スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@母 2009.02.12 (木)
今日はデイケアはお休みの日。
母は、「お医者さんへ行かんと」とか、「仕事に行かんと」とか、
「家に帰らんと」と、相変わらずの言葉を口にするものの、
私が傍にべったりついて相手をしてると、そう機嫌は悪くなかった。

お昼ご飯を食べた後、しばらくしたらテレビに向かって文句を言い出したので、
鬱陶しくなったのか、父が2階へ上がっていった。
その後も、私が母の足元に座って、一緒におせんべいを食べたり、
話しかけたりして、一生懸命に機嫌取りに勤めたので、
一時は怪しくなりかけた雲行きも、何とか悪くならずに済んだ。

夕方、父が降りてきてから、私はお米を洗いに台所へ立ったら、
突然、母の大きな声が聞こえてきた。
最初に何を言ったのかは判らなかったけど、母の方を振り向いた時には、
「殺すんか!」って怒鳴ってた。
お米を放っぽり出して、慌てて飛んで行くと、
床に座ってる父はカーボンヒーターを抱えてる。

きっと真相はこうに違いない。
私が傍を離れたので、立ち上がった母は、いつもの如くカーボンヒーターを触って、
母がヒーターを触る事を、異常に嫌悪する父が、
物も言わず、ヒーターを奪い取った。
子供がオモチャを乱暴に取り上げられたら怒るのと同じで、
母もムカッと来て怒鳴ったんだろうと。
絶対にそうだ。
私が1時間も2時間もかかって、一生懸命に機嫌取っても、
父は一瞬にして、その苦労をぶっ潰してくれる。
ホントにもうっ!!!ヾ(`д´゛)ノ

私がなだめても、母は悪魔verになっちゃってるので、言う事を聞いてくれない。
キッと睨んで、悪態吐かれる。
テーブルにあったお箸も投げる。
もっと悪くなったらたまんないから、父に2階へ上がってもらって、
私も台所で洗い物をしたり、お風呂場で洗濯をしたりして、母を放置しといた。
そのうちに、ベッドに横になったので、私も隣のコタツに戻って、しばらく様子見。
時々、何か言うのに返事をしていたら、ちょっと落ち着いてきた様子。

友達から電話があったので、携帯を持ってお風呂場の方に移動してしゃべり始めたら、
母が覗きに来たので、一緒に戻り、ベッドにふたりで肩を並べて座った。
電話は切ろうかと思ったけど、母がおとなしく座ってるので、
そのまま20分くらいかな、通話を続けた。
電話が終わっても、母はおとなしいままで、
「この電話でしゃべるとタダやねん(白い銀行・白い計画のタダ友)」と言うと、
「へぇー」と言う、判ったのか判らんのか判らん返事(笑)
でもまぁ、悪魔祓いは出来た模様で、ホッとした。

父が寝ていて、「ご飯出来たよ」と呼んでも降りてこないので、
母に先に食べさせといた方がいいかもと思ったから、私も一緒に食べた。
「いきなり黄金伝説」を観ながら、機嫌よく食べてくれた。
いつもなら、食べ終わったらすぐに布団に横になるのに、今夜は行かない。
父がいないのを、多少は気にしてるのかな?
1時間ほど経ってから、父が降りてきて、食事をし始め、
「おみやさん」「只野仁」を観てた時まではよかったけど、
その後、「報道ステーション」が始まった頃、またぞろ、母が文句を言い出した。
父が横になり、私がコタツに戻って、母の傍を離れたせいかな。

何かゴチャゴチャ訳のわからない事を言ってるので、
「私が片付けるからいいよ。電気も私が消すからいいよ」って適当に言うと、
「アンタ、何を言うてるのか判らん」って言って睨まれた( ̄▽ ̄;)
たいていは、意味不明な返事を返しても、納得してくれるのに・・・・・(笑)

父の着ていた服やズボンを触るので、「触らんと、そこに置いとき」って言うと、
そのズボンを私に向かって投げてきた。
何を言っても無駄なので、知らん顔してPCに向かってたら、
何やら文句言いつつも、布団に入って横になった。
とりあえず、これで今夜は収束かな。

また起き出して、怒りver不穏再開されたら困るから、私も、もう寝よっと。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://apiapiqoo.blog26.fc2.com/tb.php/28-abc033d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。