スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@自分 2013.11.30 (土)
今日は、姪の結婚式でした。
私には姪が4人いまして、姉と次兄に娘が2人ずつ。
ネットに書く時には、年の順で、姉長女を姪1号、次女を姪2号、
次兄長女を姪3号、次女を姪4号と記しています。

この度、結婚したのは、このブログにたびたび登場している姪2号です。
一昨年、父が亡くなったあと、神経症悪化の体調不良で寝たきりのようになってた時に、
毎日のように、会社帰りに寄ってくれた子です。
その時に、私に代わって母にご飯を食べさせてくれたり、
着替えやオムツ替えの手助けしてくれたりと、
4人の孫の内、唯一、おばあちゃんの介護を手伝ってくれた孫です(*^-^)

昨年までは結婚の素振りもなく、このまま独女でいる気なのかなぁ?などと思っていたら、
いつのまにやら彼氏ができていた様子。
私の体調がマシになってきてからも月に1~2度は寄ってくれてたけど、
全くそんな報告はなく、彼氏の存在を知ったのは、母が亡くなった時でした。
母が救急車で運ばれたことを連絡した時に、たまたま一緒にいて、
病院へも同行してくれたそうで。

それからは話がトントン拍子に進み、彼氏が東京なので、
8月には東京に引っ越し、入籍も済ませて、既に新婚生活を送っていました。
本人たち(っていうか彼氏)は、心に残る変わった式がしたかったらしく、
じっくりプランを練って、式は来年に…と考えていたらしいけど、
お姑さんが、どうしても年内に挙げて欲しいとのことで、
東京⇔大阪行ったり来たりで、慌ただしく式場めぐりに奔走した結果、
本日の華燭の典となったわけです。
挙式と言っても親族のみで行い、友人や会社関係の人を招いての披露宴は、
後日、東京で行うらしいです。
遠距離での結婚って大変そうですね、ホント。

結婚式、私は勿論出席できないので、ご祝儀だけ次兄に預けました。
ちまちま内職してるだけの無職の情けない叔母、
生活も少ない貯金を切り崩しながら、細々と何とか暮らしてる状態なので、
3万円を包んだんだけど、たまたま見た、発言小町のトピで、
渡した側、貰った側のコメントで、やたら10万という数字が飛び交っており、ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
相場は10万、親族は10万、10万が一般的、私は10万渡した、私は10万貰った、等々。
恥ずかしい思いをしたくないなら10万・・的なコメントもありました(汗)
そのトピ主さんは、「3万は少ない?5万が相場?」と相談されていたので、
3万は友達価格、5万は相場じゃなく常識的に考えた最低限度、と言うコメントもありました。
ただでさえ情緒不安定な今、それらを目にして、余計にどんよりしてます。。
せめて、常識的最低限度らしい5万円にするべきだったのかなぁ・・・・・と。

姪2号自身は、私の方の都合(体調のこと・経済的なこと)をよく解ってくれてるので、
ご祝儀の額をどうこう思ったりはしなくても、相手の家のこともあるものね。
長兄と私が出席できなくて、ただでさえこちら側の親族少ないのに、
ご祝儀の額まで少なくて、姪2号が肩身狭い思いしないかと気になってしまう。

そんなこんなで、姪2号の結婚は素直に嬉しく、末永い幸せを願っているけど、
出席も出来ない上に、少額のお祝いしか出来ない自分が情けなく、
やっぱり肩身狭くて、どんより、鬱々。゜゜(´□`。)°゜。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へ
にほんブログ村 猫ブログ 日本猫へ
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。