スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@母 2009.08.04 (火)
今日は、父と一緒のデイの日。
朝ご飯拒否で、菓子パンも買ってなかったから、
慌ててご飯をチンしておにぎりを作った。
「おむすび山」とかも切らしてたので、具は塩昆布で。
昔、コカコーラの景品で貰ったプラスティックのおにぎりパック?に入れて、
薬と一緒に、連絡帳に。

食事拒否でも、デイには機嫌よく出かけてくれた。
が、
夕方、戻ってきて、ちょいと転寝して起きたら、激・不穏!
なにゆえ~~~?。・゜゜⌒(TOT)⌒゜゜・。

晩ご飯も食べないと言う。
「そうでっか、ほな、どうぞご自由に。私は食べるからね」
そう言って、私は横で黙々と食べた。
母は、イヤーな口ぶりで、イヤーな言葉を吐きつつ、
煮物の里芋を口に入れてた(笑)

父もまた、食べないと言い、2階へ上がって行った。
「食べんとアカンよ」と言うと、「こんなブツブツ言うてたら、飯も不味い」と。
「でも、食べやな、しゃーないやん」と私。
父が上がってからも、ブツブツ言いながら、ちょっとだけ食べてた母。
私が、母を置いて、PCに向かったので、
母も、そのうち、やいのやいの言いながらウロウロし始め、
しばらくしたら、布団に横になった。
横になっても、ずっとイヤな事を言い続けてたけど。

母が静かになった頃、2階から父が降りてきて、
私に「ご飯食べたか?」と訊くので、「食べるん?」と言うと、「うん」と。
母にボツにされないようにと、ラップをして避難させていた煮物を持って来、
父の食事の準備をした。

食べ終わった父、「今日は何かテレビ観るのんあるか?」と言う。
え? テレビ観る気か? オカン、やっと寝たのに?
心の声を口にする前に、父がスイッチを入れた。
5分もしないうちに、母が身を起こし(寝てなかったんかい!)、不穏炸裂。
ベッドを降りて、また歩き始めたので、テレビを消すように父に言った。

食卓の椅子に座って、ブツブツ言う母を尻目に、父はまた2階に上がって行った。
母は、この時間(21:50)もまだ、椅子に座ったままブツブツ継続中。
たった今、食卓の電気消して来た(笑)
これで、布団に戻ってくれるといいんだけどな。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。