まぁ、これだけでも食べたからいいか・・・と、お薬を飲ませたんだけど、
お薬は無事に飲んで貰えたものの、その後、着替えを促しても椅子から立ってくれない。
私がバタバタと、オムツの替えや着替えの準備をしてたら、
いきなり不穏が勃発。
それも怒りver!

何が原因でスイッチ入ったのか、さっぱり判らないけども、
とにかく、ご本人は怒りverで、パンの袋やコーヒーの入ったマグカップを手に持ち、
トイレの方へ歩いて行こうとするので、マグだけは「中身こぼれるから」と言って渡して貰った。
母がちょっとしか飲んでないコーヒーなので、まだたくさん残ったままだったから、
素直に私に渡してくれてホッとしたよ。
これ、ベッドの上や、PCに向かって投げられでもしたら・・・・・・(((;゚Д゚)))ガクガク

デイケアのお迎えは8時半頃の予定なんだけど、電話して1時間ほどずらして貰った。
ダメな時は、また電話する事にして、とりあえず様子見しますって。
ただの不穏の時と違って、怒りverの時は、放っとくのが一番なので、
好き勝手させておいて、私はPCしてた。
しばらく経って、こっちに向かって歩いて来た母の顔を見た時に、
その表情から、何となく憑き物が落ちたような?感じを受けたので、
「心臓の薬貼ろうかな?」と声をかけてみると、
「そうか」と、普通のトーンで返事が戻ってきたから、あぁ、もう大丈夫だなと思った。

フランドルテープを貼って、機嫌を取りつつ、着替えを済まし、トイレも済まし、
お迎えまで時間があったので、「これ飲んだら?」と、殆ど飲んでなかったコーヒーを渡すと、
すっかり冷めてたせいか一気飲みして、「全部飲んでしもうた」って(笑)
さっきまでとはウソみたいに穏やかになって、
1時間遅れて、迎えに来てくれた車に、機嫌よく乗って行きました。

連絡帳によると、センターでは入浴後にちょっとイライラして、
徘徊と、時折大声出してた旨、報告があったけども、戻った時は普通の状態だった。
夜ご飯前、ご飯時、ふと不穏になりそうな雰囲気になるんだけど、
そうはさせまいという私の頑張りのお陰?(自分で言うか?^^;)で、
無事に、ご飯と食後の投薬も済ます事ができた。

その後、私がPCしてたら、父がまたいらん事を言って、
またぞろイヤーな雰囲気になったけども、私が母を促して寝かせたので、THE・END。
今のところ、おとなしく寝てくれてます。
時折、何かしゃべり出すけどね(笑)


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.02.19 (木)
今朝は、デイケアお休みの日なので、ゆっくり朝寝。
ゆっくり朝寝っちゅーても、ぐっすり朝寝ってわけじゃなくて、
なんども起こされーのしつつ、お休み日だから、ゆっくりしとこう・・ってだけね。

まぁ、概ね平穏な一日だったな。
何度か不穏になりかけた・・・ってか、なってたけど、
そのつど、私が傍に座って、一緒にテレビ観ながら相手をすると、
それ以上はエスカレートする事なく済んだ。

傍に・・って、ホントに足元に座って顔を突き合わせてないとダメなのね。
狭い家の狭い部屋のことだから、私がPCしてるコタツと、
母が座ってるテーブルのところなんて、1mも離れてないんだけど、
狭間のガラス戸を開けてても、お互いに覗き込まないと顔が見えない。
母が何か言うのに、返事をしてても、顔を見ながらと違うから、
不穏がエスカレートする事もしばしば。

その不穏にしても、いつ何時スイッチ入るか予測できないので、
母のいる時は、一人に出来ない。
お風呂はデイケアに行ってる間に入っておくけど、時にはトイレに窮する事も。
2~3年前なら、父が一緒にれば安心して風呂にも入れたけど、
今は父と2人にしとくと、余計に心配。

前にも書いたけど、父は常識的な言動を母に求めるため、
自分の思い通りに?願う通りに?ならない母に対して、じきに怒り出すから。
たまに介護苦から起きた事件のニュースを見るけど、判る気がする。
父は目に見えて、母に対する辛抱がなくなってきてるから、
よもや父に限ってそんな事はないと信じてるけども、
人間やから、カーーーッと頭に血が上ったら何が起きるか判らんもんね。
自分が体の調子の悪い時などは、特に心の余裕がなくなるし。

何はともあれ、適度にストレス発散して、↓↓↓な気分にならんようにせんとね。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.02.17 (火)
カテゴリーは「@母」だけど、「@父」でもあり。

このところ、何となく日記を書く気力がなくて、サボってました(笑)
まぁ、いつもと変わりない日々を送っておりましたです。
特別な事件(?)もなく(・∀・)

昨夜も夜中にトイレ付き添いしたけど、用が済めば、すぐに寝てくれた。
でも、5時台の時には、「まだ早いよ。もうちょっと寝れるよ」と言っても、
何やら、母なりの理屈をこねて、うろつき始めた。
多少不穏気味とはいえ静かだったので、私はコタツに横になったまま見守ってた。

私と母が寝てる部屋から、ガラス戸を開けたところに父が寝てるんだけど、
母が、父の布団を触ったらしい。

「何で布団をめくるんやっっ!」と、父が声を荒げた・・・ら、
その瞬間に、見事にスイッチが入りましたがな、怒りver!
まー、ホントに一瞬に豹変したもんねー。

父はそのまま2階の布団に寝に行ってしまった。
ここ数日の暖かさがウソのように、冷え込んでた昨日・今日。
私も、コタツから出たら震え上がるくらいなのに、
私より薄いTシャツの母は、そんなのお構い無しでうろつきまわる。
母のスイッチが入った時点で、念のためエアコンのスイッチも入れたけど、
トイレの方に行くガラス戸と、さっきのガラス戸を開けて行ったり来たりを繰り返すもんで、
エアコンが暖まる間がない。
何せ、廃屋寸前の穴だらけ、隙間風入り放題の家なもんで、
トイレ側のガラス戸を開けると、クーラー入ってるのか?ってなくらいの冷気が(笑)

さっきまで、電気毛布の入ったぬくぬくのお布団で寝てた事を思えば、
この寒い中、ウロウロしてたんじゃ心臓に良くない。
でも、上着をかけてあげようとしても拒否されるので、お手上げ。。。
怒りverだから、何を言っても文句言われるしね。
たっぷり1時間くらい経った頃、母の手首をつかんだら、ものすごく冷たい。
あまりに冷た過ぎるので、「大変や!めっちゃ冷たなってる!」と、大げさに声を上げて、
「早ぅ、温めなあかんわ!早ぅ、布団入り!」と言うと、やっと横になってくれた。

それが7時前の事だったので、
今日のデイのお迎え時間を遅らせて貰おうと思ってたけど、
7時45分頃になって母が起きたため、ちゃっちゃと用意したら間に合うかも?と、
「寝過ごしたから、早く学校行く準備しよ!」と急かして、朝食を済ます。

その後、「あと10分しかないから早く着替えよう」と、着替えを始めたんだけど、
いつものように上を先に着替えて、その後、ベッドに手をついて貰い、
ズボンとパンツを脱がせた途端に、シャーーーッと・・・・・・・/( ̄ロ ̄;)\
慌てて脱いだオムツで受けたけども、床にもホットカーペのカバーにも、
コタツの毛布にもオシッコが!
あぅぅ、私の寝床がぁぁ・・・・・( ┰_┰)
それ以上に、時間がないってのに、何でこんな時に~~~ってな状態。

慌てて、お風呂場に行って、お湯で濡らしたタオル持って来て、母を拭いて、
パンツ穿かせて、ズボン穿かせて、コート着せて、
雑巾持って来て床を拭いて・・・と、この巨漢の私が、驚く程の身軽さで動いたもんね。
いやはや、やれば出来るってもんだ( ← いつも、やらなさすぎるとも言える)
ビューンと小走りに車椅子を押して行ったら、既に車は到着してた。
ちっ、こんな時に限って遅れたりはしないのだね。
時間前に行って待ってても、10分以上待たされる時もあるってのに。

と言うわけで、今日は嵐のような朝でした。

それにしても、オトン。
布団めくったって言っても、ちょっと触った程度やろうに。
何もドラマで子供を起こす時みたいに、全部はいだ訳じゃないんやから、
いきなり、そんな怒・怒・怒な声を上げんでもええやないのー!

정말 힘들어 죽겠단말이야!!!

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.02.12 (木)
今日はデイケアはお休みの日。
母は、「お医者さんへ行かんと」とか、「仕事に行かんと」とか、
「家に帰らんと」と、相変わらずの言葉を口にするものの、
私が傍にべったりついて相手をしてると、そう機嫌は悪くなかった。

お昼ご飯を食べた後、しばらくしたらテレビに向かって文句を言い出したので、
鬱陶しくなったのか、父が2階へ上がっていった。
その後も、私が母の足元に座って、一緒におせんべいを食べたり、
話しかけたりして、一生懸命に機嫌取りに勤めたので、
一時は怪しくなりかけた雲行きも、何とか悪くならずに済んだ。

夕方、父が降りてきてから、私はお米を洗いに台所へ立ったら、
突然、母の大きな声が聞こえてきた。
最初に何を言ったのかは判らなかったけど、母の方を振り向いた時には、
「殺すんか!」って怒鳴ってた。
お米を放っぽり出して、慌てて飛んで行くと、
床に座ってる父はカーボンヒーターを抱えてる。

きっと真相はこうに違いない。
私が傍を離れたので、立ち上がった母は、いつもの如くカーボンヒーターを触って、
母がヒーターを触る事を、異常に嫌悪する父が、
物も言わず、ヒーターを奪い取った。
子供がオモチャを乱暴に取り上げられたら怒るのと同じで、
母もムカッと来て怒鳴ったんだろうと。
絶対にそうだ。
私が1時間も2時間もかかって、一生懸命に機嫌取っても、
父は一瞬にして、その苦労をぶっ潰してくれる。
ホントにもうっ!!!ヾ(`д´゛)ノ

私がなだめても、母は悪魔verになっちゃってるので、言う事を聞いてくれない。
キッと睨んで、悪態吐かれる。
テーブルにあったお箸も投げる。
もっと悪くなったらたまんないから、父に2階へ上がってもらって、
私も台所で洗い物をしたり、お風呂場で洗濯をしたりして、母を放置しといた。
そのうちに、ベッドに横になったので、私も隣のコタツに戻って、しばらく様子見。
時々、何か言うのに返事をしていたら、ちょっと落ち着いてきた様子。

友達から電話があったので、携帯を持ってお風呂場の方に移動してしゃべり始めたら、
母が覗きに来たので、一緒に戻り、ベッドにふたりで肩を並べて座った。
電話は切ろうかと思ったけど、母がおとなしく座ってるので、
そのまま20分くらいかな、通話を続けた。
電話が終わっても、母はおとなしいままで、
「この電話でしゃべるとタダやねん(白い銀行・白い計画のタダ友)」と言うと、
「へぇー」と言う、判ったのか判らんのか判らん返事(笑)
でもまぁ、悪魔祓いは出来た模様で、ホッとした。

父が寝ていて、「ご飯出来たよ」と呼んでも降りてこないので、
母に先に食べさせといた方がいいかもと思ったから、私も一緒に食べた。
「いきなり黄金伝説」を観ながら、機嫌よく食べてくれた。
いつもなら、食べ終わったらすぐに布団に横になるのに、今夜は行かない。
父がいないのを、多少は気にしてるのかな?
1時間ほど経ってから、父が降りてきて、食事をし始め、
「おみやさん」「只野仁」を観てた時まではよかったけど、
その後、「報道ステーション」が始まった頃、またぞろ、母が文句を言い出した。
父が横になり、私がコタツに戻って、母の傍を離れたせいかな。

何かゴチャゴチャ訳のわからない事を言ってるので、
「私が片付けるからいいよ。電気も私が消すからいいよ」って適当に言うと、
「アンタ、何を言うてるのか判らん」って言って睨まれた( ̄▽ ̄;)
たいていは、意味不明な返事を返しても、納得してくれるのに・・・・・(笑)

父の着ていた服やズボンを触るので、「触らんと、そこに置いとき」って言うと、
そのズボンを私に向かって投げてきた。
何を言っても無駄なので、知らん顔してPCに向かってたら、
何やら文句言いつつも、布団に入って横になった。
とりあえず、これで今夜は収束かな。

また起き出して、怒りver不穏再開されたら困るから、私も、もう寝よっと。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ


@父 2009.02.08 (日)
テンプレを替えてみました。
ちょっとした気分転換(笑)

昨夜と言うか、4時前だったから、今朝か。
母がトイレに起きたのを察知して、私も起きて付き添い。
母を便器に座らせて、私は待機してたんだけど、
そこへ2階から、父が同じくトイレに起きて来た。

こっちに歩きながら、既にズボンに手をかけて、「早ぅ、出て」と。
私もしたかったけど、そこは父を優先しなくちゃと、
母に「お父ちゃんがトイレ待ってるから、早く出たって」と頼む。
その間も父は待つ事なく、私のすぐ後ろまで来て、「早ぅ!」と急かす。
母が立って、ペーパーで拭いてるのに、父は待ちきれずに、
トイレの横に置いてある、猫のトイレに・・・・・・・・・。

|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

母が出たので、父が(途中で止めたのか何なのか判らんけど?)トイレに。
父がトイレにいる時に、猫が猫トイレを覗きに行ったものの、
入らないで帰ってきた。
そりゃそうだろ、自分の糞尿で汚れてても嫌がるのに、
人間のオシッコのニオイがしたんじゃ、入らんわなー。
父が出たあと、猫トイレを掃除し、トイレ本体や床に飛び散ったオシッコを拭いて、
新しい砂も入れてやり、猫を連れてきて入れると、すぐさま、シャーーーっと。
我慢してたんだねぇー(笑)

それにしても、前後5分でも違えば、スムーズにトイレに入れたのに、
何で、狙い済ましたかの如く、同じ時刻に行くかなぁ?
逆はしょっちゅうあるのよね、父のトイレに母が起きて、順番待つのは。
父はドタドタ歩くから、イヤでも目が覚めてしまう。
目が覚めると、何となく尿意も感じちゃうのが人間の生理?
でも、母の場合はおとなしく待ってるけどね。
漏らしたところで、紙オムツしてるから安心だし。

父、2階で寝る事が増えたから、夜中のトイレに階段下りるのも大変だし、
簡易トイレの購入を検討した方がいいかな。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.02.05 (木)
今日はデイケア休みの日。
父・母共に、月に1回の通院日。

不穏ではなかったものの、朝ご飯は殆ど食べてくれなかった母。
9時半頃、父が車椅子を押して病院へ行き、戻ったのは昼前だった。
検査とか点滴とかしてるのかと思ったけど、単に込んでただけみたい。

玄関の開く音に、私が出て行くと、丁度父が何か怒鳴ってた。
「何やのん?」って訊くと、早く中に入れと言うのにゴチャゴチャ言って入らないので、
イライラしての文句言ってるようなので、私が優しく誘導して中に入った。

父がトイレに行って、私が車椅子を片付け戻って来て、
ベッドに腰掛けた母としゃべっていると、父がトイレから出てきた。
母が「あ、おかえりなさい」って声をかけたけど、無視。
向こうで座った父に、「さっき怒られたから、気を使うて声掛けてるのに」と私。

結局、母は、今日一日、父に気を使ってたな。
父はそんなこと気もついてないけども、私にはわかる。
怒られた時、不穏状態でもなく、勿論怒りverでもなかった母にしたら、
ごく普通に認知症なだけだから、父に怒られた・・って事実は悲しくて、
父が返事もしてくれないと、まだ怒ったままだと思って、機嫌を取りたかったに違いない。
そういう場面を目にする度に、ウルウルしそうになった。
このところ、目に見えて弱った父なので、
車椅子を押しての通院は、結構、体力が要ってしんどかったんだろうけど、
母は認知症なんだから、理解してやらないと・・・。

夜ご飯はちゃんと食べて、その後はおとなしく寝ていた母。
私は隣で、PCしてたんだけど、ついさっき、もわ~んとウ○チのニオイが・・・。
猫か? いやいや、これは猫のウ○チじゃないや。
寝ている母の布団をめくったら、クンクンするより先にニオイが!(笑)
そろっとパンツをめくったら、思いっきりゲリッピーしちゃってて、
自分でも気持ち悪いからか、無意識に手で触ったらしく、
手の先っちょにウ○チついちゃってるし~~ (゜Д゜;)
母に「ウ○チ出てるから、洗わんとあかんわ。手にもついてるし、起きて!」と頼むと、
「そら、大変や。起きやなあかんわ」と言って、すぐに起きてくれた。
下だけ脱がして、お風呂場でキレイに洗ったけど、素直で助かった!
これでもし怒りverで、洗うのを拒否されたりしたら・・・・・・・。
あー、考えただけでも恐ろしい!(((;゚Д゚)))ガクガク


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.02.04 (水)
結局、私は一睡も出来ずに、
母のベッドで、布団に包まって、じーっと座って朝を迎えた。
6時半頃に、1度起きた母は、トイレに行きたそうだったので、
「行こ!トイレ行こ!さっ、立とう!」って、促したものの、
全く不穏の状態に変わりはなく、また横になって寝てしまった。。。

7時を過ぎても状況は変わらないので、デイケアセンターに、
メールで状況をお知らせし、今日は休むことに。

8時過ぎてから、母が何か私に声をかけたので、
「もう、学校(デイケアの事)行く時間やで。行かへんの?」と言うと、
「え?もう行くの?」と。
「ほな、起きよか?」と言うと、「そやな」と言って、よっこらしょ・・・と、
いとも簡単に、あっさり立ち上がったではないか!
うそぉ~~~~~ん!
夜通しのあの苦しみは何だったのよーって感じだよ、全く。

すぐにセンターに電話をし、やっぱり行く旨を伝え、お迎えの時間を30分ずらして貰った。
立ち上がってすぐに、トイレに連れて行ったら、もうオムツはずぶ濡れ!
ズボンまで少し浸透してたよ。
私の寝場所であるホットカーペのカバーも、多少・・・・・( ┰_┰)
しかし、すんなりとパンツ交換し、着替えもサッサとしてくれて、
朝ご飯もしっかりと食べてくれて、どれだけホッとした事か。

だってさ、デイを休んで、このままの状態で床に転がってたんじゃ、
いつまで経っても、私は眠れないもの。
連絡メールを入れた時点で覚悟はしたものの、不穏に付き合うだけじゃなく、
自分がそもそも風邪気味の上に、この睡眠不足に身体が持つか不安だった。
お迎えの車に乗った母を見送った時の安堵感と言ったらもう・・・(^-^;)

ゴミ出しをして、朝ご飯を食べた後は、すぐさま母のベッドに転がり込んで、
たっぷり2時間、爆睡しましたよ。
爆睡したけど、起きたら頭痛が・・・・・・。

夕方、少し早めに帰宅した母は、センターでも調子よかった模様。
機嫌も悪くなかったけど、夜ご飯は少しでリタイヤしてしまった。
しきりに、「お母さんのところに帰ってくるわ」って言う。
布団に寝かせたけど、寝れないらしく、「やっぱり行ってくるわ」って。
もう2時間ちょい、横になっては起き、ウロウロし・・・って状態が続いてるところ。
困ったなぁ、この状態が、夜中も続いたら、私ゃ、ヘロヘロになりそうだ。
とりあえず、これをUPしたら、もうPCは消して、私も寝る事にする。
真っ暗になったら、母も寝てくれるかもしれないので。 ← 希望・願望・熱望!

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.02.04 (水)
昨日はデイへのお出かけも、夕方戻ってからも、特に問題なく、
夜ご飯もしっかり食べて、横になった母。
隣のおコタで、私が内職の仕事をしてても、うるさがる事もなく、
いつものように、時折何か言うのに、返事しつつ平穏な夜を過ごしてたのだけど、
23時を過ぎた頃、ムクッと上体を起こしたのは目の端で捕らえてたんだけど、
丁度メッセージを書いてるところだったので、そっちに集中してたら、
トイレに行こうとしたらしい母が、よろけて尻餅をついちゃった。

「ごめん~、私が内職の仕事を置いてたから・・」って謝ると、
「こっちこそごめん」と母。
「立てる?」と、手を貸して立たせようとしたら、見る見るうちに不穏になって行って、
何も会話が通じなくなり、「放っといて」「このままでいいねん」などと・・。
まさか、これから夜通しの戦いが始まるとは、まだ、この時は思ってもなく、
以前に、同じように尻餅をついた時に、玄関に下りる段差のところまで行けば、
椅子のようにして足を下ろして立つ事ができたので、ちょっと時間が経てば大丈夫と高をくくってた。

ベッドとコタツの間に座り込んでたのが、そのうち寝転んじゃって、
くの字型に折った上半身のみが、かろうじてホットカーペに乗ってると言う状態。
とにかく毛布をかけて、何とか足をコタツの中に入れようとしたけど、
文句を言われるので断念。
床に転がってるんだから、当然寝心地は悪いわけで、
何度も仰向けになったり横になったりする母に、そのつど声を掛けるものの、
毎度毎度、拒絶され、結局、そのまま見守ってるしかなくて。。。

2時前に母が体を起こしたので、何とか機嫌を取って、
玄関の所まで足を引っ張って行こうとしたんだけど、
あと少しって所まで来れたのに、そこで激しい抵抗にあってしまった。
結局、またズルズルと後退してコタツに戻る。
でも、さっきよりホットカーペットからはみ出てて、よろしくない
何を言っても聞く耳持たないし、毛布を掛けても怒られる始末。
不穏徘徊時に、自分から布団に戻るのを待つしかないのと同じく、
自分から立とうとするまで待つしかないのかな。
でも、私も昨日・一昨日と2夜連続で、毎時起こされたもんで、眠くて眠くてたまらんのよ。
母のベッドで横になってると、つい寝てしまいそうになり、
母の動く音で、ハッと現実に戻る感じ。
睡魔との闘いは、かなりつらい。
エアコンも点けたので、ノドも渇くし、頭もボーッとするし(眠気でか?)、
だんだん気分も悪くなって来た。
PCは消してるので、眠気と戦うために、これ携帯にメモってるところ。
あーあ、もうじき3時だよ………

せめて、コタツに足を入れて、真っ直ぐに寝てくれたら…と思うけど、
それすら拒まれて怒られて・・・・・あ、今、寝言言いながら毛布はいじゃった。
エアコン点いてない方がいいのかな?

もう4時になった。
あれからエアコンは消したんだけど、時折寝づらそうに動く母は、
どんどんカーペットから逸れていっちゃう。
電気ひざ掛けがあったのを思い出し、取りあえず下半身に掛けた。
枕になる物を手で探ってるようなので、置いてあげようとしたけど、
体に触ると「殺される」なんて物騒な事を口走るので、何も出来ない
2夜連続の毎時間起きは、母にしても当然寝不足だったわけで、
こんな床に転がった状態でも、寝心地悪いながらも、イビキかいてるし、
寝言まで言ってるよ、「殺される」って…( ̄▽ ̄;)

4時半、完全に目が覚めた様子なので、「トイレは?」と聞くと、
「行きたい」って言うので、もしかしたら立ってくれるかも?と希望を持ち、
骨を折ってはみたものの、一度は立ちかけたのに、
毛布やら座布団やら、あれこれ触っては、意味の通らない話をして、
仕舞いには、私に、「あっち行って、もう帰って」って。
それでも、コタツより前に足が来たので、布団をめくり、足を入れるように促したら、
それだけは素直に聞いてくれたので、さっきまでよりは、暖かな状況で寝れる。
後はトイレの心配だけ、紙オムツの許容量超えてるんじゃないかと思うし・・・・・・。

わぉ、とうとう5時だぁ!

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.02.02 (月)
昨日は在宅日。
でも、このところの在宅日がそうであったように、
昨日も、概ね、平穏無事に日が昇り日が沈みましたね。
朝・昼・晩の食事もスムーズで、
特に、夜なんか、私が食べさせなくても、自分でスプーンを持って、
サッサカサッサカ食べて、たぶん15分くらいでお茶碗を空にしたかも?
まぁ、おかずは私がお茶碗に載せてあげてたけど、
自分で食べてくれると、とっても、とっても助かるわ~!

そうやって夜ご飯は、テキパキと和やかに食べ終わったけども、
夜中は、毎時間、一度は起きました。
怒りverではないんだけど、
「触らんとって」「放っといて」ってな事を言われて、見守るしかなく。
そう言えば、「殺してくれへんか」とも言われたなぁ。
「そんなこと、言うたらあかんやん」ってやんわり言ったけど。
別に本心からそう思ってるんじゃなく、ただ口をついて出るだけと思うけどね。
怒りverの時は「殺すんか!殺すんやったら殺せ!」だったりするし。
その時は、「殺せへんよ。捕まりたくないもん」って返事したけども( ̄▽ ̄;)

今朝も6時台にうろついてたけど、7時頃に横になったら寝てしまって、
私も、15分に目覚まし鳴ったけど、あと5分だけ・・・ってウトウトしてたら、
15分も寝過ごしちゃって、慌てて朝食準備して母を起こした。
起こした時は、機嫌も治ってたので、
「時間ないから早く食べて用意せんと!」と急かしたら、
サッサと食べて、サッサと着替えも終わって出かける事が出来た。
うーん、時間ない~~って言ってる方が、スムーズに進む様子(笑)

夕方に戻って来た時も、調子は良さ気で、
ベッドに座らせてから、小さいあんドーナツをあげると平らげた。
しばらくしたら、「あっち(テーブルの方)へ、一緒に行こか?」って言うので、
「ご飯の支度せなアカンから一緒に行くわ」と笑って、母の後ろに続いたら、
椅子の前で止まって、何かゴソゴソやってる。
母が座ってくれないと通れないので、座るのを待ちつつ、
猫と父の方に気を取られてると、椅子に座った母が「あっ、寒い」と。
その言葉に母をよくよく見たら、

|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||おーまいがーーー!

パンツ下ろして、座っちゃってるではないかっ!
「お母ちゃん~~、ここ、トイレちゃう~~!」
「立って!早ぅ、立って!もうオシッコ出てしもた?」
まだオシッコは出てないって言うので、何とか立たせてパンツを穿かそうとしたら、
立った途端に。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
慌てて、穿いてる紙オムツを広げてキャッチしたけど、半分くらいは椅子に・・・(汗)

椅子の前でモソモソしてた時に、ちゃんと見てればよかったと後悔しても後の祭り。
フリースの長いベストを着せてたので、
後ろからだと、パンツ下ろしてるのなんて判らなかったのよ。。。
まぁ、レザーの椅子だったからまだよかったけど、
そういえば、去年なんか、ベッドで同じ事されちゃったからね。
それからは、布団とシーツの間に、ペット用のトイレシーツを敷くようにした。

目を離したら何をしでかすか判らないので、
一緒にいる時は、家事をしてても、PCをしてても、
しょっちゅう、母の様子を伺ってないといけない( ┰_┰) ウルウル


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。