スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@母 2009.05.23 (土)
前回のひと悶着から、1週間過ぎたのねぇ・・・。
いやはや、あっという間に時間が過ぎていく。
激しい不穏の時は、なかなか時間が過ぎて行かない気がするのにねぇ。

今週も、まぁ、ぼちぼちの1週間だった。
とりあえず、先週のような激しい口論はなく、地味なドンパチ?程度。
結構、機嫌よかった方かなぁ。

20日(水)の朝、コーヒーのお湯を沸かすために台所に行って、
カップを持って来た時に、母は食卓の椅子のところに立ってたので、
「コーヒー入れるから、そこ座っとき」って声をかけて、また台所に戻った。
台所から母の様子を見ると、

Σ(゚д゚lll)  イヤな予感!

悲しいけど、予感的中。
食卓の椅子で、オシッコしちゃった模様・・・。
本人はズボンも上げて、スタスタとトイレの方に歩いて行く。
その後姿、ズボンのお尻が濡れてるし~。

とにかく、母の着替えを先に済ませて、
濡れた床の傍で、知らん顔でテレビ観てるオトンを尻目に、椅子と床を拭き、
母を座らせて、火にかけっぱなしで煮えたぎったお湯でコーヒーを入れた。

前回、椅子でしちゃった時に、ワーワー騒いだせいで、母が怒ってしまい、
着替えをするのに手間取ったことを反省し、内心は「もう~~!」だけど、
表面上は、何でもないように、淡々と処理をしたので、
今回は、機嫌を損なうこともなく、平穏にデイケアに出かけてくれた。

翌日21日(木)はデイケアお休み。
で、月に一度のケアマネさんの訪問日。
朝食の後片付けをして、テーブルを拭こうとふきんを取りに台所に行った、その時、

「あぁっっ!」っと言う母のプチ悲鳴が!

何事???
慌てて、母のところへ行ったら、猫のトイレの上でひっくり返ってる!
ご丁寧に、パンツ下ろして・・・_| ̄|○

はいな。
猫トイレをトイレと思って、パンツ下ろして座ろうとしたのね。
でも、猫トイレは低い!
そりゃー、思いっきりお尻から落ちるわいな~~!( ̄▽ ̄;)

母が床にお尻をついちゃうと、立たせるのが大変なのは、
過去日記にも書いたとおりだから、「どうしよう~」って脂汗が・・・。
でも、ありがたい事に、この時は、手を引っ張ったら、すぐに立つ事が出来た。
猫トイレには、母のウ○チが・・・(Α;´・ω・)
母のお尻には、猫砂が・・・( ;´・ω・`)(´・ω・`; )

幸い、母は何ともなかったので、お風呂場に入って貰い、
砂とウ○チの付いたお尻を洗った。
母は「おおきに、すんません」と、恐縮してたけど、
「えらい目に遭うたなぁ? でも怪我なくてよかったよなぁ」と、慰めた(笑)

先週から、そうやって、トイレの場所のしくじりが続いてるので、
それからは、母が布団から出たり、椅子から離れると、
行方を目で追わないと不安(^-^;)
怒りverでなければ、不穏時でも、「トイレ、そっちちゃうよ~」と声をかけて、
誘導すれば、すんなり従ってくれるので、とにかく、怒りverにならないように祈らなければ(笑)


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ                                                      


スポンサーサイト
@父母 2009.05.16 (土)
あんな日記を書いたら、心配かけるよなぁとは思いながらも、
昨夜はもう、ほんっとに「いい加減にしてくれ~~~!!!」な気分だったもんで。

昨日は、デイから戻った母はまぁまぁ機嫌よかったの。
私が抹茶オーレを作ってあげたら、おいしいって言って飲み干して、
私が台所仕事してる間も、テーブルの上のもので適当に遊びながら(?)、
置いてあったパンを食べたり。

父が買い物から帰って来て、母がマグの中にパンを入れようとしてるのを見て、
「そのカップは中入ってないんか?」って訊く声がしたの。
勿論、それに対する明瞭な返答なんて、あるはずもなく、ワケワカメな事を言うだけ。

父:「中入ってるんやったら、そんなとこパン入れたらアカンやないか」
母:「※$▲ё%◆×Σ♪&?#¥・・・」
父:「中、何も入ってへんのか?」
母:「※$▲ё%◆×Σ♪&?#¥・・・」
父:「えぇい!せやからなっ、カップの中は空なんかって訊いてるねや!」
母:「ああーもうっ!わかった!私、もう家帰らして貰うわっ!(大声)」
父:「えぇい!勝手にせぃ! 中身入ってるんかて訊いてるのにな、※$▲ё%・・・」
私:「もうー!放っといたらいいやんか。コップにパン入れたってええやんか」

父は怒って、十八番の不貞寝。
母はブツブツ言いながらも、椅子に座ったままだったので、
食べる準備をして、母に食べさせ始めたんだけど、機嫌悪くなってるから、
結局は、ちょこっとしか食べなくて、そのまま布団に横になった。
その後、父と私は食事を終え、父がまた横になり、私はPCを。
すると、起きた母が、ブツブツ言いながら食卓の方へ。

椅子に座るのを、ガラス越しに何気なく目にしたんだけど、
その一瞬の動作に嫌な予感がしたので、覗いたら、パンツ下ろして座ってた。
慌てて濡れた椅子や床を拭いて、母の濡れたズボンも何とか脱がせ、
なだめすかして、紙パンツも脱がせたのはいいけど、新しいのを穿かそうとしても、
怒りver炸裂で、穿かせてくれない。
下半身スッポンポンのまま、文句言いながら、ベッドに腰掛けてしまった。
座ったのを幸いに、無理やり、紙パンツとズボンをふくらはぎあたりまで突っ込んだ。
そのまま、私は汚した雑巾とかズボンを洗いに行って、途中で覗いたら、
ちゃんと上まで穿いてたので、安心して、他の洗い物もついでに洗ってた。

そしたら、父の怒鳴り声が聴こえて来て、そのうち母の声も大きくなって来て、
激しい口論状態に。
慌てて私が行った時、父が別れるんかとか、別れよかとか言ってたと思う。
母が座ってる食卓の椅子は、右は物入れでデッド、後ろはガラス戸でデッド、
前には当然テーブルがある訳で、動けるのは右側だけ。
母はいつもテーブルの方は向かず、右側を向いて座るんだけど、
この時の父は、その右側の母の目の前に立って、テーブルに手を置いて、
座ってる母に食ってかかるような状態で、怒鳴り散らしてた。
手を挙げたら届く距離だし、ナツメ球の灯りだけの中で、二人とも目が据わってる。
ちょうど私が傍に立ったのと同時くらいに、母が「殺せやー!」って怒鳴った。
父がワナワナワナ・・・って感じで、何か言おうとするので、
思わず、「いい加減にしーーー!!!」って、私も怒鳴った次第。

私は嬉しかろうが、ムカつこうが、金切り声って出さないのね。
普通にしゃべる声も低いし、腹が立っても、あんまりギャーギャーわめき散らさないし。
この1年くらいじゃないかな、結構大声出すようになったのは。
それも、いつの場合も、原因は父。

聞き飽きたセリフを繰り返す、「もう、ボクは一切口きかん」

怒りverの母はそっとしとくしかなく、私は風呂場へ洗濯に戻った。
父はトイレに入ったけど、まだ文句を言ってる。
「楯突くことばっかり言いやがって!」とか。

「楯突いてるんちゃうやん。何を言うてもわからへんのや。
キ○ガイ(差別用語だけど、そのまま言いました)やと思ったらいいやん。
キ○ガイにマトモな話しろとは言わへんやろ。
こんな生活がイヤや言うんやったら、それこそ、殺すか自殺するか心中するしかないで」

そう言うと、「ほな、キ○ガイやと思うことにするわ!」と吐き捨てて、
トイレから出て、さっさと2階へ上がって行った。
母はまだ怒りverのまま。
洗濯を終えて、点いてたPCも消し、部屋の電気も消して、私もまた寝た振り。
2時間近く、徘徊等は続いたけど、こっちが無視してるから、
そのうち、文句言いつつも、ベッドに横になった。

不穏時の母だけでも、かなり気がしんどいのに、父は毎回、毎回、毎回!
母をベーシックな不穏から、スペシャルに仕立てるのは、殆ど父。
私は、母じゃなく、父にショートに行って貰いたいと思う。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@父母 2009.05.15 (金)
大声で怒鳴りました。
介護始まって以来、いやいや、もしかしたら、生まれて初めて(幼少時代除く)かも。

ヽ(`Д´)ノウワァァン!!
ヽ(`Д´)ノウワァァン!!
ヽ(`Д´)ノウワァァン!!

こんな時、魔がさしてしまったら、
介護殺人とか介護心中事件とかに発展するんだ、きっと。

そこまで発展しなくても、
父も母も死んだらいいと思ってしまう。
私も死んでしまいたいと思ってしまう。


あー、イヤだ、イヤだ。。。
@父母 2009.05.12 (火)
今日は、待ちに待った父のデイケア無料体験の日。
昨日も、母に向かって、何度も「明日はお父ちゃんも一緒に行くからな」と言い、
それ以前に、12日に行くと決まった時から、「いつ行くの?」ってしつこく訊かれ耳にタコ。
よっぽど行くのが嬉しいらしい。

今朝の母は不穏・・・とまでは行かないものの、朝食のパンもひとくちしか食べない。
パンと薬を連絡帳の袋に入れて、センターにお願いする事に。
着替えはすんなりを済ませてくれたので、迎えの時間を待って、表にGO。
待つ暇なく、送迎車が来たので、二人とも上機嫌で乗り込んで出発した。

その後の時間は、私だけのパラダイス~~~♪
でも、昨日来た、手間のかかる内職の仕事がいっぱいあるから、
洗濯をした後は、韓ドラ観ながら仕事。
まぁ、それでも、父の傍迷惑な煙害からの、長時間解放は、それだけでパラダイスだわね。

夕方、そろそろ帰るコールがあるかな?と待ってたところに、いきなり父が帰ってきた。
「便所したい」と言って、靴を脱ぐなりトイレに直行。
ちびりそうだから、先に帰ってきたのか・・・と、慌てて車椅子を押して迎えに行ったら、
途中で、センターの車椅子で母が戻って来た。
お礼を言って、送ってくれたおにーちゃんと別れ、家の中に。

トイレから出てきた父が、
「今日はお母ちゃん、えらい機嫌よくて、手をこうやって(ジェスチャーする)踊って」と話す。
ベッドに腰掛けた母も、めっちゃ上機嫌で、意味不明なしゃべりをかましてる(笑)
父が買い物に出かけ、私が台所に立っても、今日は上機嫌をキープ。
センターの連絡帳にも、お父さんと一緒だから、いつもより機嫌がいいって書いてあった。
ホントに父がいるせいかどうかは、次回行った時に判るよね(笑)

今日の夜ご飯は親子丼にしたんだけど(実際は親子茶碗?)
母は遊びながらも、最終的にはよそった分だけは完食してくれた。
父が、鍋の親子丼の元(?)をすくおうとするので、
「そのまま食べるんじゃなくて、親子丼やからご飯にかけるねん」と言って、
「これくらいでいいか?」とよそってあげ、親子丼にしたまではよかった。

酒の肴に食べてたお刺身に、飾り的に頭を半分に割ったのが入ってたらしく、
それを父が、「猫、食べるかな?」って言うので、「そんなんやったらアカンで」と言った。
よそ見してたら、父が、お皿にその頭を入れて、たお(♂猫)の前に置こうとしたので、
「あー、そんなんやったらアカンてー!」と言ったら、それキレた父。
皿をバンッとテーブルの上に置いて、「もう、猫の食べるもんは一切買わへん」と。

(゚Д゚)ハァ?

自分のすることに、いちいち文句をつけると思ってるんやろか?
2~3日前にも、Tシャツからのぞく肌着の襟が、何だかやけに詰まってる気がしたので、
後ろ前に着てるんじゃないかって言ったら、文句を言いながらトイレに行った。
「こんな事も言うたらアカンの?」って思わず声が出たわ。
何もムカつくようなこと言ってないと思うのに。

今晩の猫の件にしてもそう。
小さいイワシなんかの頭と違う、4~5cmある魚の頭。
ウチの猫は11歳で、オマケに犬歯が1本抜けちゃってるし、
何より、そんなもん(頭)なんて、これまであげたりしてないのに。
1人前の甘海老だのボイル帆立だのを、わざわざ猫のために買ってあげてるのに。
何で、今日に限って・・・。
で、私にアカンって言われたからって、私は何も理不尽なこと言ってないのに。
言い方にしても、クソミソに罵倒したなら怒るのもわかるけど、
ちょっと声高に言っただけで、こっちにしたら、キレる意味が判らん。

「私が、お父ちゃんのする事に何も口挟まんかったらええんやな。
ほなもう、何も言わんようにするわ」

そう言った。
せっかく入れた親子丼も、もう食べないと言うので、
テーブルの上を片付けてたら、父は2階へ上がって行った。
ホンマ、ムカつく!!!

せっかく、今日は母も上機嫌で、私も一日お気楽出来て、いい気分だったのに、
一気にぶち壊してくれてさ。
ぶんむくれで、私はまた仕事再開。
母は、私が傍を離れても、食卓の椅子に座ったまま機嫌よく野球観戦してた。
私はその音声だけを聴いてたけど、阪神が金本アニキのサヨナラホームラン、
それも、球団の通算7000本記録の記念すべきホームランで、
まるで映画の筋書きみたいな展開に、ちょっとだけ、気分もよくなったけどね(笑)

でも、とりあえず、明日は、業務連絡(ご飯できたで…とか)以外は、
口、きかないつもりです、私( ̄‥ ̄)=3 フン


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ




@母 2009.05.10 (日)
소방차(消防車)の「어젯밤 이야기(昨夜の話)」と言う曲。


こっちは「オジャパメン」


これって、当時、デタラメな言葉で歌ってるのかと思ってた。
ちゃんと原曲アリだったってのは、後で知ったけど、
これに出てくる字幕は、やっぱり半分はデタラメだったわ(笑)



いやいやYouTubeは関係ないんだけど、昨夜の話って事で、つい(^-^ゝ

デイケアお休みの7日(木曜日)は、起き抜けからずーーっと不穏で、
朝も昼も食べないし、薬も飲めないし、寝ないのでリセットも出来ないしで、
私も精神疲労な一日だった。
夜ご飯は、何とか食べてくれて、時間はかかったけど、薬も飲んでくれて、
わりと、すんなり寝てくれたので、それだけは助かった。

翌日は、寝起きもよく、デイケアにも機嫌よく出かけて行って、
機嫌よく戻って来て、連絡帳でも、センターでも終日機嫌よかったとの事。
戻った時も穏やかで、ベッドに腰掛けてしゃべってた。
私が台所に立ってからも、おとなしく座っていた。
台所から、様子伺いしてたら、横になったり、また起きて座ったりを繰り返してた。

夜ご飯の支度ができたので、父が声をかけたけど、応答なし。
私が母の傍に行って、声をかけたけど、身動き一つなし。
「お母ちゃん、ご飯できたで」
声をかけつつ、触ってみたけど、やっぱり動かない??┏┃①。①┃┛ホエ?
今度は強めに、揺すってみたけど、微動だにしない( ;´・ω・`)(´・ω・`; )

「お母ちゃん、マジで寝てるん~?」(  ゜ ▽ ゜ ;)エッ!!
「お母ちゃ~~ん!」Σ('゚д゚'o)エッ?
腕を掴んで、わさわさと揺さぶるも、頑なに動かない。(;☉ฺд☉ฺ)エエッ!

父が、「脈は?」って言うので、手首を触ると、ちゃんと規則正しく打ってる。
父が耳元で「お母ちゃん!お母ちゃん!」と呼ぶも、動かない。
私が大声で呼びかけながら、左腕を掴むと、だらんとする感じ。
でも、肘を曲げてる右の腕を掴むと、力が入ってるっぽくて、多少、意思を感じる。
目を見ると、微妙に瞼がプルプルしてる。

「熟睡してたって、こんなに大声で呼んで、揺すっても起きひんなんておかしいやん」
|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| マジ~~?
こ、これって、もしかして意識不明なん?
救急車呼ばなアカンか?
今、兄貴、こっち(大阪)にいてへんかな?
いろんな思いが頭をよぎった。

父がベッドの足元の方に回り、声をかけ、私も腕や身体を揺すりまくる。
父が腕を取って、ちょっと引っ張った瞬間、

「何やのん~」と、母がちょっとニタッとした。


工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工



「ちょっとぉー、これって演技なん?」
脱力して、父はトイレに、私は母の横に座り込んでしまった。
そのひと言の後も、同じようにじっと動かない母。

戻って来た父は、食卓について、一杯飲み始めたけど、
私は、まだ横になったままの母の隣で、しつこく揺すって声をかけた。
「眠たいだけなん? それやったらいいけど」
「しんどいん?」

まだ半信半疑で、食べる気にはなれないので、傍で見守ってたら、
しばらくして、母が動いた。
「ご飯できてるで。チヂミ、焼いたで」と言うと、やっと身体を起こした。
やいのやいの言って、食卓の椅子にようやく連れて行った。

私:「ちょっと、ちょっとぉー!ホンマに、さっきのは演技やったん?」
母:「さっきの何?」
私:「さっきの死んだ振りやんか~!ホンマにもー、びっくりしたでー!腰抜けそうやったわ」
そう言っても、解ってるんだか、マジで何のことか解らんのだか、
ずっと、(・∀・) ← こんな表情の母からは、マトモな返答が戻ってくるわけもなく・・・。
でもまぁ、機嫌よく食卓についてくれて、ご飯もよく食べてくれてよかった。
私も、やっとホッとしたけど、あれは何やったんやろう?

健常者ならば、“寝た振り・死んだ振り”も出来るけど、
今の母に、茶目っ気(?)でああいう事が出来るとは思えないんだがなぁ?
しかし、あの時の「何やのん~」ってニタッとした顔は、いたずらっ子っぽかったんだけど。
あれが、マジで母の演技だったとしたら、大女優やで、ホンマ。



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@父母 2009.05.05 (火)
またまた、更新しそびれております(^-^;)

前回更新した4/30は、月に一度のケアマネさんの来訪日。
母は、いつもケアマネさんが来ても、殆どしゃべらない。
機嫌良くても、あんまり口はきかないのよね(Α;´・ω・)
って言うか、一緒にいる父が、しきりにしゃべってるってのもあるかも?
ウチじゃ、母は勿論、私もろくに父の話を聴かないもんで、
聞いてくれる人に飢えてるんだな、きっと。
だから、身内やケアマネさんが来ると、嬉しくてしゃべりまくるわけね。
私が相手としゃべってても、話の腰を思いっきり折って、横入りしてくるもんなー。

で、母の5月の予定はいつも通りってことで話は済んで、
ケアマネさんに、父の認定が要支援1だったことを報告した。
要支援の人は、サービスを受ける際に、最初に申し込む先が、
ケアプランナーのところじゃなくて、地域包括支援センターってなってたので、
まぁ、父の場合、すぐにサービスが必要ってわけでもないから、
とりあえず、次回ケアマネさんが来た時に訊いてみようと思って連絡せずにいた。

結果的には、ケアマネさんに地域包括支援センターへの段取り等、全てやって貰い、
先日、地域包括支援センターの人も来て、手続きし終わり、
これからは、母も父も、同じケアマネさんに担当して貰う事になった。
サービスは、月に4回のデイケア利用。
父の場合は月に4回しか利用できないらしい。
母の場合は通った日数で料金計算するけど、父の場合は、月にいくら・・なので、
「1回しか行かなくても同じ料金だから、行かないと損よ。
だから、行かないなんて言わないで、必ず、毎週行ってね」って、念を押されてた(笑)

来週の火曜日(12日)に、とりあえず、1度お試しって事で行ってみる事になった。
父の場合は人見知りもないし、出たがりやから、行くでしょ、毎週( ̄ー ̄)
来週、母と一緒に行くけども、母の様子が楽しみだ。
一緒に車に乗っても、センターで一緒に過ごしても、何の疑問も持たないかなぁ?
「何で、お父さん、ここにおるんやろう?」みたいな。
・・・・・・持たないだろうな、きっと( ;´・ω・`)(´・ω・`; )


えー、そんな父ですが、昨夜、夜中のトイレに行くのに、また足がおぼつかなくなって、
介助したものの、間に合わずに漏らしてしまいました~~。
トイレに行くまでに、既に多少は漏れてたんだけど、
トイレに入ってからも、足がフラフラだし、手に力が入らないし、
オマケに、早朝から起きて釣りに出かけたもんだから、夕食後バタンキューで、
着替えもしてなくて、5月と言うのに、表ナイロンの中フリースで2重になってるズボン穿いてて、
その上、まだご丁寧にパッチも穿いてるもんだから、脱げない。

便器の前で突っ立ったまま、なすすべもなく、そのまま・・・・・・(T_T)
出ちゃったもんは仕方ないから、とにかく、着替えさせないと・・・と、
便器に座らせて、全部脱がそうとするんだけど、↑に書いたような状況だし、
そこにオシッコでボトボトになってるもんだから、余計に脱げなくてね。
やっと脱がせた時には、私の手はもうオシッコまみれさー。。。

エライじゃん、私。
父が口をつけた飲み物や、箸で触りまくった刺身など、
勧められても、もっともらしい口実をつけて、絶対に口にしない私が、
袋菓子も、一緒に食べるのを敬遠する私が、
よりによって、オシッコにまみれながらも、ちゃんと世話してるなんてね。
もしかしたら、自分で思ってるほど、鬼娘でもないんかしら~~?(ΦωΦ)ふふふ・・・・


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。