スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@父母 2010.01.04 (月)
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします( ゜ー゜)/゜*゛:¨*;.・';゛:..・☆


父の心配してくださってありがとうございました。
元日に一時帰宅して、2日の夜にまた、病院に戻りました。

骨折なんだか、ヒビだけなんだか???
父は三角巾で吊るした腕を、胸に手を当てた状態で、
マジックテープで留める帯?幅広いベルト?で、ホールドされてました。
でも、ギプスはしてなかったみたいなので、自然治癒力で治るの待てってか?
なんだかよくわかりません( ;´・ω・`)(´・ω・`; )

昨夜、大晦日に見舞ってくれたと言う親戚の人から電話を貰い、
いろいろと話をしたけど、父は「レントゲンも撮ってないし、医者も診てくれへんと言ってたよ」と。
そんなわけないやん~~~(笑)
レントゲン撮らんと、骨折とかわからんねんし、医者が診ないなんてありえへん!
1週間の入院で、ボケが加速したかしら???


元日、母にはデイケアに行って貰い、午前中に父が戻って来て、
お昼を食べた後は、母のベッドで横になったり、久しぶりにテレビを観たりして過ごしました。
母が戻ったら、どんなリアクションするかななんて話しながら。

で、夕方、母が戻って来て、父が「おかえり~」と迎えたけど、
出た~~~、ノーリアクション!(爆)
ベッドに直行はいつものことだけど、いつもは、しばらく座って何か飲んだり、
オヤツ食べたり、話したりするのに、この時は、そのまま寝てしまった。
まぁ、おとなしく寝てるからいいかと思って、その間に夜ご飯の支度をして、
出来たので、「ご飯、出来たよ、食べよ~」と起こすと、不穏勃発。

父が入院してからは、しばらく起きてなかったのに、あらまー!
これはやっぱり、父の顔を見たせい~~?(;´Д`)
一応、食卓には付いたので、機嫌取りして、2口3口は食べたけども、
だんだん酷くなってしまい、父も怒り出し、もう食べない宣言発令。
私もご飯半分でリタイヤし、テーブルの上のものは片付け、
2階で寝ると言う父にダメ出しをして、お布団を敷いた。

父が横になってからも、母はうろつき回り、延々とひとりごとを言い、
父が文句を言うと、それが悪態に変わり・・・ってな状態が1時間半ほど続いた。
そのうちベッドに横になった母、ぶつくさ文句いいながらも、
ほどなくして寝てしまったので、早めの収束で助かった。

翌2日の朝は、機嫌は戻ってて、父を見ても何ともなくてホッ!
この日は兄姉家族が集まることになってたので、ホットカーペのカバーを替えたり、
折りたたみテーブルを出したり、食事の準備やらで、私は母に構ってられなかったけど、
それでも、いつもの食卓の椅子に座って、穏やかでいてくれた。
狭い家で、オマケに、いつ母が横になりたいと言うか分からないし、
父も横になりたくなるだろうと思ったので、母のベッド(折りたたみ)はそのままにしておいたから、
ふた家族総勢8人来ると、満員電車か!ってな感じで、ギューギュー。

最初に兄家族が来て、4人増えたところまではよかったんだけど、
1時間くらい遅れて姉家族が来て、8人になり、私と父を合わせると10人。
2年ぶりに会ったから、当然ワイワイガヤガヤするわけで。
大晦日までの1週間が、私と2人だけの静かな生活だったから、
この賑わいも、母には喧騒に思えたのか、突然キレてしまった。

兄や姉がなだめでもダメ。
孫にもあたるあたる!
普通のトーンでしゃべってても、「やかましいっ!」って怒鳴る。
その上、何でもかんでも持っては歩きまわるもんで、
中学生のひ孫などは、食べ物を持って右往左往してたよ。
   (※それでも、孫もひ孫もしっかり食べてるんだから、感心するわ)
しかし、母も時折おかしな悪態を吐くので、爆笑が起こるのね。
それは普段でもそうだけど、私は( ̄ー ̄)ニヤリとする事はあっても、
声出してまでは笑わないから、母にとっては、その爆笑がまた腹立つらしく、
もっとギャンギャン吠えまくる始末で。

兄家族が帰り、姉家族だけになっても、不穏は収まらず、
みんな帰ってやっとおとなしくなったので、ご飯を勧めたらちゃんと食べてくれた。
7時頃、一旦帰った兄貴が父を迎えに来て、父は病院に戻って行った。
その後も母は、おとなしくしてたのに、私が片付けをしててちょっと目を離した隙に、
椅子に座ろうとしたものの、エアー椅子状態になったらしく、お尻からスッテンコロリ。
立たせようと手を引っ張った途端、またまた爆発しちゃった。
悪態吐きつつお尻歩きする母、何度か立たせようとしたけど、そのつど拒否られ、
自分で立つ気になってくれないと無理なので、しばらく放置して様子見していた。
何度も兄貴に来て貰うのは気の毒だからと、何とか頑張って対処したかったけど、
23時も過ぎたし、母の足もめっちゃ冷たくなってたので、結局兄貴に来て貰った。

母も、全く立てないわけじゃないのよね。
立つ気になれば、私が両手を引っ張っただけでもスっと立ってくれることもあるし、
手助けしなくても自力でも何とか立てる時だってあるのに、
不穏激しい時は、手を引っ張ったら痛いから、「殺すんか!」ってなるし、最悪。
古武術で介護の本を買ってみようかと思うけど、相手が非協力な状態ではどうなのかしら?

なにはともあれ、我が家の正月は、こんな感じでした。
今年一年、無事に過ごせたとして、来年の正月の集まりはどうするかなぁ。
あ、その前に、今年9月の父の米寿祝いがあった!
母がこんな状態になったのでは父も嬉しくないから、父だけ連れ出して貰って、
外で美味しいものでもご馳走して貰った方が無難かもね(;´д`)トホホ


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ


スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。