スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@母 2012.10.28 (日)
オカンベッド


オカンのベッドの様子です。
右側に見えてるパイプの物体は、介護保険でレンタル中のたちあっぷとか言う手摺り。
これ、当たり前だけど、土台がすごく重たいです。
でも、この重たいものを、オカンは手で押したり、足で蹴ったりして動かしてくれます
真ん中のすのこは、普通のすのこなんだけど、即席のベッドガード兼手摺り代わり。
手前のミッキーマウスは、座布団で、オカンの転げ落ち防止のために置いた椅子ですw
タイトルにあるように、ペットに使うようなケージに、オカンまるごと入れたいくらいの心境だけど、
そうはいかないので、家にあるもので、あれやこれや工夫しながら、オカンと戦ってます(笑)

さっき撮ったばかりのこの写真では、ベッドなりに横になってるオカンですが、
今は、足がすのこを乗り越えて、手摺りと反対側から、椅子の上に出てますよ。
はい、ベッドに垂直に寝ちゃってるわけですな。
熟睡してない時は、延々としゃべり(時に喚きーの怒鳴りーの)ながら、
こんな風に、有り得ないような輾転反側を繰り返すんで、本人は勿論、私も安眠できないわけです。
なので、睡眠剤を飲んでぐっすり寝てもらいたいんだけど、
ブログに書いたように、ずっと朦朧とされるのも困るしで、ジレンマですわ。

写真は私のベッドから撮ってるんだけど、何せ狭い部屋、
オカンのベッドの横に、私の幅60㎝のスタンバイベッドを置いてるだけでも、
ベッドとベッドの間は70㎝ほどしか開いてないんです。
それでも充分に狭いと思ってるけど、さっきつぶやいたように、オカンが転んだり、
ベッドから落ちると大変だし、夜中に、オカンがわさわさするたびに起きて、
立ったり落ちそうになったりするのを阻止するのもしんどいし、
私自身、腰痛と、その関係でか右側が臀部から足まで痛くなってきてるため、
シングルサイズのお布団で寝たい願望があるので、
今日、折りたたみのすのこベッドを注文しました。

ベッド間は人一人歩くのがやっとくらいしか開かなくなるけど、
それ故に、オカンが立ち上がって、もしよろけて転んでも、私の方のベッドの上に倒れれば安心だしね。
寝る時には、ギリギリまでくっつければ、オカンがどこへ転がっても大丈夫でしょ。
まぁ、私がオカンのあり得ない輾転反側の餌食になる(蹴られるとか)ことはあるだろうけど・・・。



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
@母 2012.10.26 (金)
今、とっても悩んでます。
今って、ホントに、今、じゃすとなう!ざんすよ

このところ、毎日のように、夜中にオカンが何度も起きて騒ぐのでかなわんと、
つぶやきやらスマイルシールでやらでボヤいてました。
ちょっと暑かった月曜の夜は最悪でした。
立ち上がるわ、横になってても、ベッドの端で今にも落ちそうになりながらグズられては、
こっちもおちおち横になってられないしで、
オカンと私のベッドの間に椅子を置き、介護手すりと椅子の間にスノコを立てて、
即席のベッドガードをし、私自身はベッドに直角になって椅子に足を載せて横になり、
その足で、オカンにスノコや椅子を動かされないように、突っ張り棒ならぬ突っ張り足して、
朝までうとうと、熟睡する事なく過ごしました

(韓ドラでよくあるセリフ、미칠 것같아! 못살아!って言葉が脳内ループしとりましたw)

今度の通院日に、ヘルパーさんに睡眠剤のことを訊いてもらおうと思いました。
ベッドから足を下ろして座ってるだけならいいけど、
今でも玄関まで歩くのがやっとで、それも最近は途中で何度も座り込みそうになる、
実際、座り込んでしまうこともあるほどに足が弱ってるのに、
立ち上がられると、これまでみたいに寝たフリして放っとく訳にもいかないし。

火曜水曜は、前日の暑さが嘘のように寒くなって、そのせいか比較的おとなしく寝てくれたけど、
その前の連日連夜があるので、予定通りに睡眠剤を処方して貰いました。
去年も夜中の徘徊でたまらんと処方して貰ったハルシオンは半錠だったので、
1錠飲ませてもいいか訊いて貰ったんだけど、ベンザリンという別の薬を処方されました。

で、昨夜もぐずってなかなか寝なかったので、早速、飲ませてみたら、
めっちゃ効いて、じきに寝息が聴こえ、その後も寝言も言わずぐっすり寝てくれました。
お蔭さんで、昨夜は私も爆睡でき、目が覚めたらもう朝でした
オカンはというと、布団をキレイにかぶってるところを見ると、
もしや寝返りすら打ってないのでは?と思われます。
何せ、あんなに布団がキレイなままなんて有り得ないもんで。
薬が効きすぎてるらしく、 声をかけても返事すらありません。
顔まで布団をかぶってるので、そっと覗いてみると、
半開きの口から、舌がダラ~ンと出ていて、死んでるんじゃなかろうね?と、
思わず息を確かめたほど、不気味でしたよ

デイのお迎えに間に合わないので、電話してその旨伝えたら、
初めての睡眠剤だと、体が慣れるまでは効きすぎて、朦朧としたりすることもあると言われました。
起きなければ休むつもりだったけど、幸い電話の後10分程したら起きてくれ、
目を瞑ったままだけど、朝食のパンも食べてくれ、相変わらず目を瞑ったまま、
フラフラしながらデイへ連れて行かれました

帰宅時も、朝と全く同じ風情で戻って来ましたよ
帰ってくるなり横になったものの、ずっとグズってました。
7時過ぎてやっと座ったのでご飯にしたけど、時間かかる割には、少ししか食べてくれず。。。
この日記を書き始めた時も、延々グズりまくってました。
布団は座布団回しのようにあっち向いたりこっち向いたりするし、
オカン自身も身体がくの字になったりL字になったり、ベッドに垂直になったり、
ちっとも落ち着かず、勿論、その間もずっとワケワカメなしゃべりは続いてるわけで、
こんな状態が夜中も続くのはかなわんし、
かといって、デイでも薬が効いてるらしく眠たそうにしてたと連絡帳に書いてあったし、
今朝のこともあるしで、またベンザリン飲ませるのも躊躇してしまうし・・・ってことで、
どうしたもんかと、日記を書こうと思ったわけです。

でも、書いてる間に、夕食後の薬がまだ飲めてないので、何とか体を起こして貰い、
クラッシュした薬inヨーグルトを食べさせたんだけど、
ベンザリンじゃなく、ハルシオン半錠を一緒に混ぜときました。
じゃすとなうで悩んでるってのは、ベンザリンを飲ませるかどうか・・ってことだったんだけど、
やっぱり、連続してベンザリン飲ませるのは、ちょっと怖いなと思って。
でも、このまま寝てくれないのも困るしね。
ベンザリンの余韻が残ってるところにハルシオンだからか、今はイビキかいて寝てます。
いつ起きるかわからんけど・・・・・。

軟体動物みたいに、うねうねして立ってくれそうにもなかったので、
夜用パッドに交換出来なかったなぁ。
明日の朝は、シーツが海だな。



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。