スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@母 2009.02.04 (水)
昨日はデイへのお出かけも、夕方戻ってからも、特に問題なく、
夜ご飯もしっかり食べて、横になった母。
隣のおコタで、私が内職の仕事をしてても、うるさがる事もなく、
いつものように、時折何か言うのに、返事しつつ平穏な夜を過ごしてたのだけど、
23時を過ぎた頃、ムクッと上体を起こしたのは目の端で捕らえてたんだけど、
丁度メッセージを書いてるところだったので、そっちに集中してたら、
トイレに行こうとしたらしい母が、よろけて尻餅をついちゃった。

「ごめん~、私が内職の仕事を置いてたから・・」って謝ると、
「こっちこそごめん」と母。
「立てる?」と、手を貸して立たせようとしたら、見る見るうちに不穏になって行って、
何も会話が通じなくなり、「放っといて」「このままでいいねん」などと・・。
まさか、これから夜通しの戦いが始まるとは、まだ、この時は思ってもなく、
以前に、同じように尻餅をついた時に、玄関に下りる段差のところまで行けば、
椅子のようにして足を下ろして立つ事ができたので、ちょっと時間が経てば大丈夫と高をくくってた。

ベッドとコタツの間に座り込んでたのが、そのうち寝転んじゃって、
くの字型に折った上半身のみが、かろうじてホットカーペに乗ってると言う状態。
とにかく毛布をかけて、何とか足をコタツの中に入れようとしたけど、
文句を言われるので断念。
床に転がってるんだから、当然寝心地は悪いわけで、
何度も仰向けになったり横になったりする母に、そのつど声を掛けるものの、
毎度毎度、拒絶され、結局、そのまま見守ってるしかなくて。。。

2時前に母が体を起こしたので、何とか機嫌を取って、
玄関の所まで足を引っ張って行こうとしたんだけど、
あと少しって所まで来れたのに、そこで激しい抵抗にあってしまった。
結局、またズルズルと後退してコタツに戻る。
でも、さっきよりホットカーペットからはみ出てて、よろしくない
何を言っても聞く耳持たないし、毛布を掛けても怒られる始末。
不穏徘徊時に、自分から布団に戻るのを待つしかないのと同じく、
自分から立とうとするまで待つしかないのかな。
でも、私も昨日・一昨日と2夜連続で、毎時起こされたもんで、眠くて眠くてたまらんのよ。
母のベッドで横になってると、つい寝てしまいそうになり、
母の動く音で、ハッと現実に戻る感じ。
睡魔との闘いは、かなりつらい。
エアコンも点けたので、ノドも渇くし、頭もボーッとするし(眠気でか?)、
だんだん気分も悪くなって来た。
PCは消してるので、眠気と戦うために、これ携帯にメモってるところ。
あーあ、もうじき3時だよ………

せめて、コタツに足を入れて、真っ直ぐに寝てくれたら…と思うけど、
それすら拒まれて怒られて・・・・・あ、今、寝言言いながら毛布はいじゃった。
エアコン点いてない方がいいのかな?

もう4時になった。
あれからエアコンは消したんだけど、時折寝づらそうに動く母は、
どんどんカーペットから逸れていっちゃう。
電気ひざ掛けがあったのを思い出し、取りあえず下半身に掛けた。
枕になる物を手で探ってるようなので、置いてあげようとしたけど、
体に触ると「殺される」なんて物騒な事を口走るので、何も出来ない
2夜連続の毎時間起きは、母にしても当然寝不足だったわけで、
こんな床に転がった状態でも、寝心地悪いながらも、イビキかいてるし、
寝言まで言ってるよ、「殺される」って…( ̄▽ ̄;)

4時半、完全に目が覚めた様子なので、「トイレは?」と聞くと、
「行きたい」って言うので、もしかしたら立ってくれるかも?と希望を持ち、
骨を折ってはみたものの、一度は立ちかけたのに、
毛布やら座布団やら、あれこれ触っては、意味の通らない話をして、
仕舞いには、私に、「あっち行って、もう帰って」って。
それでも、コタツより前に足が来たので、布団をめくり、足を入れるように促したら、
それだけは素直に聞いてくれたので、さっきまでよりは、暖かな状況で寝れる。
後はトイレの心配だけ、紙オムツの許容量超えてるんじゃないかと思うし・・・・・・。

わぉ、とうとう5時だぁ!

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://apiapiqoo.blog26.fc2.com/tb.php/23-31edfa7b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。