スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@雑記 2011.04.05 (火)
今日は、オトン・オカン揃ってのデイ日。
今朝のオカンは、朝食&お薬&トイレ、全て花まるの天使オカン♪
戻って来た時も、天使持続でありがたやありがたや!

昨日は、悪魔オカンで、2時間以上遅刻して行きました。
何を言っても無駄なので、無視して横になってたら、
そのうちウトウトしてしまい、ハッと目を開けた時には、
1時間近く経ってて、オカンも怒りverから一転不安verになってました(汗)

「学校行く?」と訊くと、「行けるんかなぁ?」って言うので、
センターに電話して、迎えに来て貰いました(*^-^)
お迎えが来た時も、おとなしく車椅子にも座ってくれて、
表通りまで送って行ったんだけど、トイレが出来てなかったので、
その旨を伝え、いつもこんな状態で送り出してばかりで申し訳ないと言うと、
全然構わないので、気にしないで下さいと言ってくれました。

お迎えに来てくれたのは、オカンがお世話になった当初から居る女の子で、
付き合いが長い分、オカンのことも良く分かってくれてるので、
オカンがおとなしいのをいいことに、4~5分立ち話をしました。
シモのお世話の話題だったんだけど、研修だか、実習だかで、
特養に通ってた時は、部屋だけじゃなく、フロア全体がすごいニオイだったそうな。
初めて行った時は、そのニオイに「うわっ!」と思ったけど、
働いてると何とも思わなくなると。

壁や、トイレのタイルの目地にウ○チを塗られたりは日常だったとか、
食糞も知ってはいたけど、実際に見た時はビックリしたとか、
そんな貴重な話を聞いて、ホントに大変な仕事だなぁと思いましたよ。
っていうか、もうもう、頭が下がる。
下がりまくって、地面にまで付くってもんよ、ホント。

何せ、「頭からウ○チをかぶったって平気って人ばかりでしたよ」なんてすごい事を、
あっけらかんと、笑顔で話しはるんですからね。
私も、手にウ○チが付くくらいは何とも思わなくなって来たけど、
さすがに頭や顔に付けられたら・・・・・・・・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
特養での研修は、いろんな仕事(お世話)をしたはずなのに、
シモのお世話の記憶しか残ってないんですよと笑ってました。

デイでも、オシッコのニオイで、誰のかが判ったりするそうな。
流してないトイレを覗いて、「あ、これは○○さんやな」って判るって。
持ち物でも、ニオイで誰のものか判るようになるらしい。
誰のか判らないモノがあった時、みんなで匂いを嗅いで「○○さんのやわ」って確認したり。
ホンマに、すごい仕事やね、看護師や介護士って。
私が、神経症持ちじゃなくて、元気溌剌な人間やったとしても、
この仕事は出来そうにないわ。
看護師さんのことを白衣の天使って言うけど、ホンマに心も天使でないと無理!
お金のためだけじゃ、とても務まらん仕事やと思います。
って、そのお金にしても高いわけじゃないしね。
利用者の負担が増えるのは困るけど、でも、いいお給料上げて欲しいですよね。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。