スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@母 2009.08.25 (火)
22日(土)に書いた「明日は○で・・・」って願いは、50/50だった。

日曜だから、ゆっくり寝ようって言うのに、ずっとしゃべって、
結局、早朝より起こされるハメになったけど、
機嫌はよくて・・の状態だったので、

私:「ご飯食べる?」
母:「食べる。一緒に食べよ」  (← マトモな返事を嬉しく思った)

ってな具合で、笑顔で朝はスタートした。

父はまだ起きて来てなかったので、母とふたりで、
テレビを観ながら和やかに食事を済ませた。
良かった~、今日はやっぱり○の日だ(・∀・)


と、思ったのも束の間、
父が起きて来た頃から、、徐々に怪しくなって来て、とうとう不穏に。
うろつきまわり、いろんな物をあっちへこっちへ持ち運ぶ。
ガラス戸の開け閉めをめぐる、父との攻防。
私が父にかける言葉にさえ噛み付いてくる始末だから、
本人に何か言ったって、不毛なだけなので、私は黙って見てた。
そもそも、夜中も不穏で、寝不足でうつらうつらしてたってのもあるけど。

でも、何度か傍を往復する中で、ふと、母の手に持ってるものが気になって、
マジマジと眺めたら、トイレの洗剤のボトル。
それを開けようとしてるところだったので、飛び起きて、取り上げようとした。
どににこんな力があるねん!ってほどの力で、放そうとしない。

私:「アカンて、これは洗剤やから、きつい洗剤やからアカンて」
母:「※$▲ё%◆×Σ♪&?#¥!!!」

母は左手で洗剤を持ってたんだけど、開いてる右手の拳で、
みぞおちにパンチを繰り出してくる。
胸の辺りも殴られた。
「あー、もう知らん!」って、放してくれたのでホッとした。
キャップが緩んでたから、私の手にこぼれたけど、その程度でよかった。
でも、激しい怒りveに、この先の長い時間を思い、暗澹たる気持ちに・・・。

ところが、ところが、
その後、やっと椅子に座り、それでもブツブツ言い続けてたけど、
高校野球を見てるうちに、そのしゃべる声色に変化が。
あんなに煮えたぎってたのが、氷の塊を放り込まれたように、
一気にクールダウンしたようで、めちゃめちゃ助かった。
その後は、昼ご飯も食べ、寝るまで再燃する事はなかった。

昨日の月曜日、目覚めより機嫌はよい。
この日も父がまだ寝てたので、母とふたりで食べて、デイへ。
この日は、車椅子ごと乗って行きますとの事。
例のご婦人が先に乗っていたので、
「いつもすいません、今日は機嫌いいですよ~」と挨拶をした。

が、

戻って来た時には、しっかりと不穏状態。
時間が経つごとに、不穏は激しくなって行った。
ご飯の用意をする前から、そんな状態を見た父は2階へ上がって行った。
きっと作っても食べないなとは思いつつ、でも、何か作らねばね、と、
あんかけご飯の素ってのだけ作った。
まぁ、思ったとおり、食べたのは私だけだったけど。

完全に眠りに落ちるまでは、そうとう酷かった。
触らぬ神に祟りなしって事で見守っていたけど、
「殺すんか」「殺すつもりか?」「殺される」などと、語尾は違えど、
ひっきりなしに“殺”ってな言葉を言われると、ホントに気が滅入る。
もう、イライラが募って、 だんだんと私の口調もきつくなってしまう。

ことある毎に「殺すんか、殺すつもりか」って言われるもんで、
思わず「殺さんでも、そのうち死ぬやん」と言ってしまった(笑)
急ぎの内職が来てたので、昼寝できなかったから、眠い。
母の声を聴いてるのもしんどいから、寝てしまいたいけど、
何やかやとしでかす母を放っては眠れない。
顔を見ると文句ばっかり言われるので、台所で片づけをしていた。
30分あまり、台所にいる間に、母はベッドに横になっていた。
横になっても寝てはいなくて、私が布団に戻ると、何やらブツブツ言っていた。

今朝は、早朝5時から、ブツブツ言いながら歩き回る。
眠たいし、この頃激しい不穏が頻繁なので、心底、鬱陶しく思った。
父がトイレに起きて来たけど、母の様子を見て、またすぐに2階に上がって行った。
今日は父もデイに行くので、7時過ぎた頃に、2度寝した父を起こした。
父が起きて来た後、やっと、やいのやいの言っておにぎり1個は食べて貰った。
着替えも、かなり時間はかかったけど、無事に出来た。
早起きして時間があったせいで、まだお迎えの時間まで20分ほどあるのに、
母は外へ行こうと、ガラス戸をガタガタさせるので、「まだやで」と言うと、
そこから、またまた不穏が激しくなってきた。

おにぎりを入れたお皿2つを手に持ってトイレの方に行こうとするので、
「それ、私が食べるから、こっち頂戴」と、皿に手をかけると放さず、
トイレ洗剤の時と同じように、据わった目で睨みつけ怒鳴った。
「ハイハイ、ほなら好きなようにし」そう言って、母の薬をカバンに入れてると、
母が、トイレの中に入って行ったので、覗きに行ってみた。
すると、お皿が便器の中に入れられていた_| ̄|○

何かを持って行っても、床に置いてあった事はあるけど、
便器の中に入れたのは初めてだった。
まぁ、母には既にトイレを流すって概念がないので、その点は助かるけど。

めっちゃ早起きしたってのに、そんなこんなで、結局お迎えの時間に遅れた。
家まで職員さんが来てくれたけど、母は車椅子にも乗らない。
職員さんに両手を引かれ、歩いて表通りまで行った。
でも、車のドアのところまで来ると、乗らないとごねる。
今日の職員さんはベテランさんのようなので、テキパキと働いて乗せてくれた。
はぁぁぁ、、、、、、車を見送ったら、ドッと疲れた出たわ。

あと1時間半ほどしたら、戻って来る時間だけど、どうなってるかなぁ。
笑顔で戻って来るといいんだけど・・・。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
スポンサーサイト
@母 2009.08.22 (土)
珍しく今日も更新してます(笑)

昨日の日記の最後に、
「明日も、当たり前に食べて寝てくれる事を祈って・・・・・」と書いたけど、
祈りは通じなかったわ。

今朝は、早朝まではまだよかったのに、活動し始めたら元気なくなって、
朝ご飯も食べないと言う。
そのうち、元気ない状態から不穏に移行して、
木曜日と同じく、服、パンツ共に着替えさせてくれない。
デイにも行かないって言ってたけど、そこは何とかあーだこーだ言って、
玄関まで手を引いて行った。
夜中にパッドだけでなくパンツの方も換えたので、
まぁ、寝巻きのアッパッパーも漏れてないからいいか・・と、そのままで。

表の通りに出ると、送迎車はもう待っていた。
こないだ車の座席をなかなか立たなかったのと同じように、
今日は、車椅子から立とうとしない。
職員さんの声かけにも、不機嫌かつ意味不明のお返しコメント。
5分くらいかかったかなぁ、立つまで。
車には、先日とは別の、やはり気を使って声かけをしてくれる利用者さんがいたけど、
「おはようございます~」と挨拶してくれてるのに、ぶんむくれの母。
「ごめんなさいね~~」と、私が謝ると、万事心得てますよって感じの微笑が返って来た。
どっちのご婦人も、優しい人のようでありがたい。

戻って来た時には、良くなってることを願ったけど、
車のドアが開いて、顔を見た途端に、願いは玉砕された事を悟る。
家に入ってからも、ウニみたいに、全身トゲだらけって感じ。
でも、食事の支度をしてる間に、布団に横になっていた。
支度が出来ても、まだ横になってたので、起こさない方が得策か、
起きたら、父がまた食べない宣言しそうだし・・・と思って、そっとしておいた。

父が晩酌を始めた時、母がムクッと起きたので、
リセットしてないかなぁと儚い願いを胸に秘め、明るく「ご飯食べへん?」と聴くと、
「食べへんっ! ※$▲ё%◆×Σ♪&?#¥」
それでも、食卓にはついたので、しつこく「食べようや」と声をかけるも却下される。
その結果、父が箸を置いて、「もう酒も飲まん、飯も食わん」と言って上がって行った。
父が2階へ行った後、私だけは、今日もちゃんとご飯食べました。
2度ほど、母の口元に運んだけど、怖い顔で睨んで、
「要らん言うてるやろ!」って怒られたので、食べた後はサッサと片付けた。

介護仲間さんのブログにコメント書いてたら、怒りながらウロウロしてた母が、
私の横に立って、睨みつけながら意味不明な文句を言うので、
一旦、ブラウザを閉じて、様子見する。
しばらくしたら、また母は横になって、おとなしくなったから、
再度、ネットを始めた。

これを書き始めた時も、同じ状態だったけど、
途中で起きて、またウロウロし始め、敷布団ははがすわ、
私にタオルだの座布団だのを投げるわ、カーテンを引っ張るわしてます。
あーあ、木曜日の再現ドラマだわね、こりゃ。
夜中にまた、怒りver不穏炸裂したらかなわんなーーー(┯_┯)
でも、ちょっと希望の灯火もチラチラ。
今週は○×○×状態だから、明日は○かも?
明日は日曜、デイ休みなので、○だったらめっちゃ助かる。
お願いだから、明日は○で、特大のはなまるで頼むよ、オカン。




最近聴いてよかった歌、2NE1「I Don't Care」
女性ボーカルはあんまり聴かないけど、やっぱりTEDDYプロデュースだからね(・∀・)



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.08.21 (金)
こないだの日曜日も、朝から夜中まで不穏が続き、
何を言っても無駄verだから、こっちもほぼ知らん振りしてたんだけど、
それでも、延々しゃべり続ける言葉には、さすがにイライラ全開。
PCも消し、布団に横になってからは、たまらなくなってウォークマン聴いてた。

翌月曜日はまずまず良好。

火曜日は父と一緒のデイ日だけど、朝からご機嫌悪い。
帰りの車でも、席を立とうとしない。
若い職員さん2人と、いつもよく声かけをしてくださる利用者の女性も、
一生懸命機嫌取りしてくれて、何とかおろす事ができた。
そんな状態なもんで、家に着いてからも機嫌悪いまま。

水曜日はとっても良好で、朝からしっかりと食べてくれたし、
夜もちゃんと食べてくれたし、朝まで何度か起きても、不穏は起きなかったので、
翌日は通院日だから、この状態を持続して欲しいなぁと思った。
先月からヘルパーさんに付き添いをお願いしてるので、
先月は機嫌悪かったから、今回は天使verの母を見て貰いたいしね。
月に一度しかお世話にならないのに、毎回可愛くない母だと気の毒で(^-^;)

でも、その願い空しく、昨日も不穏だった。
朝ご飯も食べない、服の着替えも、パンツの交換も出来ず仕舞い。
「今日はお医者さんに行く日やで」と言っても、「私は行かない」と言う。
しかし、それでも、ヘルパーさんが来ると、どうにかこうにか腰を上げてくれた。

戻ってからも、不機嫌は継続。
日曜日と同じように、ずっとしゃべり続ける。
器やカップやお箸など、もってはウロウロするし、あちこちに移動させるから、
食卓の上を何もなしにすると、今度は座っている椅子を引っ張り出すわ、
天板(食卓は実はコタツなの)までも動かす始末。
何度も父の怒声が飛ぶ。

夜ご飯時も、味がしみるように朝から関東煮(おでん)を作ってたのに、
母が不穏炸裂でうるさい上に、食べないと言うから、父も食べない宣言をし、
さっさと2階へ上がって行った。
実は、昼過ぎた時点で、こうなる事を予想してたのよ。
母が食べない事より、父の食べない宣言の方が腹立つから、
私も食べない!と思って、茶碗によそったご飯も戻し、
部屋の電気も消して、自分の居場所に戻り、小さい電気だけで内職を続行。
母が何を言おうが、無視して内職に没頭してたら、いつの間にか母は寝ていた。

内職も終わったので、やっぱり私だけは平常心でいなくちゃねって事で、
ご飯を食べた。
まるまる手付かずの関東煮、食べないと・・・って責任感?
母へのイライラ、父への腹立ちで、あんまりおいしくなかったけど。

食べ終わり、食卓を片付けてたら、母が起きて来たので、
「関東煮、おいしいよ、食べへん?」と打診するも、不穏はリセットされてなく、
嫌な口調で断られたため、全部片付けて、PCをし始めた。
しかし、母の不穏がエスカレートするので、PCも消して、寝た振り。

その後、何度か寝ては起き、寝ては起きしてた母だけど、
そのつど、リセットはされてなくて、私としては脱力しまくり。
夜中の3時前、父がトイレに起きてきて、その後椅子に座ってタバコを一服してるところに、
母が起きて、やっぱりリセットはしてなくて、
してないどころか、過去最高の攻撃型不穏に昇級してた。
「ああ、もうっ!」って癇癪起こして、箪笥や戸を叩いたり、
「人殺しするんかっ!」だの「出て行けや!」だのと怒鳴る。

父「いっぺん、どついたろかっ!」
母「どつけや!」

こんなやりとりの後、ベッドに腰掛た母、私の顔を見て「出て行け」と言うので、
お風呂場に行って、夜中の3時過ぎに、何の因果か玄関マットを洗ったりしてた。
私が布団に戻った時には、母は横になってたけど、まだ時折、何か吠えてた。
フェードアウトするのを確認してから、私も寝る事に。
でも、朝もリセットされてなくて、このままやったらどないしよ?って、
心配でなかなか寝れなかったんだけど。

それでもいつの間にか寝てしまってて、物音で目が覚めたら、
母がトイレに行こうとしてたので、「お便所行くん?」と声をかけると、
「うん、お便所行くねん」と、優しい声音で返事が返ってきた!
介助にも、「おおきに、おおきに」と低姿勢なので、ホッとした。
時計を見たら、もう7時前だったので、
「もう、起きる時間やわ。朝ご飯しよか。関東煮食べる?」と訊くと、
「関東煮、食べるー」と母。

朝っぱらから、関東煮とご飯の朝食。
とってもとっても機嫌がよく、ちゃんと食べて、薬もすんなり飲んでくれた。
ホンマ、まるっきり二重人格みたいやわ。

センターでも終日機嫌よく、家に戻ってからも機嫌よく、
夜ご飯もしっかり食べて、バタンキューって感じで、今日はさっさと寝てくれた。
あー、なんて素晴らしい!
思わず、♪何でもないような事が、幸せだったと思う・・・って歌が浮かんでくるわ。
ホント、なんでもない当たり前の事が幸せなんやなって思う。
明日も、当たり前に食べて寝てくれる事を祈って、さぁ、私も寝よーっと。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.08.14 (金)
昨日はデイお休みの日。
でも、比較的穏やかに一日を過ごしてくれて助かった。
夜も8時には、自分から布団に横になってくれて、おとなしく寝てくれた。
時折、夢現で話しかけてくるのに、適当に返事しつつ。

夜中2時前、トイレに起きたのについて行った後、
完全に目が覚めちゃったので、ウォークマンで音楽を聴き始めたら、
母の声が聴こえてきた。
それも、いつものようなしゃべり声じゃなくて、節が付いてる?

ヘッドホンを耳から外したら、何と、母が歌を歌ってた。
こんな事は珍しいので、慌ててボイスレコーダーONにして録音した(笑)
元気だった時だって、鼻歌を歌う事なんて、滅多になかった母。
勿論、会社の慰安旅行だので、カラオケ大会があっても、
当然、歌った事もない。

何を歌ってるのかわからなかったので、耳をダンボにして聴いたら、
♪箱根の山~※$▲ё%◆×Σ♪&?#¥

箱根の山は天下の険~って歌のようだけど、
合ってるのはどアタマの「箱根の山」だけで、あとは勝手に作詞・・・ってか意味不明(爆)
何度も何度も歌ってたよ。
「もう2時過ぎたし、こんな夜中に歌、歌ったらアカンやん、寝よう」
そう言っても、「そやな」と返事しながら、また歌う(^-^;)
いったい、どういう作用で歌が出て来たんかしら???

今朝は、早朝より起きて、ずっと話しかけてくるから、こっちも眠い。
結局、2度寝はしないままで、朝ご飯も食べずにデイに出かけて行った。
出かける直前、ちょっとゴネたけど、これは父が「早ぅ、行き!」とかうるさく言ったからかも。

戻って来た時は、すこぶる機嫌がよかったのに、
また、私がご飯の支度してる間に凹んだらしく、急激に元気がなくなり、
結局、ご飯も口まで運んでも2口3口でリタイヤしてしまった。
テレビで、懐メロ特集やってたけど、それ観てもアゲアゲにはならなかったわ。。
気分転換するかも・・・と思って、今、布団に横にならせたところ。
1時間ほどで起きて、機嫌よくご飯食べてくれればいいけどなぁ。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

@母 2009.08.04 (火)
今日は、父と一緒のデイの日。
朝ご飯拒否で、菓子パンも買ってなかったから、
慌ててご飯をチンしておにぎりを作った。
「おむすび山」とかも切らしてたので、具は塩昆布で。
昔、コカコーラの景品で貰ったプラスティックのおにぎりパック?に入れて、
薬と一緒に、連絡帳に。

食事拒否でも、デイには機嫌よく出かけてくれた。
が、
夕方、戻ってきて、ちょいと転寝して起きたら、激・不穏!
なにゆえ~~~?。・゜゜⌒(TOT)⌒゜゜・。

晩ご飯も食べないと言う。
「そうでっか、ほな、どうぞご自由に。私は食べるからね」
そう言って、私は横で黙々と食べた。
母は、イヤーな口ぶりで、イヤーな言葉を吐きつつ、
煮物の里芋を口に入れてた(笑)

父もまた、食べないと言い、2階へ上がって行った。
「食べんとアカンよ」と言うと、「こんなブツブツ言うてたら、飯も不味い」と。
「でも、食べやな、しゃーないやん」と私。
父が上がってからも、ブツブツ言いながら、ちょっとだけ食べてた母。
私が、母を置いて、PCに向かったので、
母も、そのうち、やいのやいの言いながらウロウロし始め、
しばらくしたら、布団に横になった。
横になっても、ずっとイヤな事を言い続けてたけど。

母が静かになった頃、2階から父が降りてきて、
私に「ご飯食べたか?」と訊くので、「食べるん?」と言うと、「うん」と。
母にボツにされないようにと、ラップをして避難させていた煮物を持って来、
父の食事の準備をした。

食べ終わった父、「今日は何かテレビ観るのんあるか?」と言う。
え? テレビ観る気か? オカン、やっと寝たのに?
心の声を口にする前に、父がスイッチを入れた。
5分もしないうちに、母が身を起こし(寝てなかったんかい!)、不穏炸裂。
ベッドを降りて、また歩き始めたので、テレビを消すように父に言った。

食卓の椅子に座って、ブツブツ言う母を尻目に、父はまた2階に上がって行った。
母は、この時間(21:50)もまだ、椅子に座ったままブツブツ継続中。
たった今、食卓の電気消して来た(笑)
これで、布団に戻ってくれるといいんだけどな。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。