スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@母 2009.06.25 (木)
23日火曜日、父と一緒のデイケアセンターの日。
センターでは機嫌よかったと連絡帳に書かれていた。
戻って来た時も、悪くはなかった。
このところ、デイから戻ると足の浮腫みが酷いので、
少しでも緩和すべく、ベッドに横になって貰うんだけど、
そうしてるうちに寝ちゃった模様。

で、ご飯時になって、声をかけたら、不穏になっていた。
ご飯は食べないと言って、横になったままブツブツ言っているので、
私と父は先に食事を済ませた。
程なくして起きて来た母、食卓に座るものの、食べずにしゃべり続ける。
声をかけても、文句が返って来るだけなので、放っておくしかなく。
父は、母に文句を言われてテレビを消し不貞寝から、ホントに寝てしまった。
椅子に座ったまま、テーブルの上のものを弄びつつしゃべってるだけなので、
私も横になって、ずっと様子見していた。

どれくらい経ったか、父が、「いい加減にしぃや!」と怒った。
それに対して、いやーな口調で意味不明な返事を返す母。
またバトルが始まったので、例の如く「何も言わんときぃや」と私が口を挟む。
でも、やめない父が、「いっぺん、ひっぱたいたろかっ!」と言ったので、
カチンと来た私、「いい加減にしっ!」と怒鳴った。
何かブツブツ文句言いつつ、父が立ち上がったので、2階に上がるのかと思ったら、
玄関に降りるガラス戸を開け、玄関に下りた。

折りしも、突然にバケツをひっくり返したような大雨が降ってた時。
「こんな雨の中、夜も遅いのに、外なんか行かれへんやん」と言うと、
上がりがまちに座り込んでる父は、「僕の事は放っといてくれ」と。
私はイライラで、「お父ちゃんまで、困らせんといてぇや!」と吐き捨てて、
そのまま戸を閉め、母に「お布団に行こう、寝よう」と促すも拒否され、
自分の布団に座り込んで頭を抱えていた。
30分ほどして、父が入って来て、そのまま2階へ上がって行ったので、
少し安心して、母を放ったらかしたまま横になった。
早く治まってくれ、お布団に来てくれと願いつつ、じっと横になって待ってた。

12時を過ぎて、声をかけた時には、ちょっと見込みありそうだったので、
しつこく声をかけ続け、布団に誘導する事ができた。
横になってからも、しばらくブツブツ言ってたけど、そのうち寝息が聴こえてきた。
やっと不穏収束で、ホッとした。

24日水曜日は、起きた時から機嫌よく、デイでも、戻ってからも良好で、
夜ご飯もきっちり食べて、夜もトイレに起きてもすぐにまた寝てくれた。

今日木曜日、デイケアはお休みで、月1回の通院日。
起き抜けの機嫌は良好だったし、朝もちゃんと食べて薬も飲んでくれた。
9時前に、父と一緒に病院に出かけて行った。
早ければ1時間もしないで戻って来るのに、今日はなかなか戻って来ない。
月に一度のケアマネさんの訪問日でもあるので、気になり、
2度ほど、表通りまで見に行ってみたけど、11時過ぎても戻って来ない。

その内にケアマネさんがやって来た。
しばらく話をしてると、父と母が帰ってきたようなので、玄関先に迎えに出ると、
母の顔が真っ赤、そして、左のこめかみから目の下にかけて、紫になり腫れてる。
ビックリして「どないしたん?」って、父に訊くと「こけたんや」と。
今日はお天気もよくて、暑かったのもあって、母のどこを触っても熱い。
「お母ちゃん、中に入ろ」と声をかけると、不穏が酷く、怒り気味。
よくよく見たら、ズボンが膝まで降りてる、パンツも途中まで脱げてる。
車椅子には新聞が敷いてあって、裸のお尻でそのまま座ってた。

とにかく中に入れないと、どうしようもないので、
ケアマネさんに手伝って貰って、何とか家の中に入れ、
濡れてるズボンやパンツも、ケアマネさんの手助けで着替えて椅子に座らせる事が出来た。

病院のすぐ近くで起きた出来事のようなので、
その辺の人に、病院から誰か呼んで来て貰えばよかったのに。
そしたら、打ったところの手当てもしてくれて、車で送って貰えたかもしれないのに。
父は、打ったと言ってもたいした事ないと言うので、
「こんなになってる(顔の腫れ)のを見てもなんとも思わんの?」と訊くと、
父は、「なんとも思わん」と。

ケアマネさんが帰ったあと、どうなったのか詳しく聞こうと思っても、
父も、もうあんまり覚えてないらしい。

気がついたら、店のところを伝うて歩き出してて・・・
座り込んでしもて、車椅子に座らせようとしても動かんで・・・
何人も人が手を貸してくれたけど・・・
誰かがおまわりさんか、腕に腕章した人間を呼んできて・・・

父が話したのはそれくらい。
始まりはどうであれ、事が起きた時に、きつく罵声を浴びせたんじゃないのかな。
ただブツブツしゃべってるだけでも怒り出す父だから、
そんな事になって、焦っただろうし、怒鳴り散らしたんじゃなかと。
で、どんどん母の不穏は酷くなっていって。

こんな事が起きるのを心配してた。
この3ヶ月ほど、通院日はドキドキもので。
先月は、帰りは病院の人に車で送ってもらって帰って来たので、
今日も行く時に、父に、「何かあったら病院に送って貰えないか頼んでみてな」と念を押してたのに。

丁度、ケアマネさんが来てた事もあって、来月からはヘルパーさんをお願いする事にした。
月に一度の事、それも時間的にも短時間なので、
経済的にも、そう負担にはならないだろうと思うし。


病院の横にはスーパーがあり、人通りもかなりある。
そんな中、パンツを下ろして座り込んでる母の姿を考えただけで涙が出る。
好奇の目、同情の目、憐憫の目の的になる父と母。
ホントにつらい。
私さえしっかりしていれば。
私がどこへでも連れてってあげられれば、問題ないのに・・・。
すごく凹む。
ホントに、自分が情けない。
何で、こんなんなんかな、自分。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

スポンサーサイト
@母 2009.06.18 (木)
タイトルのホーミー、知ってます?
不穏時にブツブツ言う母の声って、ホーミーみたいだなと密かに思ってます(笑)
何かね、声が二重に聴こえるんですよ。
低い声で、しかも二重に聴こえる陰気な呟きは、
こっちの気持ちもユーウツにさせてくれますわ、ホント。

さて、
このところ、センターでは、比較的(あくまでも)、穏やかに過ごしているらしい。
連絡帳を見ても、うろついていたけど、大声は出されませんでしたとか、
機嫌よくお風呂に入って頂けましたとか言う記述が(^-^;)

火曜日は、父と一緒のデイ通所日。
「今日も、お父さんと一緒やからか機嫌よく過ごされてましたよ~」と。
でも、家に帰ってきてしばらくしたら、不穏が始まった。
食卓の椅子に座ったまま、意味不明な話をエンドレス状態の母に、
例の如く、父がキレる。
せっかく炊き込みご飯を炊いたのに、母は食べないと言う。
父は不貞寝状態のままだし、私だけは平静を装って食べる。
母も、ブツブツ文句やら意味不明の演説をぶちながらも、
ちょこちょこっとは、ご飯もつまんでいた。
母のその状態は、8時を過ぎても治まらず、「ご飯食べたら?」と父に声をかけても、
「もうご飯食べるような時間と違うからいい」と言って本格的に寝る体勢。
訳あって用意が遅くなった時は、8時台に食べる事だってあるのに、
全く、その場その場で、自分勝手な理屈をこねる。

昨日は戻って来てからも機嫌よく、夜もトイレは2回ほど(たぶん)で、よく寝てくれた。

今日は・・・朝から不穏。
ガラス戸の開け閉めに対して、父がキレる。
キレる父に対して母もキレて大声で悪態を吐く。
「殺せや」だの「死んだ方がマシや」だの、それこそ“不穏”な事を口走る。

デイは休みなので、いつもより遅い時間に朝ご飯。
その時は、まぁまぁ食べてはくれたけど、薬を飲んでくれない。
飲んでくれないまま、気がつくとお昼!
お昼ご飯の用意をして目の前にご飯を置いたら食べない宣言。
一人でしゃべって、一人でヒートアップしていく母。
食べへんと怒ってるので、「はいはい、ほなら食べんでもええよ」と言って放置。

父が、またまた母に文句を言うので、黙って相手にしないようにと言う。
私と父の会話にも、母は過剰反応して怒る。
イライライライライラ~~~な表情アリアリの父も、ご飯を食べないと言うので、
もう、食事直前に飲んで血糖値を下げる薬を飲んでしまったから、
「半分でも食べんとアカンよ」と言って、食べて貰う。
母の悪態を聞きながら、ほんのちょっとだけ口をつけた。

その間も断続的にしゃべり続けてる母、私が父にかける言葉に声を荒げ、
父に向かって「出て行って」と言い、父も「判った、出て行くわ」と。
出て行こうとする父に、脱水症になったらアカンので、水筒のお茶を持たせた。

父が出て行ったあと、2口ほどご飯を食べさせたけど、
暑いので、2階から扇風機を持って下りて来て、また食べさせようとお茶碗を触ったら、
「いらわんといてっ!(触らないでの意)」って怒られたので、また放置。
放置したまま、こうして日記を更新している次第(笑)
ずーっと何か言ってますよ、今も。

チラッと覗いたら、菓子パンを開けて食べてた様子。
弄ばれたパンの残骸が・・・・・( ̄▽ ̄;)
まぁ、何でも、食べたんならいいか。
でも、薬どうしよう?
もう3時前だし・・。
って言うか、そもそも、言っても飲んでくれないんだけど。。。

  ※介護仲間様へ
     お薬飲んでくれない時ってどうしてます?
     母は認知症の治療はしてないので、薬は持病のだけど、
     昼は1つ、夜は2つで、朝だけは6種類あるので一番重要なのに、
     朝に飲んでもらえないと、仕方ないから昼に飲ませたりしてますが、
     そんな事していいのかなぁ?と、思ったり(Α;´・ω・)


このあと、何かあったらまた追加更新しますね。
まずは、ひとまずこれにて。

【21:30追記】
まだ、不穏ずっと継続中です(笑)
姪2号から、仕事帰りに寄るという電話が来たので、
「いいけど、おばあちゃん低気圧やで」と忠告しといた。
でも、直前までやいのやいの言ってた母も、孫の顔を見たら、ちょっとおとなしくなった。
ご飯も食べてくれたけど、食後に、先日、デイケアセンターから貰った合唱会のDVDを見始めたら、
またぞろ復活して、ブツブツ言い出した。
それでもまだ、姪がいる間はよかったけど、帰ったら、やっぱり元通りやったわ。
ずぶぬれのオムツは、どうにか替えさせて貰えたものの、
今も食卓で、ブツブツ言ってます。
そろそろ、お布団に行ってくれないかなー(願望)

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@父 2009.06.10 (水)
あー、長らく放置してしまってますねー。
母は、まぁまぁ元気にしとります。
このところ、ものすごーーく酷い怒りverはなりを潜めています。
相変わらずの、父との小競り合いは日常茶飯事ですがね。

私は、母がブツブツと一人で物語を語ってても放っとくけど、
父は何か言わんと気が済まないらしく、
母の言うこと言うこと、いちいち否定しては母を怒らせる。

先週の日曜の昼間も、食卓の椅子に座ってブツブツ言ってる母に、
文句を言うから、何も言うなと釘を刺したら、父は不貞寝したんだけど、
それからも、延々と、母のブツブツは続くもんで、
父がガバッと起きて「いい加減にせぇや!」と怒鳴った。
いい加減にせぇと言われて、「ハイ、わかりました」って黙るわけないのにね。
私が放っとけばいい、無視しとけばいいって言うと、
「うるそうて(うるさくて)寝てられへんねや!」と言う。
「どないしても我慢出来へんねやったら、2階行って寝ぇや」と私。
結局、「うぅーー」と鼻を鳴らしながら2階へ寝に行った。

認知症という“病気”の母の不穏症状を鬱陶しがる父。
アンタも私を鬱陶しくさせる行動しとるの、知ってる?
相変わらず、5時台からテレビ点けたり、
自分の失敗は棚に上げ、人の失敗には怒ったり。
今朝も、5時台にはテレビをヘッドホンなしで観てたし、
トイレに起きてから、布団に戻らない母を、
「まだ6時過ぎやから、あと1時間寝よう」と言って、横にならせたところに、
電気剃刀のジージーって音が・・・。
日がな一日家にいてられる人が、何でわざわざこの時間にヒゲ剃らなアカン?
気ままな一人暮らしなら、時間に囚われず、好き勝手に暮らしたらいいけど、
同居人がいるんやから、それなりのルールは守って欲しいもんだ。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。