スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@母 2010.04.09 (金)
昨日も、デイから戻る途中で、既に怒りverの母。
家に入るやいなや、ジャンバーも着たまま、ベッドに横になった。
で、またぞろ、横になったまま悪態吐いてる状態。
夜ご飯も「要らん!」と、ひと言。
「ご飯」と「ジャンバー脱いだら?」は、その後も何度か言ってみたけど、全て却下。
悪態がちょっと軟化したかな?って瞬間を見計らって、
「お便所行く?」って、声をかけてみるんだけど、藪蛇。

今日は在宅日なので、また悪態地獄でノイローゼを覚悟してたけど、
今、一日を終えてみると、状態はよかったかな。

母は7時台には目が覚めてたけど、布団からは出なくて、相変わらずしゃべってた。
私は、うつらうつらしながらも、そのしゃべりが悪態でない事にホッとしてた。
あまりに眠くて、悪態でない母のしゃべりを子守唄の如く聴きながら熟睡してしまい、
次に目が覚めたら1時間経ってて、ガバッと身を起した私に、
ベッドに腰掛けてた母が、「あ、起きたん」
珍しくまともな会話に、思わずほっこりして、笑ったら、母も笑ってくれた。

機嫌よさそうなので、「お便所行こか?」と言うと、素直に従ってくれ、
手を取ってトイレに行き、ボトボトのズボンとパンツも、久しぶりにスムーズに交換出来た。
朝食もちゃんと食べてくれて、薬はダメだったけど、御機嫌は持続。

朝食が遅かった分、遅い昼食だったんだけど、食べてる途中で不穏勃発。
ご飯をすませた父が、どこかへ出かけて行ってからは、
母もまたベッドに戻って腰をかけ、私が、PCしながら話し相手をすると機嫌回復!

夜ご飯の時も機嫌よく食べてくれてたのに、終わりがけでちょいと怪しくなって来た。
私は食べた後、またPCしてたんだけど、何となく母のしゃべりが変。
覗いたら、口を押さえてえずいてる。
ゴミ箱を、座ってる母の足の間に置いて、「ここに吐いていいよ」と声をかけると、
胃液かなぁ? 水気なものを少しだけ吐いた。
口を押さえたまま、うーうー唸ってる母。
どんな具合かを訊いても、戻ってくるのは、ちんぷんかんぷんな返事だから、
こういう時、会話が成立しないのは、ホントに困る。
唯一、「大丈夫?」という問いかけには、「大丈夫」って返事が戻ってくるんだけど。

治まったのか、またぞろブツブツ言い始めたので、ホッとしてPCしてたら、
またまた「お父さーん!助けて!これ、取って!」と悲壮な声が。
慌てて覗いたら、また口を押さえてえずいてる。
嘔吐感が、自分で理解出来ないのか、パニくってる様子。
しばらく傍に座って見守ってると、だんだん落ち着いて来た。
心配だから、一応、兄貴にメールはしといた。
何かあったら飛んで来て貰わないといけないので、予防線。

「横になったらは?」って言っても、なってくれなかったけど、
30分ほどして、ベッドに自分から横になった。
お布団をかけながら、“あ、ウ○チしてるな・・・”と思ったけど、
今すぐにトイレだのお風呂場だのは無理かも…と、そのまま寝かせて様子を見ることに。

横になっても寝るわけではなく、ずっとしゃべりかけてくるので、
30分ほどまた様子見した後、「お便所行っとこか」と言うと、「うん」と言う返事。
手を取って、トイレまで行って、不穏勃発するなよーと祈りつつ、
パンツを下ろしかけたら、ウエスト部分まで下痢ッピーが!Σ('゚д゚'o)
内心、"うわ~!どうしよー、お風呂場入ってくれるかなぁ???"とヒヤヒヤしつつ、
「お母ちゃん、こら、お風呂やないとアカンわ、お風呂で洗うわな」と言って準備。
その間に母はトイレから出て、ベッドの方に行きかけてたけど、
手を引いて連行したら、これまたすんなりと入ってくれ、
先日とは大違いで、後ろも前も丁寧に洗わせて貰えた。
機嫌損ねないように、最大限の猫なで声で接したのは言うまでもない(笑)

嘔吐の件があったから、ドキドキだったけども、無事にキレイに出来てよかったわ。
ベッドに戻ってからも、横になってずっとしゃべってたけど、
今やっと、イビキが聴こえて来たわ。
でも、嘔吐の事があるので、今夜はちょっと用心しないといけないかな。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。