スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@父 2009.04.18 (土)
水曜日の夜中、1時頃、母のトイレに付き添った。
トイレを出たあとは、おとなしく布団に戻って寝てくれた。
5分もたたずに寝息が・・・(笑)

でも、こっちは、よっぽど疲れてるとか寝不足でない限り、すぐには寝られない。
夜中、起きるたびに、2~30分は寝れないことが常。
時には1時間過ぎても寝れないことも。

この時も、布団の中で輾転反側してたら、今度は父がトイレに起きて来た。
私はトイレのすぐ近くで寝てるので、ガラス戸を閉めてても、
ペーパーホルダーのカラカラする音や、水を流す音は聴こえる。

カラカラが聴こえ、水を流す音が聴こえ、トイレを出た音が聴こえたので、
次はガラス戸を開けて、こっちに入ってくる音・・・・・・・のはずが、なかなか聴こえない。
何か、ガタガタと、戸を開けるのとは違う音が聴こえてくる。
頭をもたげて、そっちを見ると、父の姿はなく、ガラス戸に脱いだズボンらしき影が見えた。
そして、風呂場の方からも、何やら音が。

オシッコかウンチ、ちびったんか?
それだったら、私がちゃんと処理しないと・・・・・そう思って、覗きに行ったら、
父が、シャツとパンツは穿いたままで、洗い場に突っ立っていた。

私 「どないしたん?」
父 「風呂入れ言うたんちゃうんか」
私 「今、夜中やで。夜中の1時過ぎやで」
父 「風呂入れ言われたと思ったから入ったんや」

確かに言ったよ、「お風呂入れへんかー?」って。
でも、それは12時間も前の話やっちゅーねん。

父にしたって、いつもなら、トイレの前で裸になってから入るから、
ズボンだけ脱いだ状態で入ってる時点で、無意識に違和感あったんやろうと思う。
「湯船に手を突っ込んでみたら、冷たかったから、おかしいなと思った」って。

で、

今日も、お風呂がらみで事件が。
私がお風呂を出てから、しばらくしたら、徘徊から父が戻って来たので、
「お風呂入りや」と言って、入ったのが4時半ちょい前くらい。
5時前に、センターから母の帰るコールがあったので、迎えに出る前に、
バスタオルや着替えを準備して、父に「ここに置いとくで」と声をかけたら、
「うん」と言う返事。

それから母の迎えに出て戻り、眠そうにしている母を、
とりあえず、「ちょっと横になっとき」と、寝かせた。
そして、私はお米を洗ったり、夜ご飯の支度に取りかかったんだけど、
5時半過ぎて、父がまだお風呂を出てないことに気が付いた。
なんぼなんでも、1時間は長過ぎやろ?・・・と、気になって覗きに行ったら、
湯船の中で、首をうなだれて、ジーッと動かない。
ビックリして、「お父ちゃん!」って声をかけたら、ビクッとして動いた。
「あ、寝てたわ」って・・・orz
「あー、寝てしもてたわ。湯、ぬるなってるわ」

あのなー、ビビらすなよー!
発作でも起きたんかと思ったっちゅーねん。
発作じゃなくて、寝てしまっただけでも、下手したら死ぬ事だってあるで。
ホンマに、これからは、オトンの風呂も介助せんとアカンのかしら?
そんなん、めっちゃユーウツや~~~! ヽ(`Д´)ノウワァァン!!


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。