スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@父 2009.12.24 (木)
今日はクリスマスイブですね。
みなさんは素敵なイブを過ごされているでしょうか?
我が家は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

結論から先に書くと、父が骨折して入院するハメになりました(;´Д`)

今日の11時頃、所用で知り合い宅に出かけて行った父。
自転車でそんなには時間のかからないところなので、すぐ戻るはずなのに、
お昼を回っても戻って来ない。
しゃべり込んでるにしても、お昼時だし、相手先にも迷惑だから、
早く帰るように言おうと電話してみると、「来てないよ」という思いもよらぬ返事。

ウソォ━━━Σ(д゚|||ノ)ノ━━━ン!?

しかし、こないだの病院の件もあるので、
もしや、Aさん宅に行くつもりが、すっかり忘れてBさん宅へって事もアリかも?
そう思って、思い浮かぶ親戚宅や知り合い宅、あちこちに電話したけど空振り。
最初に行くつもりだったお宅のある地域の警察署に電話し、
事故とか病気で老人が運ばれたとか言う情報がないか訊いたら、
それは今のところ入ってないと言うので、ちょっとホッとした。
そこの警察の人に、手配するにしても、最寄の警察署でないと出来ないから、
そっちに連絡するように言われたので、最寄の警察署に電話した。
人相風体だの、いろいろと質問に答えて、情報が入り次第の連絡待ちとなる。

その間も、電話した先の親戚やら、当初行くつもりだったお宅の人や、義姉、姪が、
それぞれに、探しに行ってくれてたんだけど、見つからないとの連絡が入る。
めったに電話なんかしないのに、今日は頻繁にしてるもんで、
母が時折、落ち着かなくなるんだけど、電話してない時はずっと、
傍に座って話しかけていたので、不穏にならないでいてくれたのが幸いだった。

5時半頃になって、最初にかけた警察署から電話があり、父が見つかった。
こっちからのアクションがあったので、見つかったわけじゃなく、
あるお宅の玄関先に、3時頃から座り込んでる人がいると通報が入ったので出かけた様子。
自転車の防犯登録で、ウチの電話番号が判ったので、確認の連絡を寄越したらしい。
だから、昼間にこっちが電話した事などは、その電話をくれた警察の人は全く知らなかった。

肩が痛いと言ってるので、救急要請したから、そのまま搬送になるかもしれないと、
そして、搬送先が確定したら、また連絡すると言うので、しばらく連絡待ち。
再度、連絡が来て、搬送先は、両親の通院してる病院だったので、兄貴にその旨連絡。
会社を早退して、既に帰途にあった兄貴が、すぐに病院へ行ってくれた。

兄貴が行ってる間に、当初父が行く予定だったお宅の奥さんがウチに来てくれた。
私がお願いして、父の見つかった見ず知らずのお宅へ行って貰ったんだけど、
行ったらもう搬送された後だったので、今、病院の方へ行って見て来た事と、
身内の者に来て貰ってくれと病院から伝言を頼まれた事と。
父に会ったけど、奥さんの事はわからなかったものの、ご主人の顔を見て、
「なんで◯◯さんがここにおるんかな?」って言ったそうな。
それ聞いて、頭打つとかしたんだろうかと、何だか心配になった。

何もご飯の用意してなくて、残ってた冷ご飯で雑炊を作って母と食べていたら、
兄貴が来たので、詳しい話を聞いた。
それによると、そんなにひどい状況ではなさそうなので、少し安心した。
それにしても、散々なクリスマスだったな。
オマケに、正月を目の前にして、こんな事になるとは夢にも思わんかったし。
はぁぁぁぁ。。。。。
父のいない生活で、母がどんな風になるのかも未知だし、この先、ちょっと不安。。。



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ



スポンサーサイト
@母 2009.12.20 (日)
17日の木曜日、デイケア休みの母は、朝から大荒れだった。
結局、朝昼晩、薬も飲めず…ってか、飲まず仕舞い。

夕方6時過ぎ、兄貴に帰り遅いかメールで打診。
早いようだったら寄って貰おうかなと思ってたけど、
電話があったのは8時半。
「今、まだ阿波座やねんけど、行こか?」と言ってくれたけど、
時間遅くなって気の毒やから、「もういいわ」と断った。
翌日も兄貴が電話くれたけど、金曜日はおとなしく寝てたので、
「日曜日に来てくれる?デイ休みやから機嫌悪い確率大」と返事。


で、今日、日曜日・・・・・・・・・やっぱり!(;´Д`)

朝までに何度か起きてるので、眠たいし、寒いしで、
今朝は、8時半くらいまで、みんな寝てました。
さすがに9時になったので起きて、コーヒーを入れ、
父にも母にも声をかけたけど、返事するだけで布団から出ない。
まぁ、こうなりゃブランチでいいか、と、私は洗濯機回しつつPC。

10時、母が体を起こしたので、昨日の団子汁を温めて、
コーヒーもレンジでチンして温め直し、朝昼兼用の食事。
機嫌が不安定だったものの、何とか多少なりとも食べてくれたのはいいけど、
お薬を飲ませようとしたら拒否され、そこから急降下…いや、急上昇か?

少し沈静化したかと思いきや、また爆発ってな状況の繰り返し。
父がクシャミしても、「やかましいっ!!!」と怒る。
父のクシャミは鼻炎系なもんで、続く時は5発も6発も続く。
それも、思いっきり派手に「はーーーっっくしょいっっ!」ってのが。
そのたびに、
母:「やかましいっ!!!」
父:「クシャミもしたらアカンのかっ!!!」
母:「出て行けや!」
ってな具合で、双方ギャンギャン。

夕方、洗濯物を取り込みにベランダに上がってる間に、
階下から、激昂って文字が頭に浮かぶような怒鳴り声の応酬が聞こえたので、
慌てて洗濯物抱えて下に降りた。
ワナワナ怒りながらうろつき回る母。
またまた、母の「出て行け」発言にキレた父は2階へ不貞寝しに上がった模様。

でも、30分もしないうちに降りてきて、何か自分の布団を触ってるのが、
すりガラス越しに見えていた。
何かを持ってまた階段の方へ行ったのが判ったので、見に行くと、
敷布団(と言ってもごろ寝サイズのやつね)を肩に乗せて上がろうとしてるところ。
危ないから注意して、なおかつ、それを持って行ったら、下で寝る布団がないと。
絶対にもう下で寝ないならいいけど、そうじゃないんだから、持って行くなと説得。

「誰かがテレビで言うてたけど、認知症の人に腹立てて怒る、時には暴力振るうたり、
そういう話を聞くけど、もし、認知症やなくて癌やったらどうか?
痛いって言う度にうるさいって怒ったり、吐いたりした時に、汚い!って文句言うたりするか?」

不承不承ながら、「ほな、もう一回敷いてや」と父。
めちゃくちゃになってる掛け布団や毛布を整頓して、ちゃんと敷き直して一件落着。
でも、母の方は落着しないまま。
兄貴に電話した時にも、罵詈雑言の嵐だったので、
きっちり受話器を通して聴こえたらしく、すぐに来てくれた。
兄貴に対しても、最初はちょっと態度悪かったけど、じきに青菜に塩状態になった。

しばらく私や父と話をしてる間も、食卓の椅子でおとなしくしてた母。
兄貴が、「寿司買うて来よか?」って言うので、お願いした。
今日はあんまり食べてないので、寿司だと食べる確率高いしね。

案の定、母は、お寿司は比較的ちゃんと食べてくれた。
にぎりをナイフで半分に切って、ひと口ずつ口に運んで食べさせるんだけど、
パクパクと気持ちよく食べてくれてホッとしたのも束の間、
もうお腹が朽ちたのか、口に運んだお寿司を拒否したと思ったら、またぞろ雲行きが・・・・・。
立ち上がった母の椅子を見ると、座布団が濡れてる。

「あ、ズボン濡れてるわ。穿き替えよう」そう言いながら、母の後を追っかけると、
完全に怒りverになってる母、全くとり合ってもくれない。
頑張って機嫌取りに務めたけど、どうしても埒があかないので、
申し訳ない気持ちでいっぱいで、さっき帰ったばかりの兄貴にHELPの電話。

ほどなくして来てくれた兄貴の言う事も、なかなか聞かないで文句たれる母。
こういう姿は今まであんまり見た事なかったんじゃ?
二人で機嫌取りして、やっとズボンとパンツを下ろすことが出来たものの、
新しいパンツを穿いてくれない~。
兄貴がいるのに、こんなに手こずるんじゃ、私一人じゃ到底無理だわね。。。
兄貴には、事あるごとに来て貰ってるからか、顔馴染みになってしまい、
機嫌を直す為の“特効薬”としての効果も薄れてきたのか?(Α;´・ω・)

パンツを穿き替えて、気持ちよくなったからか、おとなしくお布団に横になった母。
赤ちゃんが、オムツが濡れると機嫌悪くなるのと同じかな?
でも、まだ寝てないし、時折、何か言うので、安心は出来ないけど。
もうじき10時、このまま収束して、グッスリ寝てくれますように。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ          
@父 2009.12.20 (日)
一昨日の話。

私がネットで、前回見逃した「交渉人」を観てると、
トイレに行く途中の父が、「今、何時や?」と訊いたので、
PCの時計を見て「4時10分」と言うと、
時計をした腕を差し出して、「これ、何時になってる?」と。
その時計は、元は私の物で、CASIOの電波ソーラー。
当然、ちゃんと起動してるので、「4時10分」ですわいな。

納得してトイレに行った父。

トイレから戻って、しばらくすると、
また、「今、何時か見て」と、腕から外した時計をこっちに差し出してる。
PC時計で見た時間「4時27分」と答えると、
「これが、何時になってるか見てくれ言うてるねや!」と言う。
「見んでも4時27分で間違いないって」と私。
「見て判るんやったら訊かん、判らんから訊いてるねやろが!」と父。

仕方ないから受け取って、確認しましたよ。
「1分進んだから、4時28分!」
ついでに、文字盤もガラスクリーナーで拭いて返した。

デジタル表示だから、目の悪くなった(老眼が進んだ)父には見にくいんやろうと思う。
でも、ウチは、デイケアや病院に行く時以外は、
誰も時間に縛られた生活をしてないわけやし、
大雑把に、朝だ、昼だ、夕方だ、夜だ・・・くらい判ればいいやんな(;´∀`)
おまけに、殆ど家に篭ってる状態なんやから、
どうしても時間が気になるんやったら、掛け時計見たらいいやん。
掛け時計も電波のやから、正確やしね。 

時計見ても、時間が判らんのやったら、要らんと思うんやけどなぁ。
「人間やめますか、それとも薬やめますか?」ってのと同じくらい、
父にとっては、人間の尊厳(?)として重要なものなのかね???


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.12.14 (月)
昨日は朝から、母の不穏が激しくて、終日続いたため、
ホンマに、一日がめっちゃ長く感じたわ。

起きた時点では、どうって事なかったのに、
朝ご飯を食べ始めたら、急に怒り出して食べなくなって、
それ以後は、食卓の椅子に座ったまま、ブツブツ言い続け、
テレビに向かって「のぅっ!!! (たぶんNOの意)」と怒るもんで、
オトンも怒って、テレビを消して不貞寝。

朝ご飯が遅かったので、お昼は1時過ぎになったんだけど、
ブツブツ言いながらちょこっと食べ、またいきなりの「のぅ!!!」
ハイハイわかりました、と、またテレビを消し、
食べ終わったオトンも、また不貞寝。
私も内職があるので、そんな母に付き合っていられず傍を離れ、
残された母は、文句タラタラ言いながら、食卓の上のものをいじっていた。

時折、席を離れては、コップやら何やらあちこちに運んだり、
注意をするとキレて、「出て行けやー!」などと怒鳴る。
そんな感じのまま、夕方。
無法者と化した母は、猫のエサの入った器をトレイごと、寝ている父の頭の上に投げた。
怒鳴り散らす父に、怒鳴り返す母。
「2階へ行っとり」となだめて、父は仕方なく上がって行った。

午前中におでんを作っておいたんで、温めればすぐにご飯食べれるけど、
そんな状態じゃ、食べれそうにないので、私はPCで遊んでた。
母は相変わらずウロチョロしーの、たまにベッドに横になったかと思っても、
1分もすると、また起きてうろつく。
さすがに7時半を過ぎたんで、母に「ご飯食べよか?」を聞くと、
「食べれんの?」とおとなしめの返事。

収まったかな?大丈夫そうやな?って事で、父も起こして夜ご飯。
しかーし、やっぱり食べ始めてすぐに、また始まった!
「ほな、もう勝手にし」と冷たくあしらったら、怒ってベッドに行った。
以前はそんな状態になると、父も怒って食べずに2階へ行ったけど、
ここ何回かは、キレずに我慢してご飯を食べてるので、
母を放ったらかして、私も一緒に食べた。

その後は、父はまた2階に、私もまたPC、母もまたうろちょろ。
11時頃には、私のイライラも最高潮で、PCも消して、不貞寝した。
相手を失うと、自然とフェードアウトして寝る事が多いので、そうするんだけど、
昨夜は、なかなか治まってくれなくて、ジッと寝転んで耐えてた私。
そんな状況でも、いつの間にか、ウトウト寝てしまったらしい(;´∀`)

ふと気が付いて携帯で時間を見たら、12時。
仕切りのガラス戸が閉まってるので姿は見えないけど、
台所付近でブツブツ言ってる様子。
「あーあ、まだ治まってないんか・・・」と、またゴロンと横になった途端、
バタ~ンというでかい音と共に母の悲鳴が!
慌てて飛び起きて見に行ったら、台所でひっくり返ってる。
ウチの台所、階段一段分低くなってるんだけど、
降りようとして落ちたのか、上がり損ねてひっくり返ったのか定かでないけど、
消化器もひっくり返ってるし、それで頭打たなくてよかったよ。

しかし、そうやってひっくり返りながらも、悪態は忘れない。
手を貸して立たせようとしても、「放っとって!」と言って拒否。
12時回ってるから気が引けたけど、仕方なく兄貴に電話して来て貰った。
兄貴と解ってるのか、誰か知らん人が来たと思ってるのか、
とにかく、青菜に塩ってな感じでおとなしくなって、
兄貴のいる間に、オムツも取り替え、お布団に寝かせた。

こうして、長い一日が終わった。
深夜の呼び出しで、兄貴には気の毒だったけど、
怒り不穏で非協力状態にある母では、こけたりした時には、
私一人で対処は出来ないので、申し訳ないけどお世話になるしかない。


今朝は、起き抜けから機嫌よく、ちゃっちゃとデイに行ってくれた。
ありがたや~(人´∀`).☆.。:*



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

@父 2009.12.11 (金)
今日は父の話です。
何だか“一生懸命生きてる感”が漂ってます。

血液検査を受けた事は、昨日の日記に書いたけど、
今日2時過ぎに、病院から連絡があり、検査結果の数値がよくないので、
主治医の先生が、今日は夜勤でいるから、診察に来て下さいとのこと。
それを父に伝えてから、ひっきりなしに時計を見ていた。
時々、「何時に行くって?」と、私に確認もしーのしつつ。
「5時半から7時半って言うてたから、お母ちゃんのお迎えの時に一緒に出たらいいわ」
そう言って、時間が来るまで、父は寝たままテレビを観ていた。

夜ご飯の支度をしてて、気がつくと5時を過ぎており、
「そろそろ時間やで」と声をかけた時に、丁度、センターから帰るコールが来たので、
一緒に表通りまで出て行き、父は右方向に、私は左に。
まだ車が来てなかったので、父の方を気にして見ていたら、
何だか、自転車に乗ろうとする姿が危なっかしい。
と、次の瞬間、やっぱりコケました (゜Д゜;)ひぇーっ!

母の車椅子を放置して、父の方に駆け寄り、自転車を起こすと、
父はひとりで起き上がって、自転車に手をかけたんだけど、
男乗りって言うのかなぁ、片足をペダルにかけて、2,3度漕いでから、
おもむろにもう片方の足を振り上げて、サドルに座るやつ。
ああして乗ろうとするには、握力だの腕の力だのも劣ってきてるので、
よろけてしまうわけね。
そうやって何度となくコケてる事を自己申告してるので、
そのつど、女乗り? 最初から座っておいてからペダルに足をかける乗り方ね、
そうして乗りなよってアドバイスするんだけど、自尊心なのか、やらないらしい。

でも、今日は、目の前でコケてるし、言った通りにしてくれたのはいいけど、
それにしたって、またいでサドルに座るのすら覚束無い始末。
車が来るのをやり過ごしつつ、私も自転車を支えて、何とか乗れても、
なかなか漕ぎ出せないんだよねー、これが。
そうするうちに、デイの車が到着して、母を降ろそうとしてたので、
父にもう大丈夫か声をかけてから、母の方に車椅子を持って行ったんだけど、
その途中で父を見ると、ちょっと進んだところでまた止まってヨロヨロしてる。
また進んだと思ったら、今度は道のど真ん中で止まってしまって、
車が3台待ってくれてるのに、端に寄ろうって考えすら浮かばないらしい。
それでも、何とかバランスがとれたのか走って行ったので、私は母を連れて家に戻った。

でも、家に戻ってからも、さっきのあんまりな様子が頭に浮かんで心配になったから、
病院へ、父が行ったか確認の電話を入れてみたら、まだ受付されてないと。
15分くらいして、再度かけてみたけど、やっぱりまだ来てないというので、
いよいよ心配になって、どうしようかと思ってるところに、ひょっこり帰ってきた!
手にスーパーの袋を下げて・・・。

出かける時に、「お刺身食べるんやったら、帰りに◯◯(スーパー)寄って買って来ぃな」
そうは言ったけども、まさか、第一目的の病院行きを忘れるとは思いもよらんし~~。
_| ̄|○   思いっきり、 _| ̄|○
袋を私に手渡して、その足でまた病院へ行きました。

┐(´д`)┌ ヤレヤレ と思って、ひと息ついてたら、じきに帰って来た父。
私:「えっ?もう行ってきたん?」
父:「うん」
かなり疑いの眼だったけど、カバンのポケットに検査報告書が入ってたので、
ホントに、ちゃんと行って来たのはわかったけど、
診察なんかなかったと言うし、別に何もなかったよと。
ぬゎ~にぃ~?( ・`ω・´)ナン…ダト!?
数値が悪いから診察に来るようにって、めっさドッキリな電話寄越しといて、
診察も何もなかったって、マジっすか? ←何気に父を疑ってる娘(;・∀・)
主治医の先生いる時に、電話して確認した方がいいかな、やっぱ。

報告書に◯されてるアゲアゲになってる数値を、mixiのマイミクさんにお医者さんがいるので、
メッセージしてみたら、糖尿病で腎臓が悪いとの事。
はい、それは前からそうなのでわかっとります(Α;´・ω・)
まだ大丈夫な範囲のようだけど、透析とかしないといけなくなると大変だから、
生野菜や果物も、ついでにカロリーも取りすぎないようにとの助言を頂いた。

はぁ・・・、糖尿とか、食べ物とかの心配もさることながら、
自転車乗るのが、もっと心配だわよ、ホンマ。
あの姿は、見ていても痛々しい。
小さい子供が、補助輪なし自転車に挑戦してるみたいな風情だもんね。
だからって、自転車に乗るなと言う訳にもいかないしなぁ。
自転車だから、まだ外にも行けるのであって、歩いては無理だからね。
シルバーカーって言うのかなぁ、押して歩く、疲れたら座る事も出来るあのカート。
ああ言うの勧めたって、絶対に却下されるのが目に見えてるしね。
体力の低下と、かなりのボケ具合、これからもっと厳しくなっていくんだろうな。
母よりも、父の方の心配が多くなっていきそうだわ。。。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.12.10 (木)
タイトルは、今日の母の事です。
とーーーっても機嫌よくて、表情もしゃべりもソフトで、
言う事よく聞いてくれて、笑顔も多くて、ちゃんと食べてくれて、
あー、なんて素敵なおかあさま~~~。゜゜(´□`。)°゜。

今日は月1回の通院日。
昨日の朝の出来事を、一応、ヘルパーさんには伝えておいたけど、
お出かけの時も機嫌良い状態だったから、大丈夫そうだなと。
今日は血液検査もあったものの、問題なくこなして、
帰る前に、トイレで紙パンツ等の交換もすんなり出来たとの事。

戻って来た時も、おとなしく優しいオカン。
ヘルパーさんから、ちょっと早いけどクリスマスプレゼントと言って、
とっても暖かい靴下を貰ったので、早速、穿かせてあげた。
プレゼントって言っても、全くわかってないもんで、
ただ、穿かせて貰った事に対して「おおきに」って言ってたわ(笑)
1足とはいえ、ちょっと高そうな靴下だったし、
何よりも、思ってもいない贈り物だったので嬉しい!(@私)

お昼ご飯もしっかり食べてくれ、私が内職するので傍を離れた後も、
食卓の椅子に座ったまま、独り言言いつつも、上機嫌は持続。
私は1mも離れてないところにいるので、適当に話を合わせつつ仕事。
「お父ちゃんと1個ずつ食べな~」と言って渡したお饅頭も、
気がつけば、2つとも食べてるし~~。
2つ目を食べる間には、柿も食べた模様。
熟した柿の残骸が指に付いてた(笑)
あれって、皮ごと食べちゃったんだな、きっと…(;・∀・)

夜ご飯はお好み焼きを作ったんだけど、半分以上は食べたし、
オマケに、ご飯も少なめとはいえ一膳完食してくれて、ありがたや~!
 (※大阪人だけど、お好み焼きをおかずにご飯食べたのではないっすよ)
で、じきにベッドに横になって、いつものように時々しゃべりながらも、
おとなしく寝てくれてます♪

病院から戻った時に、カッチャ(と、勝手に名付けて呼んでる人懐こい野良猫)が入って来て、
それからズーーーっと、ウチでマッタリ過ごしてるんだけど、
昼寝する母の横にベッタリ添い寝、そして今も、布団の端っこで寛いで寝転んでいる。
母も機嫌がいいから、顔の辺りにスリスリしてこられても、
「あん、たおちゃん、あかんやん。そんなんしたらお母ちゃん、痛いやろ~」
とか言いながらも、ひっついてくるのを容認してる(笑)

あ、たおちゃんって言うのは、ウチのオス猫の事ね。
カッチャはたおと同じキジトラだから、一瞬、見間違うこともあるけど、
母は、キジトラじゃなくても、動物は何を見ても「たおちゃん」なのね(笑)

ちなみに、カッチャの由来は、韓国語の「가짜」で、ニセモノって意味。
母が、「たおちゃん~」って言う度に、「たおちゃうで、たおのニセモノや」と説明してたもんで。
このニセモノが、ホンモノより母に懐くもんで、ついついエサやったり、
こうやって家の中に入れてやったりして、居着かれてしまうんだな(Α;´・ω・)
ウチの猫たちと仲良くなれないから、家猫昇格は無理そうなんだけども・・・。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
@母 2009.12.09 (水)
今朝の話ですが、火曜日の集中豪雨よりひどい、暴風雨でしたよー(ノД`)シクシク

起きた時も普通、朝食もちゃんと食べてくれ、
私が薬の準備をしてる時に、トイレの方に行ったので追いかけると、
ウ○チしちゃってたので、パンツとパッドも取り替え(られる事が出来)、
明け方に、尿漏れで濡れちゃったせいでズボンも既に穿き替えてたのもあって、
着替はもうしなくていいか…って事で、約束時間まで10分ほどマッタリ過ごしたのち、
すんなりと玄関へ誘導、車椅子にもさっさと座ってくれて、
快調にお迎え場所まで出かけて行ったんだけど・・・。

約束時間ピッタリだったものの、今朝は車がまだ来てなくて、
「寒いねぇ」「早く来るといいねぇ」などと声かけしつつ待ってたんだけど、
10分弱待って、送迎車が到着、火曜日と同じ女性職員さんが、
「遅くなってごめんねー」と言いつつ、介助しようとしたら・・・・・・・・。

ドドドーーーーン!

落雷です、はい。
車のステップの前で、頑なに乗車拒否!
職員さんを叩く、挙句に走って逃げようとしたの!
勿論、走れてはないけど、でも、私の目には、あれは走ったように見えた。
運転してきた60歳前後の男性職員さんも、母の腕を捕まえたんだけど、
お腹のあたり、ボコボコとパンチを食らってたよー( ̄▽ ̄;)
私や父でも、あんなにボコボコどつかれたりした事はないのに~~!

女性職員さんの支持で、一度、車はどこかに行って、
その間に、逃亡しようとする母を女性職員さんがホールドしつつ、
私が車椅子を、母の後ろでスタンバイして付いて行き、
職員さんが機嫌取って、何とか座らせることが出来た。

センターに渡す書類があったので、私は一旦家に戻り、
速攻で署名捺印して戻ったら、車も戻って来てて、
またまた車椅子のまま乗せられようとしているところだった(;・∀・)
まさしく、強制収監ってな感じ?(笑)
車の奥で、いつものご婦人が、労うような表情で私を見てたので、
私の方も、スミマセン~~、お願いします~~な表情で会釈を返した。

待ってる間に、別に機嫌損ねるような何かがあった訳でもないのに、何でよねー。
寒かったのかな?
しかし、こんなに暴力的になったのでは困るわー。
それも、家の者だけでなく、他所の人にまでとなると・・・。
職員さんなら慣れてるし、仕事と割り切ってるだろうし、
対処の仕方も心得てるだろうからいいけど、他の利用者さんに及ぶとねぇ。。。
今朝のような姿、姪2号が見たらショックで涙出そうになるかも。
姪2号にとっては、優しい優しいお祖母ちゃんでしかないからねぇ。
  ※姪は4号までいるけど、2号が一番会ってる時間が多いからね。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ


@母 2009.12.08 (火)
昨日は日曜、デイケアお休みの日だったけど、まずまずの機嫌で一日過ごしてくれた。
下痢っぴーで、2度パンツにやっちゃって、お風呂場でお尻洗いのハメになったけど、
1度目は天使の母、「ごめんね、すみません」を、脱がす、洗う、拭く、着替えるの間言い続け、
2度目は、ちょっと機嫌損ねそうだったのを、懸命に笑いに持っていって取り繕い、
無事に、お風呂場にも入って貰えて、洗う事ができた。

しかし、土曜の夜と同じく、朝までに頻繁に起きたので、こっちも眠くて眠くて。
今朝、朝ご飯を食べたところまでは良かった。
私が母の傍を離れ、自分の定位置(コタツ兼寝床)に戻り、
父母の薬を用意してる間に、徐々に不穏になり、ブツブツ独り言が始まった。

「ほなもう、帰ろか」とか「課長さんが…婦長さんが…」云々。
母のよく言う台詞の一つ。
放っとけばいいのに、父が「帰るて、どこに帰るのや?」「課長さんてどこのや?」
答えのないのをわかってて問いただすもんで、不穏が増長してしまって、
出かける時間が来て、玄関へ誘導しようとするのに、来てくれない。
なかなか来ないからか、表通りで待ってる職員さんが家まで迎えに来てくれたので、
「ほら、お姉さんも来てくれはったよ、行こ」と、靴を履かせようとすると、
怒って、足を上げてくれないばかりか、しゃがんでる私の頭をどつく始末。

職員さんが私に代わって、履かせようとしたけど、やっぱりどつくわ、小突くわ。
母の靴が履かせられないので、私の突っ掛けるだけのスニーカーを履かせて、
何とか、手を引っ張って車椅子に乗せて出かけて行った。
送迎車のところに行くまでも悪態吐いてたので、そのまま車椅子で乗車する事に。
先に乗ってた、いつも気にかけてくれはるご婦人にも、
「今日は台風で~」と、機嫌悪い事を伝えておいて、見送った。

起きて、ご飯食べるまで普通にしてたのに、突然のこの変わり具合、
まるで、狐の嫁入りが思いっきり集中豪雨~~!って感じだわよ。

しかし、狐の嫁入りなら、またすぐに晴れるんだけど、
デイから戻った母、どんより曇ってますがな。
インスタントのキャラメルマキアートを作ってあげたら、美味しいと全部飲み干して、
うーん、機嫌よくなったかな? その調子、その調子!
ご飯の支度をしてる間に、ベッドに横になっていたけど、
ご飯が出来て、食べ始めたら、またまた雲行きが怪しくなってきた。
雲は、次第に暗雲と化して行き、雷がゴロゴロし始め、とうとう落雷~Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

結局、母はご飯も殆どって言うか、3口くらいしか食べないまま、
おかずの中に脱いだ靴下入れたり、おかずの入った皿や器を重ねたりしてたので、
もう食べないと判断し、食卓の上を片付けて、洗い物を始めると、
玩具(おかずとかね)がなくなった母、また電気ストーブを持ってうろつき始め、
父もまた何やかや言うもんで、ついには、「人殺し~~~っ!」なんて物騒な事を、
それも大声で言ったりして、怒りver激しくなる一方。

洗い物を終えて、私がまた定位置に戻ってくると、しばらくして母もベッドに横になり、
寝転んだまま悪態を吐いてたけど、それもフェードアウトして行っておとなしくなった。
ウトウトしては、何か言ってくるけど、適当に返事してやり過ごしている。
今、この時間になっても、時々何か言うけど、軽いイビキもかいてるので、寝言だわね。
でも、寝言と思って無視してると、返事がないと思ってガバッと起きる事があるから、
やっぱり適当にウンとかスンとか返事してるけどね(笑)

明日は、父も一緒のデイの日。
すんなりと出かけてくれることを祈って、私も、もう寝ますです。




実は、昼ご飯食べた後、あまりに眠いから、ちょっと横になったら、
4時45分まで爆睡しちゃったの~!(;´∀`)
起きたら、もうすぐお迎えの時間で_| ̄|○ だった(笑)


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。