スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@母 2009.12.14 (月)
昨日は朝から、母の不穏が激しくて、終日続いたため、
ホンマに、一日がめっちゃ長く感じたわ。

起きた時点では、どうって事なかったのに、
朝ご飯を食べ始めたら、急に怒り出して食べなくなって、
それ以後は、食卓の椅子に座ったまま、ブツブツ言い続け、
テレビに向かって「のぅっ!!! (たぶんNOの意)」と怒るもんで、
オトンも怒って、テレビを消して不貞寝。

朝ご飯が遅かったので、お昼は1時過ぎになったんだけど、
ブツブツ言いながらちょこっと食べ、またいきなりの「のぅ!!!」
ハイハイわかりました、と、またテレビを消し、
食べ終わったオトンも、また不貞寝。
私も内職があるので、そんな母に付き合っていられず傍を離れ、
残された母は、文句タラタラ言いながら、食卓の上のものをいじっていた。

時折、席を離れては、コップやら何やらあちこちに運んだり、
注意をするとキレて、「出て行けやー!」などと怒鳴る。
そんな感じのまま、夕方。
無法者と化した母は、猫のエサの入った器をトレイごと、寝ている父の頭の上に投げた。
怒鳴り散らす父に、怒鳴り返す母。
「2階へ行っとり」となだめて、父は仕方なく上がって行った。

午前中におでんを作っておいたんで、温めればすぐにご飯食べれるけど、
そんな状態じゃ、食べれそうにないので、私はPCで遊んでた。
母は相変わらずウロチョロしーの、たまにベッドに横になったかと思っても、
1分もすると、また起きてうろつく。
さすがに7時半を過ぎたんで、母に「ご飯食べよか?」を聞くと、
「食べれんの?」とおとなしめの返事。

収まったかな?大丈夫そうやな?って事で、父も起こして夜ご飯。
しかーし、やっぱり食べ始めてすぐに、また始まった!
「ほな、もう勝手にし」と冷たくあしらったら、怒ってベッドに行った。
以前はそんな状態になると、父も怒って食べずに2階へ行ったけど、
ここ何回かは、キレずに我慢してご飯を食べてるので、
母を放ったらかして、私も一緒に食べた。

その後は、父はまた2階に、私もまたPC、母もまたうろちょろ。
11時頃には、私のイライラも最高潮で、PCも消して、不貞寝した。
相手を失うと、自然とフェードアウトして寝る事が多いので、そうするんだけど、
昨夜は、なかなか治まってくれなくて、ジッと寝転んで耐えてた私。
そんな状況でも、いつの間にか、ウトウト寝てしまったらしい(;´∀`)

ふと気が付いて携帯で時間を見たら、12時。
仕切りのガラス戸が閉まってるので姿は見えないけど、
台所付近でブツブツ言ってる様子。
「あーあ、まだ治まってないんか・・・」と、またゴロンと横になった途端、
バタ~ンというでかい音と共に母の悲鳴が!
慌てて飛び起きて見に行ったら、台所でひっくり返ってる。
ウチの台所、階段一段分低くなってるんだけど、
降りようとして落ちたのか、上がり損ねてひっくり返ったのか定かでないけど、
消化器もひっくり返ってるし、それで頭打たなくてよかったよ。

しかし、そうやってひっくり返りながらも、悪態は忘れない。
手を貸して立たせようとしても、「放っとって!」と言って拒否。
12時回ってるから気が引けたけど、仕方なく兄貴に電話して来て貰った。
兄貴と解ってるのか、誰か知らん人が来たと思ってるのか、
とにかく、青菜に塩ってな感じでおとなしくなって、
兄貴のいる間に、オムツも取り替え、お布団に寝かせた。

こうして、長い一日が終わった。
深夜の呼び出しで、兄貴には気の毒だったけど、
怒り不穏で非協力状態にある母では、こけたりした時には、
私一人で対処は出来ないので、申し訳ないけどお世話になるしかない。


今朝は、起き抜けから機嫌よく、ちゃっちゃとデイに行ってくれた。
ありがたや~(人´∀`).☆.。:*



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。