スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@父 2009.12.11 (金)
今日は父の話です。
何だか“一生懸命生きてる感”が漂ってます。

血液検査を受けた事は、昨日の日記に書いたけど、
今日2時過ぎに、病院から連絡があり、検査結果の数値がよくないので、
主治医の先生が、今日は夜勤でいるから、診察に来て下さいとのこと。
それを父に伝えてから、ひっきりなしに時計を見ていた。
時々、「何時に行くって?」と、私に確認もしーのしつつ。
「5時半から7時半って言うてたから、お母ちゃんのお迎えの時に一緒に出たらいいわ」
そう言って、時間が来るまで、父は寝たままテレビを観ていた。

夜ご飯の支度をしてて、気がつくと5時を過ぎており、
「そろそろ時間やで」と声をかけた時に、丁度、センターから帰るコールが来たので、
一緒に表通りまで出て行き、父は右方向に、私は左に。
まだ車が来てなかったので、父の方を気にして見ていたら、
何だか、自転車に乗ろうとする姿が危なっかしい。
と、次の瞬間、やっぱりコケました (゜Д゜;)ひぇーっ!

母の車椅子を放置して、父の方に駆け寄り、自転車を起こすと、
父はひとりで起き上がって、自転車に手をかけたんだけど、
男乗りって言うのかなぁ、片足をペダルにかけて、2,3度漕いでから、
おもむろにもう片方の足を振り上げて、サドルに座るやつ。
ああして乗ろうとするには、握力だの腕の力だのも劣ってきてるので、
よろけてしまうわけね。
そうやって何度となくコケてる事を自己申告してるので、
そのつど、女乗り? 最初から座っておいてからペダルに足をかける乗り方ね、
そうして乗りなよってアドバイスするんだけど、自尊心なのか、やらないらしい。

でも、今日は、目の前でコケてるし、言った通りにしてくれたのはいいけど、
それにしたって、またいでサドルに座るのすら覚束無い始末。
車が来るのをやり過ごしつつ、私も自転車を支えて、何とか乗れても、
なかなか漕ぎ出せないんだよねー、これが。
そうするうちに、デイの車が到着して、母を降ろそうとしてたので、
父にもう大丈夫か声をかけてから、母の方に車椅子を持って行ったんだけど、
その途中で父を見ると、ちょっと進んだところでまた止まってヨロヨロしてる。
また進んだと思ったら、今度は道のど真ん中で止まってしまって、
車が3台待ってくれてるのに、端に寄ろうって考えすら浮かばないらしい。
それでも、何とかバランスがとれたのか走って行ったので、私は母を連れて家に戻った。

でも、家に戻ってからも、さっきのあんまりな様子が頭に浮かんで心配になったから、
病院へ、父が行ったか確認の電話を入れてみたら、まだ受付されてないと。
15分くらいして、再度かけてみたけど、やっぱりまだ来てないというので、
いよいよ心配になって、どうしようかと思ってるところに、ひょっこり帰ってきた!
手にスーパーの袋を下げて・・・。

出かける時に、「お刺身食べるんやったら、帰りに◯◯(スーパー)寄って買って来ぃな」
そうは言ったけども、まさか、第一目的の病院行きを忘れるとは思いもよらんし~~。
_| ̄|○   思いっきり、 _| ̄|○
袋を私に手渡して、その足でまた病院へ行きました。

┐(´д`)┌ ヤレヤレ と思って、ひと息ついてたら、じきに帰って来た父。
私:「えっ?もう行ってきたん?」
父:「うん」
かなり疑いの眼だったけど、カバンのポケットに検査報告書が入ってたので、
ホントに、ちゃんと行って来たのはわかったけど、
診察なんかなかったと言うし、別に何もなかったよと。
ぬゎ~にぃ~?( ・`ω・´)ナン…ダト!?
数値が悪いから診察に来るようにって、めっさドッキリな電話寄越しといて、
診察も何もなかったって、マジっすか? ←何気に父を疑ってる娘(;・∀・)
主治医の先生いる時に、電話して確認した方がいいかな、やっぱ。

報告書に◯されてるアゲアゲになってる数値を、mixiのマイミクさんにお医者さんがいるので、
メッセージしてみたら、糖尿病で腎臓が悪いとの事。
はい、それは前からそうなのでわかっとります(Α;´・ω・)
まだ大丈夫な範囲のようだけど、透析とかしないといけなくなると大変だから、
生野菜や果物も、ついでにカロリーも取りすぎないようにとの助言を頂いた。

はぁ・・・、糖尿とか、食べ物とかの心配もさることながら、
自転車乗るのが、もっと心配だわよ、ホンマ。
あの姿は、見ていても痛々しい。
小さい子供が、補助輪なし自転車に挑戦してるみたいな風情だもんね。
だからって、自転車に乗るなと言う訳にもいかないしなぁ。
自転車だから、まだ外にも行けるのであって、歩いては無理だからね。
シルバーカーって言うのかなぁ、押して歩く、疲れたら座る事も出来るあのカート。
ああ言うの勧めたって、絶対に却下されるのが目に見えてるしね。
体力の低下と、かなりのボケ具合、これからもっと厳しくなっていくんだろうな。
母よりも、父の方の心配が多くなっていきそうだわ。。。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。