スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@父母 2009.05.16 (土)
あんな日記を書いたら、心配かけるよなぁとは思いながらも、
昨夜はもう、ほんっとに「いい加減にしてくれ~~~!!!」な気分だったもんで。

昨日は、デイから戻った母はまぁまぁ機嫌よかったの。
私が抹茶オーレを作ってあげたら、おいしいって言って飲み干して、
私が台所仕事してる間も、テーブルの上のもので適当に遊びながら(?)、
置いてあったパンを食べたり。

父が買い物から帰って来て、母がマグの中にパンを入れようとしてるのを見て、
「そのカップは中入ってないんか?」って訊く声がしたの。
勿論、それに対する明瞭な返答なんて、あるはずもなく、ワケワカメな事を言うだけ。

父:「中入ってるんやったら、そんなとこパン入れたらアカンやないか」
母:「※$▲ё%◆×Σ♪&?#¥・・・」
父:「中、何も入ってへんのか?」
母:「※$▲ё%◆×Σ♪&?#¥・・・」
父:「えぇい!せやからなっ、カップの中は空なんかって訊いてるねや!」
母:「ああーもうっ!わかった!私、もう家帰らして貰うわっ!(大声)」
父:「えぇい!勝手にせぃ! 中身入ってるんかて訊いてるのにな、※$▲ё%・・・」
私:「もうー!放っといたらいいやんか。コップにパン入れたってええやんか」

父は怒って、十八番の不貞寝。
母はブツブツ言いながらも、椅子に座ったままだったので、
食べる準備をして、母に食べさせ始めたんだけど、機嫌悪くなってるから、
結局は、ちょこっとしか食べなくて、そのまま布団に横になった。
その後、父と私は食事を終え、父がまた横になり、私はPCを。
すると、起きた母が、ブツブツ言いながら食卓の方へ。

椅子に座るのを、ガラス越しに何気なく目にしたんだけど、
その一瞬の動作に嫌な予感がしたので、覗いたら、パンツ下ろして座ってた。
慌てて濡れた椅子や床を拭いて、母の濡れたズボンも何とか脱がせ、
なだめすかして、紙パンツも脱がせたのはいいけど、新しいのを穿かそうとしても、
怒りver炸裂で、穿かせてくれない。
下半身スッポンポンのまま、文句言いながら、ベッドに腰掛けてしまった。
座ったのを幸いに、無理やり、紙パンツとズボンをふくらはぎあたりまで突っ込んだ。
そのまま、私は汚した雑巾とかズボンを洗いに行って、途中で覗いたら、
ちゃんと上まで穿いてたので、安心して、他の洗い物もついでに洗ってた。

そしたら、父の怒鳴り声が聴こえて来て、そのうち母の声も大きくなって来て、
激しい口論状態に。
慌てて私が行った時、父が別れるんかとか、別れよかとか言ってたと思う。
母が座ってる食卓の椅子は、右は物入れでデッド、後ろはガラス戸でデッド、
前には当然テーブルがある訳で、動けるのは右側だけ。
母はいつもテーブルの方は向かず、右側を向いて座るんだけど、
この時の父は、その右側の母の目の前に立って、テーブルに手を置いて、
座ってる母に食ってかかるような状態で、怒鳴り散らしてた。
手を挙げたら届く距離だし、ナツメ球の灯りだけの中で、二人とも目が据わってる。
ちょうど私が傍に立ったのと同時くらいに、母が「殺せやー!」って怒鳴った。
父がワナワナワナ・・・って感じで、何か言おうとするので、
思わず、「いい加減にしーーー!!!」って、私も怒鳴った次第。

私は嬉しかろうが、ムカつこうが、金切り声って出さないのね。
普通にしゃべる声も低いし、腹が立っても、あんまりギャーギャーわめき散らさないし。
この1年くらいじゃないかな、結構大声出すようになったのは。
それも、いつの場合も、原因は父。

聞き飽きたセリフを繰り返す、「もう、ボクは一切口きかん」

怒りverの母はそっとしとくしかなく、私は風呂場へ洗濯に戻った。
父はトイレに入ったけど、まだ文句を言ってる。
「楯突くことばっかり言いやがって!」とか。

「楯突いてるんちゃうやん。何を言うてもわからへんのや。
キ○ガイ(差別用語だけど、そのまま言いました)やと思ったらいいやん。
キ○ガイにマトモな話しろとは言わへんやろ。
こんな生活がイヤや言うんやったら、それこそ、殺すか自殺するか心中するしかないで」

そう言うと、「ほな、キ○ガイやと思うことにするわ!」と吐き捨てて、
トイレから出て、さっさと2階へ上がって行った。
母はまだ怒りverのまま。
洗濯を終えて、点いてたPCも消し、部屋の電気も消して、私もまた寝た振り。
2時間近く、徘徊等は続いたけど、こっちが無視してるから、
そのうち、文句言いつつも、ベッドに横になった。

不穏時の母だけでも、かなり気がしんどいのに、父は毎回、毎回、毎回!
母をベーシックな不穏から、スペシャルに仕立てるのは、殆ど父。
私は、母じゃなく、父にショートに行って貰いたいと思う。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。